FC2ブログ

ちょっと…

先日からLa'cryma Christiなんて言ってたら、ますます気になってきたんですけど…
週末から懐古が止まりませんよ。

色々と聞いていたんですが、ラクリマには結構聞いたことのある曲が多いですね!
知ってるというか、結構いろいろな所で聞く機会が多かった曲が。「あれ、これ聞いたことあるよ!」っていうのが多くて。
CMとか、ドラマやTV番組の曲だったのかなあ…
それだけ当時、流行っていたっていう事ですかね。

自分はホント、アルバムを幾つか軽く流してた位であんまり覚えは無かったんですが、改めて聞くと良い曲が沢山あります。

「without you」「In Forest 」「LIFE」「The Scent」…
これ、どっかで1回は聞いたことあります。

一番聞き覚えがあるのが「未来航路」!
これってラクリマの曲だったんですねー!今更ですが…昔、結構聞いた覚えがありますよ。
それと、「情熱の風」。これも懐かしい!

これらはyoutube でプロモが見られますよ~!!

しつこいように主張していますが、自分は本当に長髪に弱いため、これらのプロモのすんごい長髪なHIROさんが大っ好きです。

流れる黒髪が美しすぎます!腰までの長髪って…絡まりそうだけど。
あれだけ長くて、綺麗な髪って羨ましいな。
ノーメイクだと、意外とあっさりした雰囲気でイメージが全然違ってビックリ。短髪で茶色にしてる時は、ユッキーにちょっと似てる気がします。

アイラインばっちりで白い顔、黒い口元…なんて化粧が怖いくらい似合ってますね。デスメイクばっちりよりは、普通に化粧している方が、ほんとに女性みたいに綺麗で私は好きですが。。。
HIROさんは化粧栄えする顔なんでしょうね。化粧なさると、本当に美人さん!!パーツが整ってるのかも。
プロモDVDとかあったらちょっと欲しいな(笑)
特に「In Forest」のHIROさんは綺麗です!あと「without you」も素敵。「LIFE」も立てた髪とメイクがカッコいいです。イントロのギターを弾く姿が素敵。

あとね…ドラムのLEVINさん、かわいいですね。女の子かと思いました。
時たまスティックをくるくるっと回すのが面白~かわいいっす!

ラクリマの曲は、やっぱりギターが印象的です。
「Life」のイントロなんかは凄くカッコいいです。中盤の弾きもかなり良い。
「The Scent」も心が騒ぐように軽やかな、明るいギターがかなり素敵。ヴォーカルの澄んだハイトーンヴィオスとよく合っています。
音楽に関してはかなーり初心者ですが、ギター、かなりうまいんじゃないかなあ…と思います。シロウトの見解なんですが…
自分が一番馴染みのあるのは「南国」や「偏西風」ですが、「偏西風」を聞いたときも、やっぱりのっけからギターがやけに印象に残りました。

あと、何かそのギターの音がミステリアスなのよ。なんとなく。弾き方なのかな。
そして、良く言われるように、何だか異国情緒が感じられますね。歌詞かな、メロディーも何となく。
TAKAさんの声は明るく、高く、伸びのある声なので、曲は明るく、そして幻想的なイメージが強いです。ロックな印象の強い曲は、合うかどうかはモノによるかな…
改めて、良い曲が多いことが分かったよ…CD集めてみようかな

こうなるとますます解散が残念ですね…ファンの方はなおさらでしょうが。

しかし自分は昔の曲聞いてばかりだな!!相当話題が古いよ!
最近の話題には付いて行けてないや…
最近はヴィジュアルって言っても、お洒落な感じのバンドが多いですね。
服装も。メイクも割かしシンプルだしね。
スポンサーサイト



素敵を召しませ

なんて言葉が添えられていましたね。
アルバム、『heavenly』。

もちょっと書きましたが、今回もこのアルバムで好きな曲について…
少し書きたいと思います。

「C'est La Vie」
初めて聞いたときはビックリしましたよ…
「なんて楽しげなメロディーなんだ!」って。

『heavenly』には珍しい、明るい曲調ですね。
私が『heavenly』を手に入れたのは、ラルクのアルバムの中で一番最後位でした。こんな曲あったんだ…
ラルクは、どうしても「花葬」や「浸食」、ロック調の曲のイメージが強かったので…
ドラムの地から強いリズムと、ベースがとても心地良いです。サビでは、思わず自然と体が動いてしまいそう。
しかしやっぱりラルク!ということで歌詞はなかなか悲しげです。
これは何か晩秋~冬なイメージ。そしてやっぱりヨーロッパなイメージなんですよ、なぜか。ちょっと洒落た感じがします。
この曲も大好きで、コンスタントに聞いています。聞きたくなっちゃうのですよ。ラストのギターも好き。

「Cureless」
こらもちょっとレトロなイメージだなー。
なんとなく、「Secret Signs」とセットで考えています。どっちもダーク!
出だしからおどろおどろしさ(?)があって、とっても好きです。
「愛し方を知らない~」の所、tetsuの声なんでしょうかね??
ラルクの曲で、hyde以外の声でこうして歌が入る入り方は珍しい用に思います。そこが印象に残ります。
「夢遊病」というフレーズが…病んでる感がありますねぇ。
歌詞も何だか痛々しい。

しかもこれ、tetsu曲!?
まあ!こんな曲も作られるのね!

「The Rain Leaves a Scar」
イントロのギターと、コーラス!これがホント好き。
静かなギターは綺麗だし、コーラスによって神秘的な雰囲気が漂ってきます。そして色気がでますね~
それがドラムによって一気に破られて、ギターも激しくなる。
カッコいい!
hydeの歌の入り方も良いです。静かな、ちょっとテンポの速い歌い方。
色々なバリエーションをもって歌ってくれていますので、この1曲でhydeの色々な歌い方が楽しめると思います。
ギターの演奏のせいか、なんとなーくミステリアスな気がするんだよね。


内容とあんまり関係ないですが。
歌詞カードのtetsu、素敵です!黒髪に長めの髪が凄く似合ってる。こうしてみると、てっちゃんもかなり綺麗な顔してますね~
メガネなんかも似合いますよね!

