FC2ブログ

L'展に行ってきたあれこれ 2

前回に続き、今回は横須賀美術館でのネタバレ的感想を。

まだ行かれてない方で、ネタバレ御免な方は、「回れ右」がよろしいかもですー;



L'展、全体的には、もう少し良くなるんじゃないかなあと思う部分は各所にありましたが、しかし、それなりに楽しんできました。
入口入って、どちらだろうかと見渡す…までもなく、L'な兄さん方の写真?が見えまして、こちらかと。

私、チケット先行では取ってなくて、チケボ?で取りましたが、ちゃんと買えてるのか心配だった。
QRコード見せればいいのですが、こういう形式は初めてだったので。

先行で取った方は、紙のチケットと引換てもらえるみたい。自分は何もなし。
そして、会場の案内図はあるけど、展示のチラシは無し…。うーーむ。
チラシくらいは、あってもよいのではないか。美術館の企画展って、チラシを毎回作っているので、L'展でも期待したのですが…。それが残念でした。


展示室は地下?一階下がったと部屋。
ライブグッズのTシャツ着ている方も!気合入ってるなー凄い!
家族連れ、カップルで、と、様々。
そして、今回のグッズのエコバック持ってる方がかなりいらっしゃいましたね。皆さん、心構えがライブ向かう時とあまり変わらないのか…素晴らしいっす。

過去のCDジャケットやアー写、ノベルティ、ツアーグッズがぐるりと。
途中、PVを流しているテレビがあり、ついつい見入ってしまう私含めた来館者(笑)

今回は珍しく、動向してくれた方がいたために、あれこれ言いながら見られたのはやはり、楽しかったですね。
一人じゃー写真を軽く眺めるだけになってしまったかも。

グッズですが、だんだんとPOPになっている様子が改めてちょっと面白かった。
またまた初期好きで申し訳ないですが、やっぱりheavenlyやその頃のグッズはシンプルに洒落ている雰囲気がいいなあと。

そして、あのブロマイドみたいの復活したらいいのに…と(笑)
チェキとかあんな感じで、アー写でも売ってくれたら嬉しいかもと思ってしまった。500円くらいでどうでしょうか(どうもなにもない)

自分は2005年のアジアライブからなので、その頃のグッズからは懐かしく見ました。
グッズ買わない派、と言いつつも、


途中の部屋では、4人の衣装や楽器、私物など。
hydeさんコーナーは、やっぱり見るのも気合入りますね。衣装細っ!そして、やっぱり靴大き(長い)くないか!?(ヲイ)
愛用の指輪にネックレス、サングラスなどあったと思われる。あと、マイクスタンド。
羽もありました。羽がないから付けてたけど、今はある、というような言葉が印象的だった。
そして、それぞれの添えられたハイドの一言が良かったですね。

てっちゃんはあの「有名」な衣装が印象的。そしてやはりカラフルだねー。
けんちゃんは、MCで尻が破けた!って言ってた衣装(笑)今はもう直してあるそうで。

そして、ユッキーの衣装がほっそい!大丈夫がと思うほどに、細い!!
ユッキーのガスマスクに、サブステージでのドラムセットは嬉しかった(笑)

この辺の展示は、展示ケースの下に、演出のためそれらしく羽が置かれていたんだけど、むき出しの白い床に直に置かれているだけだったので、ちょっと勿体無い。
なんか敷いた方が良かったかもなあとか思ったり。黒や赤の布とか。。。
もっと雰囲気出ると思うけど、どうかしら、なあんて(´ε`;)


初め楽しみ方がわからなかったのが、ステージ気分を体験しよう、みたいなコーナー。
自分が行った時は、セブンスヘブンでした。

入って、どういう意味なのかと。戸惑っちゃいましたわ;
よく解説読めばわかるんだけど、大して読まなかったもんで。。
一回聴いて、出て、解説読んでたら、解説員のお姉さんが教えてくれたので、もう一度入りました。

それぞれの音がダイレクトに聞こえてくるので、色々発見があって面白かったです。
床も、ライブで使われたものをそのまんまはがして、持ってきているそうで!ちょっと燃えたね(笑)

