FC2ブログ

ライブ盤

emmureeのライブ盤『acute sense』

今年、6月17日のWESTでの公演の様子が収められています。

ライブね…ライブ…
9月17日に、サマカニに行ってきたばかりなんですが、ライブに行きたいなあなどと思い聴いている次第。


今回、個々に細かくは書きませんが、聴いていたらちょっと書きたくなってきた。

ライブ盤は、後半の選曲が、特に個人的に好みすぎて大変なんです。

「白い花」~「四月ノ雨ト…散ル…華ニ…」

美しく、心を揺さぶられるような曲ばかり。
攻めるね。攻められ続けられますわ…。

欲を言うと、「春想う、色彩よ。」が入っていたら、完璧でした…。
いやしかし、こちらはその前に出ているベスト盤にて、再録されているので、贅沢は言えません。

ライブでも、「白い花」が。
これはFLEEZ単独以来だったかなあ。聴けたのが。

その後、行ったライブでも聞けましたけど、このWEST公演の時は聴けたのが2度目だったかなあ。
この曲を歌うときは、想さん、本当に心を込めているように感じます。
曲に込められた思いに触れると、一層心を打たれる。


そしてそして!

ずーっと聴きたいと願い続けてきた「四月ノ雨ト…」いやこれはもうね…
ありがとうございますと言いたいくらいですよ。
この曲が聞けた瞬間、もうこれだけのためにもチケット代払っても良かったと思ったくらいに。

想さんのアカペラから入るのだけど、楽器の音のしない、静かな空間でただ一つ。
歌い出しの声を聴いた瞬間に、心臓が止まるかと思ったなあ(笑)待望過ぎたし。

想さんの歌声は、本当によく通る。

力強く、よくノビて、情緒的に、揺らぐ。ただ、美しいというだけでは言い足りない。

惹きつけられて止まない。

聞く度に、感動するほどだから、私はライブに行きたいと思うのです。


「四月」は、「春想う」とちょっと似ている雰囲気で、ゆったりとしたテンポでとても心地よく、無限に聴けそうだと思う。しかし、切なさや寂しさが全編に流れている。だからこそ、気持ちに引っかかってくるのだとも思う。
あんまり心地よすぎても、それはそれで素直に聴き終えてしまいそうだから。

あ、「四月」に「春」って、どちらも‘春’ってイメージはおんなじか(笑)


ずっと聴きたかったこの曲を、初めて聴けたこのライブでの演奏を、こういう形で残ったのは、本当に嬉しいことですね。

何度聞いても、やはり心地よく美しく、無限に聴けてしまいそう(笑)


CD聴いたら満足してきた。

寝よう。遅い!


スポンサーサイト



買ってみたCD

deadmanの、再販されたアルバムを聞いてみました。

deadmanって、ずーっと聞いてみたかったバンドだったのです。
今はなきSugarのファンの方々のブログ等を巡っていると、必ずと言っていいほど名前が出てくるバンドだったし、Sugar自体、deadmanっぽい…なんて書かれてるのをよく目にしていましたし。
それに、Sugarメンバーがそのdeadman好きだったようだし、それは聞いてみないわけいかんだろうと。
でもねえ、手に入る音源があんまりなくって…
そんな矢先に再販を知りまして、欲しいなあと思いつつもぐずぐずしておりましたが、ついに買ってしまいました。

試しに「no alternative」を聞いてみて、気に入ったのでもう一方も購入してみることに。

no alternative 2.0(remix)no alternative 2.0(remix)
(2009/11/30)
deadman

商品詳細を見る


聞いてるうちになんだかはまる。
特に2曲目、「盲目の羽根と星を手に」がトテモ好き。切ないヴォーカルに繊細な音が、好みですねえ。綺麗。素敵。思わずリピートしてしまう。
5曲目「銀のパラソル」、6曲目「ドリスからの手紙」もいいし、10曲目「in media」もなかなか…
あらら…好きな曲が増えてくわ;聴くうちにはまるのです。
激しい曲もあるけれど、暗く静かな曲の方が好みですねえ。

in the direction of sunrise and night light(DVD付)in the direction of sunrise and night light(DVD付)
(2005/12/14)
deadman

商品詳細を見る


deadmanで初めて聞いた曲は、このアルバム7曲目「follow the night light」だったような気がするんだよね。
youtube辺りで調べて見て、PVのインパクトも凄かった(笑)だからか自分の中ではdeadman=この曲でした。
なので、やっぱり何だか好きです。穏やかで美しい。
4曲目「when the saints go marching」もね、やっぱり動画サイトで聞いたことがありました。良い曲。


そして。
夏にライブに行って引き込まれたemmuree。
通販で買っちゃいましたよ『灯陰』。会場で買った『絶望を奏でる古時計、灰色のピアノ』という、ミニアルバムとシングルがかなり気に入りまして、我慢できずに通販をしてしまいました。

emmureeは、またこちらで公演をしてくれるそうなので、チケット予約してしまいました。思ったよりも早く彼らの公演を見られるようです…楽しみ。
来年6月からはライブ休止になるそうですが、その前にもう何度かは見に行けそうです。

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