そしてhydeの長髪!これはもう、ホント素敵。
私は長髪好きですから(笑)
茶色の、ロングのストレート。似合ってます。
長髪hydeは本気で美人なので、女性に近い感覚で見てしまうんですよね…
階段で、壁に足を掛けているのが絵になるな~

ともあれ、『heavenly』はこれでおしまいです。
好きな曲、っても、あくまで「最近好きな曲」になっています…
ほんと、ほぼ全曲とかになってしまうので…

しかし自分、暇だな…いえ、暇は無いんですが…
毎日更新だ…

勉強しろよ。

懐かしくも新しいもの

先日買った1998年の『FOOL'S MATE』No.201から、色々と面白くなって来たので、ぽちぽちネットで調べていました。

まずはLa'cryma Christi。
何でかって言えば、ラルクに興味を持った頃、ラルク好きの子がラクリマも好きだったので自分もほんのちょっと聞いていました。
「南国」や「偏西風」など、メジャーなやつくらいしか覚えていませんが…
改めて聞いてみると、TAKAさんの声は綺麗ですね。
昔、私はhyde一本だったので、TAKAさんの独特の高い声に抵抗があったもんですが。澄んでいて、綺麗です。

何となくどの曲も、メロディーが面白い印象があります。ギターが目立つかな?
雑誌の写真を見て思ったんですが、TAKAさんて王子サマのような美形ですね…!実は、音楽は聴いても本人達にはノータッチで、全く知らなかったんですよ。
そしてギターのHIROさん!この時代に彼らの写真見てたら、ファンになってたかも…!
だって、腰まであるストレートの黒髪長髪ですから!目を強調したメイクも素敵で、とっても綺麗!!
長髪がリアルに似合ってる…そしてギターを弾くたびに靡く!
私はストレートの黒髪長髪に、本っ当-に弱いのです。

今は皆さん、シンプルなメイクや服装みたいで…HIROさんも長髪じゃないようで…残念ですが。

そんな彼らも、来年の2007年1月には解散だそうですね。
あまり関わりは無かったものの、やっぱり少し寂しいです。


あと、マリスミゼルの動画も見た…
とりあえずmanaさんが人気があった、って事位しか覚えが無いけど。あとGacktですか。
皆さん、本当に人形みたいな衣装にメイクしてたから、話をしている様子が妙に面白かった。manaさんのサインの出し方が可愛らしかったです。
Gacktは今も活躍しているけど、他のメンバーはどうしてるんでしょうか…

異様に懐かしいネタになってしまいましたが。
もう一つ。

Xに興味があるなどと書いていましたが、昨日から『DAHLIA』を頻繁にかけています。バラードっぽいのも多いけど、良い曲ばかりです。それプラス「紅」「BLUE BLOOD」。よいです。
ラルクとはまた違う、激情の迸りみたいなもんがあります。


こうやって、色々音楽を聴いてみよう、と思うようになったのも、ラルクに興味を持ったからなんです。
「ラルクが好き」っていくら言っても、「ラルクが良い」っていくら思っても、やっぱり井の中の蛙状態じゃいけない。音楽は他にも沢山あるし、他とも比べたり、客観的に見られるようにしたい…って。
単純に、ラルクの曲を好きになって、「音楽っていいんだな」と思ったのも勿論あります。

そして、どんなバンドのどんな曲を聴いてもやっぱり「ラルクが一番!」と思ってしまうんですよね~

そしてそれを確認したいのかもな…

決戦の日

…になる予定だったんですよね…
今日はラニバーサリーライブのチケット一般発売の日でしたからね。

ほんともう、今日は朝からバイトだわ、友人に頼むのは何だわで…バイトに都合を付けて遅れていこうかと目論んでおりました。
…いや、バイト人手不足なのでそれも無理な計画でしたが…

はっさくさま、お世話になります~!!



HYDEのFAITHツアーの時、自分は集中講義を1時間遅れてまでチケを取ろうとして取れなかった、という苦い過去があるんですよ…
成績には響きませんでしたが、大阪まで遠征に行く羽目になりまして、初大阪行ってきましたよ。

まあ、大阪では阪急梅田のカフェ「L'Arc~en~Ciel」に行けたし、友人宅に泊まったので良かったんですけれども。
…しかし一人でカフェ、ものっすっごい入りずらかったんですけど!!
みんなファンの方ばっかりで、お仲間同士で来られてたので…肩身が狭かった!例のごとく、私は一人でしたのでね…


さてさて、自分は時間ができるとyoutubeでラルクの動画なぞを検索しております。昔の音楽番組やCMなんかが見られるって素晴らしいね!

まだsakuraがいる時代のだったり、大石さんとの出会いの瞬間だったり、カセットのCMだったり…
遅くからのファンには有り難い限りです。

しかし驚いたのはあれですよ。
ハイドとサクラの2人の動画です。
何かの番組での、コメントの映像みたいなやつですが、よーく見るとサクラは首輪をしてて、ハイドがその鎖(縄?)を握ってるという…
これは…
何狙いだ…なんていうことを思ってしまいましたわ(笑)

カフェのような店で3人が後ろで席に着いていて、サクラが喋っているブルーリーの宣伝のような映像(2パターンある)も面白いなあ。
3人(hyde、ken、tetsu)が後ろで軽く芝居してて。

あとカセットのね!ハイドは「眠りによせて」の時のようなウェーブがかった長髪で、女の人とカセットケースについて話してるやつ。
そんな昔にも、一人でCMに出てたのね…

しかし若いハイドって本当に可愛らしいですね!
色々な髪型をしてますが、どれも似合っちゃうのが凄い。

今日も古雑誌

また古本屋で物色してきました。
文庫1冊と、「FOOL'S MATE」のNo.201を購入。
表紙はhideさんのやつです。

このところ、hideさん特集の雑誌が沢山並んでいたので、ファンが売ったのかな。
1998年のものなので、ラルクの「ハートに火をつけろ!」の記事もばっちりです。少ないけどね。ツアー初日、横須賀芸術劇場の内容が記されています。

全国53公演かあ。良いなあ。
この頃からもっと興味持ってたらなあ、ライブもなあ、ってまだ当時中学生じゃん。今だってビクビクしてるのにそんな度胸も無いよな…
当時は、まだ「花葬」は未発表曲だったんだ!
ゆっきー良い笑顔で写ってますね。この頃の髪型は可愛らしいです。
おお、てっちゃんとハイドが絡んでる…
黒スーツに赤いシャツがカッコいいね~ハイド。
DVD買わなきゃ。