L'展のメインは、きっとこの企画と、あとメンバー私物展示コーナー、でしょうねえ。
画像がまたね・・・良かったですよ。どうせならば、期間を区切って1曲づつ、でなくて、もう数曲聞けたら嬉しかったかなあ。
しかし、お姉さん解説によると、スタッフさんいちおしの部分を詰め込んだものらしいので、作るのにもかなり労力が必要だったのでしょうが。

そして、写真。新旧さまざまに。やはりねー、ロングソバージュなはいどさまの写真に私はニヤニヤ。
ポニーテールな姫スタイルも捨てがたい。。。

雑誌コーナーは、こんなに表紙を飾っていたのかと驚きましたね。
懐かしいのから、自分も持っているもの、色々。
情報端末で過去の記事を読めるというコーナーは、人が群がりすぎて断念;
次に予定がなきゃゆっくりしますけど、夕方はライブでしたからね。。

顔Tも初めて見た(笑)あれはかわいいね~着られないけどw
ちょっと欲しくなってしまった・・・


そんな感じで、一通り。
グッズ売り場が、結構あれですね…荒涼とした感じで…;
写真もあんまり種類ないし、そして何より、値段がアレ過ぎやしないですか…そうですか;


色々書きましたけど、しかしやはり、ラルク好きにはなかなか楽しめると思います。
懐かしさと、新たな発見もある。
ちょっと遠いけど、行って良かったです。



余談ですが

お昼は、ネイビーバーガーという、アメリカスタイルのハンバーガーにしました。
よこすか海軍カレーと迷ったけど、前日の夕食がカレーだったもんで(ヲイ)
ドブ板通りって名前がすごいですが、そこにあるお店で。
外国人さんが多く、外国のミリタリーグッズを売るお店も何件かあって、不思議な通りでした。。異国か。
チーズケーキも食べたかった!
ご飯面も、横須賀は楽しめそうです。
ただ、美術館の周辺には殆どお店が無いのですが、美術館の方に聞くと、パンフレットやアドバイスをくれましたが、やっぱり色々な方に聞かれるようで、パンフレットと説明をしてくれました。

しかし、お店見つけるのにかなーり迷いましてね。。そこで時間のロスが結構あって、結局電車が若干忙しくなりました;
初めて行く地だったからなあ。。


スポンサーサイト



L'展に行ってきたあれこれ

さてさて、横須賀のL'展。

私は6月17日に行ってきました。

評判を聞くと、正直どうしよかな~と思ったのですが、しかし。
こんな機会はこれから先、無いんじゃないのかと思い直し、やはり行こうと。
だって、美術館でアーティストの展示ってどうなんだと、思いますよね。。そこも気になりましてね。

正直、展示にあれだけの値段出すのって。。。ねえ。高いと思うんですよ。ラルク値段だから仕方ないのかもしれないですが!
しかし、冷静に考えてみると、自分が最近良く行くライブよりも、L'展の入場券のが高いというのは、どうなのか(笑)
まあ、行くんですけどね…w

実は、17日はもともとライブのチケットをずっと前から取っていました。
なんといっても、emmureeのWEST単独公演なわけでして、発売当日からもちろんGetして、ずーっと楽しみにしていたんですよ。
せっかく東京方面行くなら、行けるんじゃないかと思ったのと、ネットでのお知り合いの方に誘ってもらったこともあり、半ば勢いで…(笑)行ってきました。

朝6時起きして、8時台の電車だったっけなあ。
普段の自分よりも早起きです…。

横須賀、初めて降り立ちましたが、遠かった…!
鎌倉超えるんだもの!鎌倉で降りたくなっちゃったもの!お寺見たいもの!
鎌倉まで物凄いきゅうきゅうでしたが、鎌倉で一気に人が降りて一瞬にしてスカスカ、余裕に。
この時期の鎌倉の威力を見た。

しかし、横須賀もなかなか良かったですー。
だって、駅降りたら超格好良い戦艦みたいなのがまず目に飛び込んできて、ものすごいテンションが上がった…!カコイイ!
海なし県民なので、海を見ると嬉しくなります。

