スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィジュアル系にハマったきっかけを

他所でお答えしてたものを貼り付けてみます。
一つ所にまとめときたい気持ちもありましてね。



**********************************

ラルクに興味を持ったのがきっかけです。

自分というのは大変偏った人間でして、大学入学に至るまでおよそ音楽というものに殆ど興味を示さずにおりました。
ピアノ習うとか、金管クラブ入るとか、父親の趣味が音楽だとか…まあ、全く触れなかったわけではなかったのですが。

当然、小~高校生くらいの頃にヴィジュアル系が大いに流行った世代のため、なんとなくその存在は認知していました。ラルクかGLAYか…みたいな世相だったと思いますが、私の妹も当時は、小学生ながらラルクファンでした。

一方の自分というと、全く役者だの歌手だのに興味が無くて、ひたすら読書や日本史がマイブーム。好きなのは歴史上の人物でした(笑)
ヴィジュアル系に関しては、完全に怖いとか頭おかしいとか思ってました(本当にすみません…)。
こんなん聴くと頭おかしくなるだろ、と。保守的な、真面目くさった枠からはみ出ないカンジの学生だったので(今もそんな変わらんですが)、ヴィジュアル系の奇抜さだけが目に付いて、偏見があったと思います。

ただ、綺麗なお兄さんと長髪が好きだ、という趣向が昔から自覚無しにありまして…
多少、気になってはいましたよね…
元々が二次元も好きでしたんで。

妹の熱はすぐに冷め、自分も当時のリアルタイムなラルクは「STAY AWAY」までしか記憶が無いですね。
自分から音楽番組自、体見る習慣もなかったですし。

音楽にサッパリ興味の無かった自分が、再びラルクに出会うこととなったのは、本当に偶然でした。

これがナンとも微妙な感じでお恥ずかしいんですが…
『るろうに剣心』を、何故か高校生になってから友達に借りて大ハマリしまして。
るろ剣アニメのビデオを借りたところ、EDがラルクだったんです。そこで使われていたのが、

「the Fourth Avenue Café」

剣心V.S.斎藤の美麗な戦闘シーンのバックで、この曲がカッコよくて良かったんですよ。
妹とよくよく曲を聞いていると、「これ、ラルクじゃん!」と。
懐かしさも手伝って、この曲を聴きたいと図書館で調べたところ、アルバム『True』に辿り着いたんです。

これが全ての始まりのようなものです。
最初にこのアルバムに出会えたことは、自分には幸運だったと思います。
CDなんてマトモに聞いたこともないような人が、ツルっと聴けたんですよ。他のアーティストのアルバムは、シングル曲のみ聴いて他は飛ばしてしまうことが多かったのに、『True』ではそう思わなかった。

どの曲も、引っかかるものがあって、飛ばせなかったんです。
シングル曲ですが、殊に「flower」には、長く心奪われていました。そこから、ラルクに興味を持ちました。同時に、音楽ってのも悪くないな~と思うようになってきました。遅い。

興味を持つと、物凄く追究したくなる性質で。
ラルクのアルバムを集めまくって聴くうちに、それだけでは飽き足らなくなってきたんです。作品の数に限りもありますし。
もっとこういう感じの曲が聴きたいと、次第に他のアーティストにも興味対象が広がって来ました。

そして、当然の如く、ヴィジュアル系に行きついたわけです。
思い出す往時の記憶…なので、ブクオフなんかで昔のバンドのCDを買ったり、ネットでラルクやhydeに似たバンドを探し、評判を調べたりして、今に至っています。

ライブで見せられた、あまりにも非現実的で華やかな世界もまた、V系面白いと思った大きな要因ですね。
人生2回目くらいに行ったライブハウスで、DだのSugarだのを見て、エラク楽しかったんです。ライブに行くと、また次も、他も、ってなってしまって。

ファンが怖そうだとか、ライブハウスって物騒じゃないか…と思っていましたが、行ってみると思ったよりも大丈夫そうだったのも、また一つのきっかけ。
もっと怖いところかと思っていたけど、意外と初でも、一人でも楽しめた。

ヴィジュアル系も、手を出してみるとこれがまた、長い歴史や様々なルーツを持った実に深遠な世界でして、研究事項に事欠かないので、次第にこの世界にはまってきてしまいました…。
やっぱり、追究したい方ですから…。