髪を立ててるハイドだ…懐かしい~
いくら当時ラルクファンじゃなかったっといっても、物凄い流行ってたからな。図らずもラルクを見る機会は多かった。しかも妹の方は当時小学生なのにファンだったからね…
当時を思い出しますよ。

てゆうか、この雑誌自体が懐かしい(笑)
この頃って、いわゆるヴィジュアル系バンドがすっごい流行った時期でしたよね。ラクリマとか、LUNA SEAとか、SOPHIA、黒夢、MALICE MIZER…そしてSHAZNA!ほんと懐かしい。IZAMのあまりの女の子っぽさが衝撃だったり、マリスミゼルのすんごいメイク、衣装に度肝を抜かれた覚えがあります。
…実のところ、未だにこの「ヴィジュアル系」の区切りは複雑で理解できてないんですが…

hideさん、ちょっと興味があるんです。
今更、ほんっとーに今更ですが、XJAPANに興味がありまして。
少しずつですが聞いています。
初めに聞いたのが「紅」でしたが、カッコいい!!
そりゃ伝説的な存在にもなるわな。

hideさんて横顔がとっても綺麗な方ですね。
紅い髪と、耳の後ろの髪をピンで留めてるのが凄く似合っています。

hideさんがどんな人となりだったのか、そしてどんな音楽をを作り演奏をするのか、私は全くといっていいほど知りません。ソロの方もね。Xに興味を持ったこの機会に、少し知ってみようかな…なんて。
hideさんが亡くなったというニュースは、幼心にも衝撃だったな。

昔、hideとhydeの、表記の区別がつかなかったんですよ…
まあ、懐かしい思い出ですわ。。。

相棒

今更、公式行ってみました。今回のロゴ、いちごですか。可愛いですね~!
あーライブが本当に楽しみになってきた!

…今、結構進路で悩んだりしてるからな…思い切り楽しみたいです…


自分は物持ちが良いんだか悪いんだか、高校時代からもう5年は同じスニーカーを愛用しております。アディダスのスーパースターです。
まあ、そればっかりじゃなくて幾つか買い足したものもありますが…

この年にもなれば、可愛いパンプスなんか履いてる子が多いけど、私は学校終わって即行バイトの事が多いので今もスニーカーを頻繁に履きます。
大体、私はサイズが大きいから可愛い靴も入らないこと多いんだよね…
まあ、私は服装も個性っぽいのでスニーカーも合いますが。

昔からアディダスが好きで、良く履きます。ちょっと高めだけど。
今持ってるのが、スーパースター(3本ライン)の白黒と、地が赤の白ラインの2つ。赤い方はもらったんですが、これもかなり履いたな…
洗ったら、ベロの所がざっくり根元から切れてて、これは捨てることにしました。良く今までこれで履けてたもんだ。
白の方は高校から使ってた5年モノで、靴底が淵から欠けたりしてる。
スニーカーは長持ちですねえ。

最近、ナイキのターミネーターを履いてたんだけど、疲れる…
カカトの辺りが摺れて。合わないのかしら。
水色&黄色にでっかいロゴの派手なやつ。入れ替え商品で安く買えたんで、文句は言えないか。
プーマのフットサラのオレンジ色なんかもありますが、底が薄くて長く立ってると足が痛い…可愛いと思ったんだけど。サイズも合わないし今じゃお蔵入り状態です。
コンバースもね。オールスター可愛いけど、底が薄くてかつ型が細いのよ。
でも今回、一緒に黒のハイカットを買っちゃったけど。
やっぱり底はある程度厚くないと…底から足が痛くなるんですよね…

今回は相棒として、アディダスのスタンスミスを選んでみました。
真っ白でシンプルなやつ。狙ってたのがやっと安くなったのよ!
やっぱり履きやすい。
自分にはアディダスが合ってるのかも。馴れてるし。
底もある程度厚みがあるし、皮も良い感じ。形も好き。
定番だよね。

また数年お世話になります。

しかし、おろしたてのスニーカーって恥ずかしいな!
しかもスタンススミスは真っ白だから余計周囲から浮いて!
早く馴染めばいい…履かなきゃ。

てか、ネットの方が安く売ってる店あったんですけど…
コンバースと併せて、2000円は安かったよ…情報収集は大事ですね…

このごろあたりで流行りしもの

最近、私の周辺ではエルレガーデンが人気があるみたいです。
バイト先でも何人も予約してく人がいるし…昨日も店で話題にしてる人がいましたな。
自分も興味はありますが、CD買うほどじゃあないな。
カッコいいし、ノリもいいと思いますけどね。

「Space Sonic」を初めて聞いたときには、間違いなく洋楽だと思っていました。
歌詞が英語ばっかりなんだもん。しかも、めっちゃ違和感無く英語で歌ってるんだもん。
そして、あのプロモを見て2度ビックリした。
「おー、海外にもコスプレ文化が浸透してんだな」
(この時はまだ洋楽だと思ってたので…)
女装かよ。
これは驚いたな…こんなフざけたことを外国人やんのか…なんて…

メンバーの写真見てまたビックリした。めっちゃ日本人じゃん。
色々驚きました。

ロッキンオンに彼らのアルバムレビューみたいのが載ってて、「カッコ良すぎて死ぬ」的な事が書かれてたけど、レンタルくらいはしてみようかしら。
ここまで書かれるんじゃあね


今日も、また好きな曲を挙げてみようかと思います。
まぁつまり今日は、生活にネタが無いってわけです…

結局前回はTierraオンリーになってしまったので、今回は「heavenly」から。
このアルバムも初めは馴染めなくて、全く聞かない時期があったな。

「Still I'm With You」
これ、まさに「始まり」って雰囲気の、勢いのある突き抜けるような出だしが凄く好き。hydeの歌い方もちょっと軽やかな感じで良いです。中盤には力強く歌ってくれます。後半の畳み掛けるような部分も良い。「still I'm with yout…」の繰り返しがやけに耳に残ります。聞いている分にはとても心地いいんですが、カラオケだとだんだん恥ずかしくなってくるんだよね…
明るく、爽やかなイメージでとても好きです。

「Vivid Colors」
イントロのギターが気持ちの良い曲です。ちょっと初夏~夏っぽい曲に思います。サビも耳馴染みがよくて良い。しかし、改めて聞いてみるとベースがよく聞こえるなあ。

「Secret Signs」
レトロな印象があります。古風?昔っぽい?そんな感じ。これは全部ホメ言葉ですよ。
大人っぽい曲ですよね。歌詞もちょっと色気があって。
恋は恋なんですけど、背徳を感じさせるような…何か事情があるような。
ドラマが作れそうな気がするよ。
ドロドロした曲調が素敵です。夜が似合うなあ。雰囲気があるなあ。

明るい、爽やかな曲も凄く好きだけど、こういうダークなのも素敵なんですよね、ラルク。聞くほどにこの曲もはまりました。

中盤の「何もかもが壊されていく」の部分、何か好きなんですよ。
夢から、ふと気が付いたような、そんな歌い方が。
「in crumbling time」や「眠らせる」の上がるところも好き。色っぽいよhydeサン!