観音崎行きのバス停にて待ち合わせまして、乗車。
閑散と、人も少ない印象だったのに、バスが…。もう、明らかにお仲間なお姉様方が何組も乗ってこられました。
結構行く人いるんだなーと(失礼)

バスは、かなり乗りましたね。。やはり、30分くらいは。
途中、中心地を通りましたが、そこはなかなか賑やかでよい感じ。真っ白の帽子に、真っ白の制服の自衛隊大学校の学生さんかな?を幾人も見かけました。
男の子は、水兵さんみたいな感じ。。女の子は、スカートで。さすが、な土地柄ですねえ。この地でなきゃ見られない光景。
おお~っと、じろじろ見てたかも;スミマセン;;

山を若干登りつつ、な道のりで、美術館到着。
眼前は、広々とした海。美術館の真ん前は、道路をはさんで海が眺められました。

平たく、横長な、ガラス張りの建物が美術館。
前は芝生で、早速、WORLD TOURのオブジェがどどーんと見えてテンション上がる。
あれですね、日産とかでステージの左右に付いてたやつ!結構大きかったんだなと。それは、相当な遠距離でも見えたんだから、結構な大きさなんでしょうけど。
ステージのセット作るのも大変であるなあと思ったよ…

みなさんに混じって、私も記念写真してきましたw
しっかし、撮っていただいた写真見たら、思いっきり目ぇつぶってるんですけどね。ホント間抜けヤローですわ…


前置きで随分長くなりましたが、一旦切ります。

一つ、行っておくと、行ったらやはり、かなり楽しめましたよ!

抽選…

当然の結果なんですけど!一応ご報告…

LIQUIDROOMライブ、落選ー

さしてどうってことはないですよ、それは…
いくらなんだって、777に入れるなんて思っちゃいないですからね。

しかし、可能性の高いユーストにはしなかった。
せっかくの機会だから、潔く!ライブハウスの方に挑戦して、見事に玉砕です(笑)

しかし、悔いは無いZE。

一体、どんな方が行けるのか。羨ましすぎるね~。聴くところによると、mixiで当った~って方を見たという方が居た。やっぱり、当るとこには当るのか(当然ですが)
でも、もしこれで自分が当てちゃってたとしたら、ちょっと恐くなってしまうかも。普段、あんまりついている方ではないのでね(笑)

今の規模のラルクで、ライブハウスってマジで大丈夫なのかと思ってしまいますね。もまれにもまれて、怪我する方も少なくなさげな勢いなのでは…。ライブハウスだと、前に寄り放題人が密集し放題だからね…
私、そこまでキュウキュウのライブハウス行ったこと、そんなに無いもんで、ばんぷすの詰まり具合で次々と女の子が倒れている光景が、衝撃でしたね。

自分は割りと高さがある方だし体も丈夫なので(ヲイ)、よかったなあとつくづく感じたあの日…

しかしこんな機会は滅多に無いですからね。やっぱり羨ましい。
近場で見られるのって、やっぱり迫力とか、臨場感とか、違うよね。
距離が近いだけでも、それだけでインパクトは全然違うもの。


あと、ラニバツアーは横浜2Days。
宿を取ってゆっくりするか、日帰りか。。。できなかないんだけども。よこはまって宿高そうだし。
それが迷いどころ。

しかし、俄然テンションは上がりますね~。
横浜、1日でも良かったなあと思ってたけど、やはり2日。楽しみですね。


しかし、4,5月と、emmureeもツアーなのが悩みどころ。お金が。。。
アンミュレは、高崎単独と長野はとりあえず行きたい。

プラス、可能ならば仙台、金沢も…。うーむ。

6月のWEST単独も、もちろん行きたいですよー!