自分の持つ、のめり込みやすさとヲタ気質のために、次第に手を広げつつはありますが、まだまだよくわからんことだらけですし、ここの文化に染まりきれてはいません。


自分の好みも次第に変化し、『True』から、最終的に『Tierra』と『DUNE』が最愛です。
自分の好みって、こういう方向性だったのか~と、ここで発見しました。
そして現在も、「それっぽいもの」を求める傾向にあります。


あとですね…前にもちと書きましたが、色々考えてみると、なんとなく兆候はあったのかも。
わたくし、美形長髪キャラとか、中性的キャラって、小さい頃から大好きなんですよ。
普通の「男の子」キャラにはない妖艶さや、女性と見紛うばかりの美しい男性、みたいのがどういうわけだか好きだったんです。

ヴィジュアル系の兄さん方って、リアル長髪とか中性的な容姿とか、自分が惹かれる要素満載だったんですよね。
そして、似合わないことに結構無駄に乙女な所があるため、歌詞が幻想的だったり綺麗な単語並んでたりするのが好き…だと気付きました。
リアリティがあって非常に生々しく、身近なテーマの詩より、現実離れしてるのが良い。あんまり詩は気にしない方ですけどね。

今も、最近のバンドには少ないけど、長髪メンバーが大好きです。
特に黒髪が最強です。


スポンサーサイト

明けてます

10月から更新が止まっている。。
忘れているわけではないが、どうもダメですね。

気付けば、1月も半ば。
早いもんです。

仕事的に、緩急がハッキリしており、この時期~5月までは最も忙しい時期となります。
特に、2、3、4月。実に心配です。

寒いので、気持ちも沈むしね。
日が暮れるのも早いし。

それでも、楽しみを見つけて頑張りたいもんです。
私も、働き始めて3年目となりましたが、情けなくなるようなことばかりで反省することしきりです。

自分は、今の仕事を自分で希望して選んだわけで、それは当然、自分がやりたいことがあるから。
なかなかの倍率の試験を通ったわけですが、そこで落とされてしまった方々は、当然たくさんいらっしゃる。
私が落ちていても、不思議はない。
そして、通らなかった方々の志が低いわけでは当然ないし、一生懸命に希望に向けて努力していた姿勢は、全く自分と同じであるわけです。

自分はだから、その分、もっともっと頑張らないといけない。
しっかりしないといけない。

当然、仕事がいやだの、いきたくないだの、そんなことは言ってはいけない。いや、むしろ言いたくない。

今年はもっと、立派な大人になりたいです。。

ライブ盤

emmureeのライブ盤『acute sense』

今年、6月17日のWESTでの公演の様子が収められています。

ライブね…ライブ…
9月17日に、サマカニに行ってきたばかりなんですが、ライブに行きたいなあなどと思い聴いている次第。


今回、個々に細かくは書きませんが、聴いていたらちょっと書きたくなってきた。

ライブ盤は、後半の選曲が、特に個人的に好みすぎて大変なんです。

「白い花」~「四月ノ雨ト…散ル…華ニ…」

美しく、心を揺さぶられるような曲ばかり。
攻めるね。攻められ続けられますわ…。

欲を言うと、「春想う、色彩よ。」が入っていたら、完璧でした…。
いやしかし、こちらはその前に出ているベスト盤にて、再録されているので、贅沢は言えません。

ライブでも、「白い花」が。
これはFLEEZ単独以来だったかなあ。聴けたのが。

その後、行ったライブでも聞けましたけど、このWEST公演の時は聴けたのが2度目だったかなあ。
この曲を歌うときは、想さん、本当に心を込めているように感じます。
曲に込められた思いに触れると、一層心を打たれる。


そしてそして!