また長いのでこの辺で中断…

ライブ、来月ですね。そしてTOEICも来月…
私はライブのために東京で受けますからね。待ってろ東京。
いえ、自分東京から近いんですが
結果を出さなきゃあな…

ロッキング・オン

バイト先にアジカンのアルバムが大量に並んでて、気になって仕方ありませんが。
うちの店では、アジカンは良く売れます。ミスチルやバンプなんかも。
特定の年齢層に利用される事が多い店なので…

私の一存で仕入れてもらった『FAITH』が沢山残ってますよ…しかも初回版。
すごく悲しいんですが…
ASIA LIVEのDVDは割りと売れたみたいです。私が買う前に5つは出てたらしいので。DVDを買うのは、結構好きな人ですよね。
何で私がレジ打ってる時に買いに来ないのかしら…

つい最近まで、TETSU69のCDが注文の棚にあったりしました。てっちゃんが王冠被ってるやつ。意外と身近にもファンがいるのかもな~


部屋の棚を整理してたら、2004年3月号の『ROCKIN' ON JAPAN』が出てきました。
これ、学校の側の古本屋で見っけたんですよね。
表紙がラルクで、「おっ」と思って見たら個人個人のながーいインタビューが載ってて。しかも、古本(雑誌)だから100円。
良い買い物した、と満足した思い出があります。

活動休止してて、再始動した頃のものでした。「復活にして初登場!ラルク アン シエル」と表紙にでかでかと書かれているやつ。

ユッキーは長髪で、てっちゃんは悪者っぽいサングラス。ケンちゃんはヒゲでハイドは長めの髪。この頃の私は、彼らに興味を持って間もない頃でした。曲は聞いてたけれど、本人達にはほとんど興味が無かったので、雑誌などは全くチェックしてなかった。
古本屋さんていうのは有り難いっす。

ユッキーの、「hydeは中山エミリに似てるなあ、と思った」って記事にちょっと笑った。女性ですか…

4人の個人の写真がそれぞれ2枚カラーであるのですが、そのハイドがすっごく可愛らしい顔で写っています。寝転がっているやつの隣の、正面向いてるやつ。穏やかに微笑してくれちゃってます。
ハイドはキレイ、って思う写真が多いけどこれはホント可愛らしい。
自分よか全然年上の男性つかまえて「かわいい」は失礼かもしれませんが…
でもなー、ぬいぐるみ抱いててもおかしくない可愛らしさ。
むしろぬいぐるみがあってもいい。
目元がすっごい優しいですね…
最近はクールな印象強いけど。サングラス着用って事が多いですが、目元を隠してしまうのがもったいないといつも思ってしまう。素敵なんだけどなー

少し幸せな気分になりました。

勉強がんばろ…

好きな曲 その2

ラルクの曲のなかで、私の好きなものをまた挙げてみようかと思います。

前回「Tierra」オンリーだったのですが、また今回も…
最近特に聴くのがコレなんですよ。
全体的に幻想的~な雰囲気で好きです。歌詞も、曲も。
今のラルクとは全然違って、初めて聞いたときは凄く戸惑ったけど。
今じゃ大好きです。では~

「風の行方」
ちょっと寂しい曲。ギターが好きです。何だか泣けそうになる。
歌詞もこれは何だかわかりやすい表現ですねえ。珍しい(笑)あまり起伏のない曲だけど、なぜかサビの部分とかが聞きたくなるんだよね…
コレはyoutubeでプロモを見たけど、モロッコでしたか。あの砂漠歩いてるのが印象的ですね!

「Wite Feathers」
前奏から曲の世界に引き込まれます。聞いてると何か気分が良くなる気が…
8分近い長い曲ですが、もっともっと聞きたいような気分になる。
「Tierra」買った時には、ブルーリーとかその辺のポップな曲位しか馴染めなかったんですが、この曲は一発で好きになった。
そしてサビ…ほんと、初聞きから「こんなに良い曲なのか!」と物凄く気に入ってしまいましたよ。
何だろう…「Will you please tell me~」のコーラスが入る辺りがとても好きです。

「Blurry Eyes」
これを忘れてた!
ラルク聞き始めてしばらくは「Vivid Colors」となぜかタイトルがごっちゃになってた。何となく曲の印象が似てる気がしてたんですよね。
でも、私はこっちのが好きです。tetsuのコーラスも好き。
これは何だろうな、初夏くらいなイメージがある。
イントロのギターとベースの演奏が、これから何か始まる、っつー思いを抱かせるような勢いがあって好きです(意味わからん)。

これね…カラオケで入れて、アニメの映像が出てびびったな…
そして最近、本人映像も出る事を知って入れてみたらまた大ショック。
ふ…古いよ!! 特にケン!誰だかわかんないよ!テツも化粧ばっちりで女の子みたいだし…ハイドは完全に女の子だし…本人達は今、見たくないかもなあ。
いえ、意外と好きなんですよ。ああいうテツ。キレイ。
ハイドね、スカートみたいなのを着ていたから余計に女の子みたい。あんなに可愛らしくて羨ましいです。
メリーゴーランドの所で座り込んでるのと、最後メリーゴーランドで画面からフェードアウトするのが良い。
カラオケで私が気まずかったよ!

やっとTierra終わった…
好きな曲多すぎだわ…

そして自分は進路、どうしよう。そろそろ答えを決めないとな…

ファッションリーダー!?