そして、アンミュレのベストアルバムが発売に!これはとても楽しみ…
15曲で2625円という、超良心的な値段なのですよ…。是非是非。

e【ACUTE】e【ACUTE】
(2012/04/11)
emmuree

商品詳細を見る


アマゾン、楽天でも買えるそう。

初期のラルク…まあ、自分はそこまでいにしえは当然リアルタイムじゃないので知らないんですが、『DUNE』に『Tierra』が好きなわけで、そこから‘それらしいもの’を求めております。

アンミュレも、そんな‘それらしい’と想ったものの一つ。
『DUNE』の、暗く重苦しい曲に、通じるものがあると思われます。ヴォーカル・想さんの声も、hydeが好きなら気に入るはず。かっこいいです。

アンミュレは、ライブ会場や専門店でないと音源が買えなかったのですが、今回は手軽に買えるのです!
お薦めです!(笑)


楽しみが沢山すぎて嬉しいけど、よく考えよう。

お金は大事だよ~という、あのCMの曲をよく思い出すわ。。。。




本屋でラルク

帰り道、本屋に寄ったんですが、有線なのかなんなのか、しきりにラルクが流れていた…

店内を回って、なんか聞き覚えのある曲だと思ったら、すぐにおおおっこれは…!
「GOOD LUCK MY WAY」だったと思う。
おおいいね~と、ガラでもなくバレンタインコーナーをウロウロしていると、次に始まったのは「BLESS」。
すごいなー!アルバム効果?

間に違うアーティストの曲も入ったけど、しばらくしてまたラルクのターン。

「CHASE」から始まって、「XXX」、そして再び「GOOD LUCK MY WAY」…続けざまにくるねこれ!
『BUTTERFLY』の曲ばっかりなので、まさにタイムリーに聞いてるわけなもんで、嬉しくなっちゃいますね。

曲がかかっているうちは、なかなか本屋から立ち去りがたく、無駄に長居をしてしまったよ…


書店で気になった本をメモ。

千里伝 (講談社文庫)千里伝 (講談社文庫)
(2011/11/15)
仁木 英之

商品詳細を見る


仁木さんは、密かに応援している作家さんなのですよ。生まれは違うけど、長野の方だし。
もとが、中国モノが好きなので、扱われているテーマも興味津々です。
『僕僕先生』は読んでいて、個人的には物凄く面白い!という程ではなかったけど、ほのぼのした世界が心地よく、好きな雰囲気でした。続編はまだ読んでいないけど、読んでみたいと思ってます。

今回のも、主人公が子供の見た目で中身が大人、な、僕僕先生とちょっと似た設定のよう。
僕僕先生は見た目少女の仙人なんだけど…

様々な仲間たちとの冒険モノ、というのは惹かれますね~。
文庫買ってみよう。

気になっている作家さんが、活躍してくれてるのは嬉しいなと。
『僕僕先生』って、日本ファンタジーノベ大賞を取っているから、そういう最初の作品が注目されてしまうと、その後がどうなのか…っていうのがありそうな気がしてましてね。。。

酒見賢一さんも結構好きなんですが、酒見さんも中国もの&日本ファンタジーノベル大賞なお方なんですよね。
酒見さん、なんと『弱虫泣き虫諸葛孔明』の連載が再開したようで…凄く楽しみです。

BUTTERFLY

『BUTTERFLY』、勿論限定版をGetしてます。

BUTTERFLY(完全生産限定盤)(DVD付)BUTTERFLY(完全生産限定盤)(DVD付)
(2012/02/08)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る


DVDに、シングルのカップリングで幾つか聴いていた、パンクのCDまで付いてる豪華版!
シングルはあまり買わない派なのですが、幾つかは買ってたので。

手に取った時、ズッシリ感と厚みにちょっと驚いた(笑)
一通り聴いてみると、この曲もあの曲も、結構TVで聴いたなあと思うのがあるのね。

「BLESS」はオリンピックで、「DRINK IT DOWN」はゲームのDMC。「SHINE」は『精霊の守人』だし、「NEXUS4」はスバル車のCM(笑)
最近の曲では、「GOOD LUCK MY WAY」が、『鋼の錬金術師』。