ずーっと聴きたいと願い続けてきた「四月ノ雨ト…」いやこれはもうね…
ありがとうございますと言いたいくらいですよ。
この曲が聞けた瞬間、もうこれだけのためにもチケット代払っても良かったと思ったくらいに。

想さんのアカペラから入るのだけど、楽器の音のしない、静かな空間でただ一つ。
歌い出しの声を聴いた瞬間に、心臓が止まるかと思ったなあ(笑)待望過ぎたし。

想さんの歌声は、本当によく通る。

力強く、よくノビて、情緒的に、揺らぐ。ただ、美しいというだけでは言い足りない。

惹きつけられて止まない。

聞く度に、感動するほどだから、私はライブに行きたいと思うのです。


「四月」は、「春想う」とちょっと似ている雰囲気で、ゆったりとしたテンポでとても心地よく、無限に聴けそうだと思う。しかし、切なさや寂しさが全編に流れている。だからこそ、気持ちに引っかかってくるのだとも思う。
あんまり心地よすぎても、それはそれで素直に聴き終えてしまいそうだから。

あ、「四月」に「春」って、どちらも‘春’ってイメージはおんなじか(笑)


ずっと聴きたかったこの曲を、初めて聴けたこのライブでの演奏を、こういう形で残ったのは、本当に嬉しいことですね。

何度聞いても、やはり心地よく美しく、無限に聴けてしまいそう(笑)


CD聴いたら満足してきた。

寝よう。遅い!


彷徨い

お気に入りのテンプレートが軒並み使用不可。
そして作者さんの作品が、共有テンプレート一覧に見当たらないということは、やはりテンプレート作り、止めちゃったのかなあ。

残念ですよううう…(´;ω;`)

なので、しばらーくどうしようかさまよってしまいました…
一旦決定したものの、どうも気に入らなくて、以前使おうとDLしていた、青っぽいそれっぽい可愛らしいのに設定したら、こちら禁則処理が全くなされていない。
マルだの点だのが文頭に平気で表示されるのがどーも嫌なので、新着にも良いのがないし、過去に自分が設定していたテンプレートの一つにしてみました。

うん、これならスッキリ見えるんじゃないかな。

重たいので、木を育てるアプリみたいのもOFFにしてしまいました。
木が育って、それが実際の木として植樹される、というのでエコだなあなどと思って育ててましたけど、広告表示されるようになったしなあ。


アーカイブ見たら、ブログ始めて7年目になるのだろうか。
スゴイ。当時、ハタチそこそこで、ばりばりに学生でしたね。

10月に始めたから、あと少しでホントに丸7年?かね。

最近メッキリ更新しないのは、自分の主力が他所に移ってしまったからですか…


むしろ、ここ2年くらいの方が、私はライブに行っているので、まとめておけばよかったなあと思います。

私、書き始めると長いので。
なので、途中で保存してそのまんまとか、あるんですよね。。

もっと気楽に取り組もう。
そうすればもう少し、気楽に更新出来るはずだ。

またまた…

またも一ヶ月以上留守にしてしまった…!
久しぶりに開いたらこれ、驚愕ですよ。テンプレートすら表示されてないという。

酷い…(放置しすぎです)

使用期間とかあるんかい。。
と言うか、確認したら、同じ方が作ったテンプレート全て使えなくなっている。
イラストが綺麗で、シンプルで見やすかったから、この方の作品をよく使わせていただいてたのよね。ここんとこずっとそうでした。
そうなのか…テンプレート公開、止めちゃったのかなあ。残念すぎる。


一ヶ月更新しないと、TOPに広告が強制的に表示されるのが気に入らないから、もっと更新するべと思っていたんだけど、なあ。
その存在すら忘れるくらいに。酷いねこれは。

7月から、一気に9月も最終日とな。
反省してますよ。。


取り敢えずテンプレート変えよう。

…変えたけど、なんかシックリこないこの感じ。
うーーむ…




7月

7月というのが珍しく予定満載な月で、本当に自分には珍らしく、ほぼ毎週予定がありました。

上旬の職場先輩方との飲みに始まり、翌日は友人とディズニー。
三連休は法事2連続にカラオケ、ライブ、んで先週は飲みに、またもやディズニー。。。

これだけ見ると、お前どんだけディズニーファンかと思われますが、これはホント偶然。
ディズニーなんて行くと無駄に疲れるから、月2はキツイと思う…けど、誘われたタイミングが同じだったのですよ…

なんで、上旬はシーで、先週はランド。欲張り。
通常なら、私にとっちゃ年に1回行くか行かないかの場所ですよ。
やっぱり、行くと気分が華やぐよね…。元々がガラにもなく可愛らしいもの好きなので、綺麗で可愛らしいものに溢れたあの夢の国は、なんだかんだ言っても好きかなあ。
特に先週は、午前中からゆっくり楽しめました。あっという間だったなー楽しかった!