CDTVを眺めてたんですが、ええっ…HYDEがファッションリーダーぁ!?
しかも「男性が選ぶ」って…
そうなんだ!?
なーんか意外でしたよ…ビックリ。

HYDEセンスがいい…のかなあ。

HYDEが着てるから、可愛いし似合うっていう服装が多いような気がします。
まあ、同性の男性から見てファッションリーダーって思われるのは、良い事ですよね。でもビックリだ。
HYDEのライブも意外と男性が多かったし、男性にも人気あるんでしょうか。

そして流れたseason's callのプロモ。
あのHYDEは、長めの黒の衣装に短髪が可愛らしい~
若い!

思いがけずにHYDEが見られて、すごく嬉しかったわけです。
他の作業しながらテレビ聞いてたのに、驚いてテレビ凝視しちゃったもん。

しかも、過去のランキング紹介で1位に「snow drop」が!
金髪のhydeだー!!
リアルタイムなファンじゃないけど、懐かしい…

今日はついてました!見るもんだなあ~

やっぱりラルクは良いなあ。


テンプレートを変えてみました。
今までのは気に入っていたのですが、幅が狭くて文が見ずらかったので…
今回は明るめに、文も見やすそうなのを。

「Peeping Tom」の曲のイメージカラーは、何となく青、緑などの透明感のある寒色系なのですよ。雨とか、若葉とか…そして何となくヨーロッパなイメージ。
今回もやっぱり青系にしました。
あれだけ種類あるのに、なかなかしっくりくるのが無いのよね…

来月

来月の22日は、kagrra,の新曲が発売されるそうです。
公式で試聴ができるようになっていました。

夏頃に発売予定だったのに、延期になっていたんですよねぇ…
8月にkagrra,のライブに行く機会があったのですが、その時披露してくれました。
が!その曲は凄く良かったのです。耳馴染みがよくって良かったんです、んが!
…ちょっとどこかで聴いたことのあるような曲に聞こえてしまったんですよ…いいえ、私の聞き違い、という可能性も滅茶苦茶あります。一部ですが、どこかで聴いたような…いや、私だけかもしれませんが…
今、インスパイアなんていうのが話題だし、それが心配だったんです。
彼らには頑張って欲しいし…

そんな杞憂も、本当に杞憂に終わりました。
公式で試聴しましたが、あの時聴いた違和感は全く感じません。
良い曲に仕上がっています。
ライブの時の「納得が行かないから、良い曲にしたいから…」と言った一志さんの言葉。真摯なんだなあ…と思いましたよ。
前作の「誓ノ月」は、歌詞がストレート過ぎて、かつサビがあまり好きではなかったのです。歌詞は、『キン肉マン』なんてアニメのEDだったからかも知れませんが…ED聞きたさにキン肉マン、たまに見てました(笑)

でも今回の曲はかなり良い。
<和>の色合いの強い世界観には、相変わらず魅力的です。
切ない恋愛の歌…って感じでしょうか。
「うたかた」のタイトルそのままに、流れるように、寄せては返す波のような調べに乗せて歌ってくれます。これは、kagrra,曲の中でもかなり好きかも。
1曲通して聞きたいです。タイアップとか無いんかなあ。

しかしkagrra,の曲は、耳馴染みのいい物はホント良いんですが、そうでないものとの差が大きいかもな…

有り難いこと

お蔭様で、11月25日もライブに参加できそうです…!
これで先行に落ちたら…とか、一般発売の日は、朝からバイトで電話できないよ…などど悩まずなくても良いのですね!先行らしい先行では、ローソン先行特電でくらいしか取れたことが無いのですよ!それも今回は逃して(涙)
本当にありがたいことです。。。
良かった…


さて、今日はMステにクロマニヨンズが登場しました。
自分はあまり詳しくないのですが、友人がブルーハーツ以来ヒロトとマーシーの大ファンでして、よく話題に出るんです。
カラオケでも良く友人が歌っているので、曲の雰囲気や歌詞を見る機会は結構あります。
ヒロトの声は元気が出て、私も好きです。

CDTVは、過去ランキング等でラルクの古いプロモが流れたりするので観ていますが、先々週位にゲストライブで出てましたよね。
「タリホー」を演奏しましたが…凄いね。
跳ねるわハナクソほじって食うは、散々顔を動かすわ舌を出し入れするわ、
果てはマイク離れてドラムにからむわ、しかし歌は流れ続けるわで(口パクが丸わかり)
んもう衝撃でしたよ。初見でしたからね。

しっかしここまで自由だと、かえってカッコいいね。
気持ちの良い潔さだよ。
そして、本当に楽しんで音楽をやっているんだろうな、というのが伝わってきた気がしました。全く詳しくないので、偉そうな事は言えませんが。

トークがギリギリでしたなあ。友人が色々心配してた理由が少しわかったかも…(笑)
腹だしで威勢よく飛び跳ねてましたね。
今回は歌ってましたよね?

普段大人しい友人も、ライブでは諸手挙げジャンプで相当はっちゃけるらしいですが、なるほどね。
そりゃあ、はっちゃけるわな。
こんだけアツいものを目の当たりにすれば、熱くもなるや。
ライブではほんと、脱いだりして動きがもっともっと大変みたいですしね!

今度はNHKのポップジャムか…観ようかな。

一週間

今日で、ブログを始めて1週間になりました。
まだ操作がよく解らない所が多いですが、ブログに実験的に色々なアクセサリーを付けたりして楽しんでおりました(暇人…)

自分の周りには、ラルクについて語れる場が無いので、勝手に一人で語ろうか、と作ったブログ。結構発散になっている気がします。

自己紹介らしきものはほとんどないので、それも兼ねてラルクの曲で特に好きなものを挙げて見ようかと思います。

まず「flower」。これはもうウザいくらい語ってますので…
最高です。はい。

「All Dead」。
これは最近かなり聴いています。『Tierra』買った当初は「暗い…」と倦厭してピアノの前奏聴いただけで飛ばしてましたが、なんのなんの。
ピアノ(でいいのか?)と、タイトルそのまんまの暗い、そして怖い歌詞がまたいいんですよ。カッコいい。
こういうホラーチックな曲も良いなあ。物凄い情念の歌詞ですが…
そしてhydeの歌い方がホント色っぽいのよね…聴き入ってしまう。