こうしてみると凄いですね…。改めて、ラルクってスゲエ…。

結成20年として、今も、現在進行形で、第一線で活躍していて、かつ、タイアップもかなり取っている。
すなわち、テレビ付けてれば、自然と耳に入ってくるというわけですよ。
いやほんと、冷静に考えると、凄いことだと思うわ…。
しかも、ラルクってね、人を選ぶ部分があると思うんですわ。hydeの声質もだし(いい声で自分は好きだけど、クセはある)、曲の雰囲気(最近は随分と聴きやすく、いい歌路線だと思いますが)、しかも、ヴィジュアル面も。
お化粧した綺麗なおじさん(ヲイ)って、世間的にそんな受け入れられるもんではないと思うのだけど…
自分は好きだから何とも思わないけど、馴染みの無い方々には、どう受け止められるかと思うと、やっぱり結構異質な感じがして、特殊なものとして受け止められそうな気はするんですよね。

しかし、これだけ受け入れられているんですからね。
そして、こういうジャンルでここまで大きくやれているラルク…かなりな功績だと思われ。
今更、自分がどうのこうの言うもんでもないですけども。

タイアップも幅広いですからね。
アニメやゲームだけではないですからねえ。
私はヴィジュアル系って、好きですけど、アニメのEDにはなっても他ではなかなか使われないように思うので…

そして、幻と化しそうだった(個人的意見)、「Bye Bye」がここで収録されたのも、嬉しいですね~。
可愛い曲です。

個人的に、此処に入ってる曲ってどれも“最近”と思ってしまっていますが、実は、最初に発表されてから随分と経つんですよねえ。「SHINE」なんかも、既に懐かしく感じてるものね(笑)
調べたら、‘2008年’だそうで。4年も前じゃ、そりゃ懐かしいか。自分大学生だったしね。
そんな、時の流れも感じてしまった。


「DRINK IT DOWN」がこの中ではやはり一番好きですかねえ。ちょっと「ray」とか、あの辺りの雰囲気。
「GOOD LUCK MY WAY」も案外好きです。ライブで楽しかったな~


そしてDVDがまたスバラシイ。

最初期のhydeの映像が~!!!

長髪、黒服、濃いメイク、いやはや…
眉毛太っ!と思いましたが(笑)

ライブハウスでの映像は貴重だな~嬉しい。そして、白い衣装にふわふわパーマなハイドさん。
自分が最も憧れ、好きな時代ですからね。テンション上がらないわけがない。
NHK特番もだけど、これが公式で見られるのが嬉しいですよ…


もう、いっそ、sakura時代も映像出しませんか…!?


私は待ち望んでますよ…!

DUNEとか、as if~とか、Floods of Tearsとか、PVあるではないですか。
これは出すわけにはいかんのでしょーか…


さらっと通しただけなので、真面目に聴きます。

チケットその他

お久しぶりの更新となってしまった。

チケット、私は日産スタジアム2日、押さえました。
今回は色々面倒なので、一人で行こうと両日1枚申込みの1人参戦です。

もうね、一人気楽でいいじゃん!気楽!

しかし、実はどっちか1日行ければ~と思って、保険の意味を込めての両日申込みだったため…嬉しいけども、どうしようかと考え中です。

横浜だから、日帰りでいけないこた無いと思うけど、泊まるか…?
うーーん。
日産スタジアム、やはり味スタのように屋根が無さそうなのがまた気になりますね。
どうも、味スタで雨に降られた思い出が強くてですね…。私は屋根のある所だったんで良かったんですが、アリーナタイヘンそうだったのがなあ。
今回は、あの時よりも一週間位早い日程…梅雨にもさしかからず、晴れてくれると良いんだけども。

話題盛りだくさんですが、自分は海外の公演は行く予定は無いし、FC限定も申し込みもしていないので。
この2日だけとなります。
FC限のは興味あったけど、平日なのと仕事が心配なのとで…ね。


アルバム、HYDE本、こちらは予約してます。
アルバムはやはり楽しみですねー。パンクも付いてるという(笑)

そして、HYDE本。

実はね、オマエもぐりか!とか言われそうですが、私。

ハイドさんの本名とか知らないんですよねーー。

誕生日くらいはさすがに知ってるけど、本名って調べたことも無い。
ネタである、土井八程度っす。

どんな人となりか、というのは気になるけど、個人的なプロフィール的なものはそこまで感心のある方ではないのか…自分は。


なんで、私は結構みんな本名とかしらんもんかなあと思っていましたが、皆様ご存知なんですね…
teっちゃんの苗字がアレとかはさすがに知ってましたけど…

アマゾンの支払い忘れないようにしなければ。

大阪~東京を巡る遠征

さて、もう先週の話となってしまった、ラニバーサリーツアー@京セラドーム。
自分は月曜から仕事のため、3日(土)のみの参戦でした。さすがに大阪日帰りはキビシイからね…。