法事は急遽決まりました。
特に休みに出たのは、祖母の弟のもので、祖母の代理というよくわからんシチュエーションでした。
ほんとは母と祖母が出席する予定だったのですが、祖母が少し体調崩しまして…。
実は、まだ私、喪服持ってないんですよ…。今回は喪服が必要なシーンが立続けにありまして、いよいよ買わねばと思いました;
黒スーツで行きましたよ…;;

ライブは16日。これはAREAでした。
emmureeも出る、LIPHLICH主催のイベントでしたが、他にamber grisにメジブレイ(綴り失念…)という面子でして、個人的にはかなり素敵な取り合わせでした。アンミュレが一番の目的ですが、リフリッチもアンバーも、私は好きなので。めじぶれいはよく知らなかったんだけども(かーるまーのイメージ…)よく名前は見るので気になっておりました。
アンミュレはまた来月、東名阪でのイベント出演がありますけど(LIPHLICHも一緒)、それもどこか行きたいなあ。通常なら東京なんだけど、実はその日、地元の花火なのでなあ。。

そしてまた、来週28日もライブに行く予定です。
amber grisのワンマン。アンバーは、自分がかつて好きだったSugarの初代ベース・殊さんが在籍してます。
綺麗な女形の方なんですよー。
若いバンドだと、女形なメンバーは可愛らしいタイプの子が多いと思うんだけど、殊さんは綺麗系なので、そこが好みです。
殊さんのみが目当てなんじゃなく、アンバーは曲や雰囲気が大変素敵です。なんだかね、絵本とか、童話とか、そういうものみたいな、美しい人物に音楽たち。「素敵」という言葉がよく似合う。綺麗な世界がよいですねえ。
いつもイベントでしか見てないから、今回は頭から終わりまでアンバーの世界。楽しみですね。


自分にしてはやたら予定が多かった。
だからこそか、今月は時間が経つのが早かったです。

また仕事も忙しくなるので、今月も残り頑張ろう…。


WOWOWラルクは観られていない…
私、非加入なんですよね…

結婚したいアーティスト…

アーティストと結婚したいとは全く思わないですけど…。

…イヤ、その前に、お断りされること必至なんですけどね…

ハイドさんが入ってたのでつい目に留まった。
たまったま見てた(しかも初めて見た)、月曜からよふかし、な番組。

結婚したい男性アーティスト

10位だけど、しかし凄いですねえ。
時代を超えても、はいどさんの素敵さは普遍的なものなのね、と思ってしまった。


まあ、言ってしまえば、固定の熱心なファンの方が多い結果なんだろうなあ、とは思うんですけども(笑)
ランキングに名前が挙がってくるのは、嬉しいことです。

他は福山さん、嵐の皆さん、関ジャニの丸山さん、ミスチルの櫻井さんに稲葉さん、と。
ジャニ勢と福山さんとはまさに、時流を反映していますよね。しかし、嵐も若手なイメージあるけど、全くそうではなく、実はかなり長いですよね。ラルクと嵐、どちらも好きって方も結構見掛ける気がするし。

福山さんも、ガリレオとか龍馬やって近年いっそう人気な気がするが、しかしやはり安定して人気だよね。
歌も上手くて、いい歌うたうし。お話も演技も上手。

稲葉さんも、根強いなあ。
自分が中学の頃だかで、CDTVか何かで「バレンタインチョコレートをあげたいアーティスト」ってランキングをやっており、その時も稲葉さんが1位くらいだった気がする。
すなわち、今から十数年前なんですけど(笑)、当時だからラルクも最も人気があった頃で、当然hydeも入ってたし、GLAYのジローさんとかも入ってたように思う。

その頃から、変わらぬ名前が上がるのは、凄いことですね。

チョコあげたいのと、結婚したいじゃあ、内容の重みが違うけどね…(笑)
だから、上位には柔らかい感じの方が多いのだろうか。


わたくし、結婚は無理だけど、バレンタインチョコレートならば差し上げたいですわ(*^^*)


…しかし、ハイドさんとなら結構楽しいかもしれない、なあと思ったり(笑)


まあ。
夢は夢のままで、が、一番うつくしいですからね。

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。