「Blame」
これは出だしの低さからサビで趣きがガラッと変わるのが好き。
サビで一気に突き抜けてくれるので、気持ちがいいです。
そして演奏も好き。何というか、透明感があって凄く好きです。
間の楽器のみの演奏が、本当にキラキラしてて、爽やかで大好き。綺麗!
あと、ベースがとても心地いい曲です。
そしてカラオケでは、序盤低くて全く声が出ず、サビは高くて苦労する恐ろしい曲だ…つくづくhydeの音域の広さを感じるよ…

「Wind of Gold」
大人っぽくて、ちょっと寂しい落ち着いた曲。なんかお洒落な感じです。
晩秋~冬位の寂れた街?的なイメージがなぜかあります。
演奏も控えめで、hydeの歌が映えます。低音が素敵!
初期15シングル再販企画で、この曲の別アレンジが入っていたのでブルーリーを買ったのですよ。それが全然雰囲気が違ってビックリ。
ゴージャス!!「Many Kind of Percussion Mix」だもんなあ。
いろーんな楽器の音が妙に豪華に聞こえる。あと、管楽器も使われてますよね?
アルバムもこっちのアレンジも、どっちも良いです。

あ、『Tierra』語りみたくなってるな…
好きな曲っていっても、多いから困るのよね…
間違いなく長くなるので、お気に入り曲はまた今度も引き続き挙げてみます。

偶然にも

偶然にもGacktの『DIABOLOS』を見つけたので、借りてみました。
バイト先にもずっと置いてあるので、気になっていました。

元々、Gacktに興味はあったのですがそれ程聞いてないなあ。
アルバムは『Love Letter』位しか。
でも、私はあまりバラード調の曲が好きではないので…
ラルクでも、「あなた」などはあまり好きではないのですよ。
ゲームの主題歌の「REDEMPTION」は結構好きです。
そうしたロックな曲の方が、私は好きです。

まず、歌詞カード!う、うつくしいですGacktさん。
歴史好きの自分には、始めの方の貴族風な和服が特にツボ!!和服も似合うんですね!Gacktは大河で謙信やるし、これは楽しみ~☆

静かなピアノの美しいインストから一気に重々しい次曲に移り、内容はダークなのが多いですね。…似た印象の曲が多いように思ってしまう。
中では「Black Stone」が一番好きです!
出だしのギター、サビも良いけど全体的に明かるめなのがいい。
全体的に暗めだから、この曲が特に引き立つかも。
そして「Road」。これも良いな。
Gacktは自分的にバラードな印象が強かったけど、こういったアップテンポな明るいロック曲が好みです。
Gacktの声で暗い曲を聴くと、何か重くなってしまいまして…
でも、彼の声は好きです。
そして彼が「Black Stone」、「Road」みたいな歌詞を歌い上げるのが、何か意外性があって好きです。でも…やっぱりちょっと影のある歌詞なのね。。。

ドームのチケ

とりあえず25日の分を、e+の先行に応募してみた。
e+の先行で当たったことが無いけれど…
ぴあでも、なかなか先行の運に恵まれません。

今度こそ当たれ!! と言ってみる。
言霊信仰…

いいかげんLE-CIELに入ろう…
でも、今後の活動はどうなっているんだろうなあ。

天嘉も行ってみたいのですが、12月25日ってしっかり学校があるのですよ!
中高とかなら冬休みなのかな。
せめてな…自主休講してもいい授業の日なら良かったのに。
TETSU69出るんですよね!? 見たかったな…
hydeとかも来るだろうし…

…うまくいかないもんです。

flower

こちらの「音楽狂い」さんの記事から、今日が「flower」の発売された日だと知りまして、どうしても一言書きたくなってしまいました。

なんせ、自分の大好きな「flower」のリリースされた日なのですから。

もう10年も前なのですか…当時、自分なんてまだ小学生ですよ。その存在すら知らなかったかもしれません。妹の方が大昔ラルクファンでしたが、それはもっと後の話ですし(花葬辺り)。
それが今では、毎日でも聴きたい愛聴曲。墓場まで持っていきたいなんて思う程に、私には大切な曲です。

まず、何といってもイントロが素晴らしいです。
ギターの音から入り、それからドラムやブルースハープの音が加わる。ここの流れは、聴くたびについドキっとしてしまいます。

私はこのイントロを聴くだけで、胸が締め付けられそうな感覚になります。
甘いような、悲しいような、そんな不思議な感覚。
そして、ブルースハープとギターが、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれます。
小さい頃を思い出す、と言いますか。音的に懐かしいというか。
ブルースハープによって、一味も二味も味わいが増しているんじゃないでしょうか。

そして、ブルースハープの演奏が入る直前に、ちょっとギターの音が上がりますよね。
そこでギターの音が一気に広がるというか、ほどけるというか。
その瞬間が、もうとっても好きです。
L'Arc~en~Cielって、「虹」という意味を表すそうですが、ここは正に、彼らによって奏でられる音そのものが虹、という気がします。七色の虹のような、豊かな沢山の音の広がり、重なり。

様々な彩りを思わせる音の広がり。「flower」はそんな曲だと思います。

曲中でも特にギター。キラキラしてて、胸がどきどきしてしまうような音です。きれい!
また繊細なんですよ!
「軽やか」って言葉もよくあてはまると思う。
「flower」の曲で特に好きなのは、このギターの音です。

踊るような軽やかさに、柔らかな響きで本当に引き込まれます。
そして、何か懐かしい…


歌詞自体も好きです。
「叶わぬ思いならせめて枯れたい!」この言葉は特に印象的です。

叶わないくらいなら、いっそ枯れてしまった方がいい!
共感できる部分でもあります。

まあ、自分はまだこんな切ない片思いの思い出は無いんですけどね。
自分はどちらかというと、あまり歌詞で音楽を聞かない性質なのです。
メロディーが気に入ればいい、という気持ちが強いかな。