しかもですよ。
大阪、京都まで行って、観光して帰ろうと思っていたのですが、翌日4日にemmureeの単独が東京であったので、4日もあんまりゆっくり出来ない…忙しい旅となりました。
emmureeもせっかくの単独公演なんだもの…。つい行きたくてっ。

そもそもなんで大阪かと言うと。
関東人が大阪まで行くのは、金銭的にも時間的にも結構厳しいもんがありますが、FCで取れたのがここのみだったんですよね…。そもそも大阪なんで申し込んだかと言うと、京都が好きなので、ついでに観光すればいいじゃない、というノリで埼玉と共に申し込んでいたのですよ。本命の埼玉は撃沈でしたが。

しかし、行けてよかった!かなり強行ツアーだったけどね(笑)

自分は、旅立つ前ちょっと忙しかったんです。先々週は土曜午前2時まで中学の同級生(いつもの面子)で会合があり、翌日は休日出勤で丸一日出、そして一週間仕事で6連勤、しかも、仕事で色々締め切りだのやることがせまっていて目いっぱい仕事&残業、での大阪行き…だったため、旅立つ前に疲れていたという(ヲイ)

お陰で、当日。朝寝坊した…

しかし、幸いなことに電車の本数が多く、寝坊したのにもかかわらず、一緒した友人との集合時間には、あまり遅れない電車で着けました。良かったよ・・・


今回は、相方を探さねばならんこととなりましたが、結局大学の頃の友人と行くことになったのでした。
その子とも、1年ぶり?かなり久しぶりに会うこととなり、楽しかったですね。
そして、有難かったよね…。せっかくのチケを無駄にしてしまうのも勿体無いしね。


ライブの感想はひとまず置いておき、工程を書いてみます。

まず初日…

関西行くのに、京都に寄らぬわけにはいかないという、歴史好き、京都好き、寺ぶつぞう好きな私が参るわけなんで、当然一泊の忙しい工程でも寄りたかったわけです。
友人は北陸の子。サンダーバードで来るので、当然現地集合です。結局、京都に12時集合としました。

しかし、仕事が立て込んでいてあんまり考える時間も無く、ほぼノープランで京都まで来てしまった…。

駅付近なら時間がかからずいいかと思ったけど、本願寺も東寺もかなり行っているのでやめて、金戒光明寺に行くことに。バス乗って行きましたが、どうにも混んでる気がする。
バス乗り場の方に教えてもらったバス停で降り、寺を目指しますが、まず真如堂の看板が目に入りました。
地図見ると、真如堂と金戒光明寺は隣り合わせのようなんで、そんならばと真如堂へ行くことに。
エライ山道っぽかったので、若干心配になりつつ登ると、お寺の裏手に…。

・・・

・・・、あれ?なんか、紅葉が綺麗じゃないか・・・??


関東の紅葉は、とっくの昔に終わってますからね。
紅葉なんてのは全く頭に無かったんですが、京都の紅葉ってこの時期なのか??

京都に、紅葉を目掛けて来ようと思ったことが無いので(四季の景色を楽しむより、もっぱら寺史跡めぐりが中心なため、旅する季節にこだわりがないのです…)、いつがシーズンなのか知らなかったんだけども、もしや今、シーズンなんでしょうか。。。

まさに、燃えるような赤。

小ぶりの葉が美しく鮮やかで、こんな紅葉、見たことが無いなあと。
とても綺麗でしたわ…。

ツアーの方もいるし、人がたくさん。これはやはり、紅葉観に来てるんでしょうねえ。


そして、金戒光明寺へ。
幕末に興味のある自分は、以前より訪れたかった地であります。
会津藩士のお墓を参拝し、境内をあるくと、熊谷直実縁の松が。

・・・そうか!

自分がここにこんなに来たかったのは、幕末だけじゃなくて、平家物語縁の地でもあったからだったか!!

それも忘れているという…重症ですな…。

行けて良かったです。
門を直しているのが残念でした。これはまた次回のお楽しみにしとこう。

そして、祇園へ。バス券買ってしまったから、せっかくなら~っつーことで。しかし、この時点で時間が結構ギリギリです。
長楽寺に行きたかったんですよ。建礼門院が出家した寺で、安徳帝の絵とか色々特別公開しているようで。
しかしね…やはりタイムアップ。八坂神社お参りして、長楽寺の門前まで行って、引き返して来ました。
これも次回の楽しみにしとこう。


で、ようやく大阪へ。

とりあえず、宿のある新今宮まで向かう。途中、お仲間と思われる方を何人も目撃いたしました(笑)
私ども、まだ荷物置いてくるという一仕事があるのに、もう皆さん会場行くよね、そりゃそうよね…と、気持ち的に焦る!…で、チェックイン、のち、会場へ。
これが忙しかった。京都で余裕くれすぎたね。下調べはやはり肝要ですわ…><

急いでチェックインして、荷物置いて、電車で大正駅まで。
大正駅から徒歩…これはちょっと走った!開演かなりギリギリだったのですよ。着席できたのが6時数分前とか、そんくらいでしたからね!間に合ってよかった!

ライブ~たこ焼き買って帰る。

宿は、超安宿だったんですが(笑)、女性用浴場行ったら、なんとなと、お仲間の方ばかり…(笑)
5月のライブのグッズのバッグ持ってる方とか、ツアーTとか、あれっ?と(笑)
結構いらっしゃるのねwちょっと嬉しかった。

翌日は、10時前にチェックアウトして、近くの通天閣まで。
新世界というのですか?あそこの通りでビリケンとか派手な看板見て、せっかくだから大阪らしいもんを食べようと、お店へ。
串揚げと、ドテ焼きというのと、たこ焼きのセットを喰らう。串揚げ美味しかった!

ぶらっとして、続いては海遊館へ。
9月に新潟黒限遠征時に、一人で水族館へ行って以来、水族館が好きになりましてね。海遊館も行ってみたくて。
友人もお好きのようで。

海遊館も良かったですね~。魚だけでなくて、カピバラとかカワウソとか、可愛い子がいましてね(笑)
結構混んでたけど、でもよく見られました。
ジンベエザメもいた。水族館の方が、水槽の掃除なのか水槽にもぐってましたが、季節柄かサンタの衣装。。。
面白~(笑)手を振ってたりして、慣れてますね!(笑)

水族館は飽きないね。なんか不思議だよね。水の入った水槽の中を、魚が泳いでいて、それを四方から観察できる。水は透明だから、なんだか空間に浮いているような。空間を泳いでいるような。
みれば見るほどに、とっても不思議な気持ちになってくるし、それがとてもキモチ良さそうに見えてくる…

癒された…。

かわいいコレクションというのをやっていて、カラフルなのとか愛嬌ある顔の子とかたっくさんいて面白かったんだけど、時間が。。。

なんせ、14時10~20分代に、大阪港の駅を出る電車で帰らないといかんのですからね…。
お昼もゆっくり食べられないので、友人には本当に申し訳なかった。

emmureeが、東京・目黒鹿鳴館で開場時間が18時だったので、それまでには東京に着きたかったのです。
会場まで道に迷うと嫌なので、開演に間に合えばいいやと思っていくと、結局開始に間に合わないということになりそうなんで…;

鹿鳴館は初めて行く会場でしたが、事前に調べた&場所を教えてもらった&目の前をそれらしい黒いお姉さんが歩いていたため、付いていってみたので(笑)、時間通りに着きました。

・・・

公演後は、新幹線が非常にイタかったので、普通で帰りました。



そんな感じで、1泊でしたが、かなりな移動距離&盛りだくさんすぎる週末でした。
自分としては、普段の5日分くらいは活動したね!
有効に使おうとしたら、こんだけ色々なことが一日でできるのね・・・。

ラルクもアンミュレも、ライブがとても良かったし、とても充実した先週でした。



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