「flower」は歌詞がだいぶ素直で、hydeさんの歌詞にしてはわかりやすいと思います。
だからかな。曲全体がとても暖かいように思う。
hydeの声も、心なしか優しくて暖かいように思います。
初めは優しく、そしてサビでは強く。
hydeは高音も低音も、本当に良い声で大好きです。「flower」がこんなに好きなのも、hydeの声があるからです。
独特と言えば独特だし、ファルセットなど好き嫌いは分かれると思いますが(家の父は苦手だそうです…)、自分はすっかりはまり込んでしまいました。自分は、色気というか、艶のある声が好きです。hydeはまさにそれ。惚れそうに艶のある歌声です。

tetsuのコーラスが入る部分も好きです。
シングルでは、「hydeless Version」が収録されているのでtetsuの歌声がしっかり聴けます。てっちゃんの歌声は普段前に出てきませんが、なかなか素敵~vv
やっぱり、「flower」は曲自体が大好きなので、ハイドレスヴァージョンは歌声無しで純粋に音だけで楽しめるのが嬉しいです!
そして、普段隠れてるバックコーラスがしっかり聞ける…カラオケに近い感じですかね。

「flower」は、曲は明るめなのに歌詞は激しく切ない片恋の曲。ラルクらしいギャップと言いますか。

サビが凄く耳に残ります。
初めて聞いたときから、サビが頭から離れなかったですよ。
ベースとドラム。これと、「いつでも君の…」と歌うhydeの歌声。
これらが相まって、腹の底に響くくらいに大きな印象を残します。
「僕」の強い強い、「叶わぬ思いならせめて枯れたい!」なんて言うほどに強い思いが、凄く伝わってくる。

もう、そうです。全てが愛しいわけです。


プロモは…カラオケで初めて見て、滅茶苦茶笑ったなあ。
中腰でくねくねしてるのが妙にツボで…ほとんど歌えなかった思い出が…
黒髪短髪hydeが可愛らしいです。そしてウサギが可愛い!
ちっちゃい!!
てっちゃんは、このウサギにご執心だったようですね(笑)

「flower」は10月に発売されたというのは、何だか意外でした。
何たってフラワーだし、曲も爽やかだし~で、安直に春かと…

wikipediaにも曲解説があるけど、イントロについてのコメントが凄いね。
日本最高峰、みたいな。
自分の大好きな曲なので、こういうコメントはとても嬉しい!


今日の曲はもちろん、「flower」!
いえ、実際ほとんど毎日聴いてますか。
というか…聞きたくなっちゃうんですよね…

ラニバ

カレンダーですか。
去年も散々迷って結局買わなかったけど…
今年は15周年記念版?

今のカッコいいhydeもいいけど、昔のうつくしーhydeもいいよなあ…

なんて。

15周年box買っちゃったしな。遅いファンなので、やはり昔の記事や写真が気になったので。ライブあるし、今回も見送るかも。

ファンクラブに未だに入り損ねているので、ちまちまチケット先行などで取っていますが、25日分が取れるかどうか…既にぴあで落ちましたわ…
リクエストで曲やってくれるって、やはり2日両日行きたいしな~
ドームじゃ米粒ですけどね…そして今度こそflowerをフルで聴けないだろうか。


バイトでレジ打ってたら、ラルクのシングル買って行った人がいたよ!!
しかも「抒情詩」!
あーもーホント激しく話しかけたかったんですが!!

あー誰かと語りたい…周りに誰もいないんだよね…
「昔好きだったよ」って人ばっかなのですよ。

このところ

カレスをエンドレスで流しております。

ピアノなんですかね、あの前奏のリズムがホント心地いい。
またしばらくこの曲が頭を廻りそうだ…

「True」は名曲揃いですね。
自分は、「True」からラルクの曲を聴き始めましたが、このアルバムとの出会いは物凄く大きかったな。

そもそも、「るろ剣のED曲が入ってるから」なんて理由で借りてきたこのアルバム。キッカケがアニメかよ…

それまで1つのバンドないしアーティストのアルバムは、借りても飛ばし飛ばしで聴いてしまっていたのですが(飽きちゃって…)、このアルバムは自分にとってかなりの例外でした。
自分には、初め全曲のイントロだけを聴く癖があるのですが、その時点で「何か良いな」と思って、通してみたら自分の好みの曲ばっかり。
それまで、アルバムでは自分の知ってる曲や有名なのを拾い聞き(?)してばかりいましたが、これは全く飛ばす気になりませんでした。

これが、ラルクが気になった初めての瞬間かも。

音楽なんて、それまで全く聞かなかったし、もちろん全盛期のリアルタイムなファンでもない(2003年頃ですから)ですが、良い物は良いのね。そして何年経っても色褪せないって、この事なのね…!
しばらくしてから、ラルクのCD買いあさりましたよ。

カレスとthe Fourth~と、風にきえないで、Lise and~と、I wish。そして何といってもflower。これらが特に好きでした(ほとんどじゃん)

「True」のイメージが強すぎて、そして好きすぎて、次に借りた「Heart」を聴いたとき「暗っ!」なんて思って好きになれなかったなあ。今じゃ大好きですけども。
自分にとってツボな曲ばっかの「True」にまず最初に出会えたから、ラルクに興味を持てたわけです。そういう意味では、凄くついてると思う。
それに、ラルクで音楽に興味を持ったから他の色々な音楽も聴くようになった。

flower、これはもう…好きな気持ちが余りに大きすぎて…
Asia Liveでメドレーでやってくれたときにはマジ心臓止まるかと…泣きそうでした…
間違いなく、私の最愛の曲です。
flowerが無ければ、こんなにラルクにはまらなかったかもしれないなあ

「True」に関してはまだまだ語り足らないですが、この辺で…

『星の都』

なぜか図書館にありました。
レンタルにも置いてなかったのに…凄いよ公共施設。

シドの『星の都』です。
シドというと、初めて聞いた曲が「sweet?」で、サビと歌詞が印象的だったので、注目していました。ラルクと同じ事務所(?)ですし…

最近は、CDTVのエンディングやランク王国のテーマ曲になったり、テレビで聞く機会が多いように思います。
そして、雑誌で見て驚きましたが、随分とメンバーの皆さんのメイクや服装がスッキリしましたね!!以前の感じも好きでしたが。
全ての曲を聴いているわけでは無いのですが、ちょっと懐かしくて切ない曲が多いように思います。「御手紙」もいいね。

さてさて、『星の都』を通して聴いてみて、とっても聴きやすいです!!
ヴィジュアル系…というとなにやら仰々しくダークな印象ですが、これは全く。女性には特に聞きやすいんじゃないでしょうか。
「林檎飴」、「アリバイ」と続き明るい曲調の「キャラメル」ポップな「エール」、「星の都」、かわいい「刺と猫」など。どれも聴きやすくて引き込まれる曲ばかりです。
sakuraがアレンジに入っているんですって?それもラルク好きとしてはポイントですね~

歌詞、曲の雰囲気共に、女性に良いんじゃない?という感じ。これは多くの人に聞いて欲しいかも。

中でも、「sweet?」が好きかな。シドで私が初めて知った曲で、思い入れがあるのも確かですが。何か、働く女性の心理を良く描いてるというか…自分、こうなるんじゃないかな…なんて。
カラオケで歌って、友人に「しょっぱいよ!」と突っ込まれた思い出が…
それに私、アップテンポの曲が好きだしね。

マオさんの声も、艶があって好き。歌上手いですね~!!
少し息が多めな声(?)で、hydeとはまた違った色気がある。
変に高いとか、そういうのは全然無くて、良い声。聴きやすいです。
そして演奏も上手い。
もっとシドの曲を聴いてみたくなりました。

とにかく、凄く聴きやすくて良い曲ばっかり!ビックリしました。

それにしても

昨日のミュージックステーション、なぜCaressだったんだろう…

いえ、大好きなのでかなり嬉しかったんですけどね!
凄くいい曲だから、たくさんの人にも聞いて欲しいし…(何様だよ)
今日もまだ、昨日の余韻でどっか気分が舞い上がってます。

そして昼に聞いたMISSONが頭から離れない…
廻るよ!CaressもMISSONも、踊れそうな曲だからな…
そういう雰囲気の曲、大好きです。

気分が浮き立つっていうか(うきうきするみたいな感じでしょうか)。

同じように踊りたくなるような曲として、「C'est La Vie」が挙げられると思います。
これも1回聞くと頭から離れなくなる~!
どれも歌詞は結構切ない(影がある)ですが…

メンバーがすんごい楽しそうにこの曲演奏してる映像とかあるんですって??

み…見たい…

MISSION

前回はソロについて云々書きましたが、やっぱり好きなので今日も聞いています。

今日はHYDE 『FAITH』 より 「MISSION」。

耳馴染みが良いというか、出だしのギターから引き込まれてしまいます。
そしてHYDEの低音…素敵です!
低音から高音まで、サビの部分の声の伸びが凄くて、とても気持ちが良いです。自分もカラオケで友人の迷惑も考えず歌ってしまいます(笑)。
No walls~ の辺り。ストレス発散~!

しかし、じっくり歌詞を見てみると、なんとpeaceableなんでしょ!
恥ずかしながら、ずっと聞くだけで歌詞を確認せず、大阪城ホールでMISSONを聞いて、みんなで歌う時に歌詞がよく解らなくて困った思い出が…
それから歌詞を見てみたのですが、凄いね。

人種も、血液も、遺伝子も、関係ない。信仰も好きでいい。
銃をギターに、世界は一つ。

おおお…
「All Dead」などからは全く想像も付かない歌詞世界。
「COUNTDOWN」でも、平和の願いを込めて…と言っていましたが、なるほど『FAITH』。ダークなイメージと、こんな明るいイメージと、両方を併せ持った人なのですかね。
また、その多様さが魅力だなあ。

ともあれ、「MISSON」はHYDE曲の中でも3本の指に入るくらい大好きです。

Come and dance witn me!

君が

Mステにラルクが出る、というのを知ったのが昨日の夜…(遅っ!)
自分の情報収集能力の低さに呆れながらも、一気にテンション上がりましたね!!

ラルクが!ハイドでもケンでもなくラルクの4人が!!!
ホント、今年はラルク関連の動きが活発だったけど、本人達はソロ…って感じだったからな。嬉しくて、眠れなかった(笑)毎日少しでもラルクの曲は聞いてるけど、やっぱり本人達が見たいよね、って事で。しかも聞けば聞くほど本人達が気になってくる。

ラルクを好きな大きな理由の一つに、hydeの声、ってのがあるから、ソロの中ではhydeに一番注目していました。もちろん、hydeの作る曲も凄く好きだし。

でも、ソロではここまでテンション上がらないのですよ。
ソロはソロで良いです。個々に活動して、それぞれの個性が自由に表現できるのだと思う。もちろん、個々のソロも好きです。

しかし、私はソロを見るに付けて曲を聞くにつけて、どんどん「ラルク」が恋しくなってしまう。HYDEライブでは、やっぱり私はラルクが好きなんだな…と強く感じてしまった。当然ですが、ソロとラルクはつくづく別物なのですね…良い所もたくさんあるのだけれど。

Mステ本番…
4人揃っての登場。もう何だか嬉しくて嬉しくて。
ランキングにHONYが出たとき、hydeの恥ずかしそうな感じが可愛らしかった!
曲に関しては、何が演奏されるか自分は全く知らなかったのですが、なんとCaress of Venus!!甦るAsia Live!
自分が始めて行ったライブで、2曲目にきた曲ってだけでも思い入れがあるけど、私は本当にこの曲、好きなのです。もうイントロ聞いただけで心が躍るよ!

何だか泣きそうになった。この4人が作り出す音楽って、良いなぁ。
やっぱり、改めて大好きだ。
てっちやんが飛び跳ねてて可愛かった。そしてユキヒロさん、出だしのドラムの打ち込みが、カレスにしては珍しい感じでしたか??(音楽に詳しくないので何とも言えません…)hydeの余裕を持たせた感じの歌い方も、気になりました。後半良かったですけど、前半が少し。そしてユキヒロがなんか気になって気になって。今の髪型、好きです。hydeも長めの髪が素敵!ケンも黒服がカッコよかった。

11月のライブ、25日も行けたら行きたいけれどチケが…ね。どうなるか。
26日は確実だからまだいいか。それまで、また楽しみに待っていよう。
今回の登場で、私はたくさんの元気をもらいました。

今月もこれで頑張らなきゃ

今日から

今日から、ブログを始めることにしました。雲隠と申します。

ラルクのネタをこっそりメインにする予定です。
自分、ラルクが大好きなのですが、周りに全く同好の方がいない…!
余りに寂しいので、一人で語ってみることにします。
それと、自分の気になった音楽について…
主に、V系の音楽が気になっています。

まだまだファン暦は浅いし、音楽に興味を持って日も浅いのですが。

長く続けられたら良いなあ。

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

09 ≪│2006/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