FC2ブログ

新年会

今日は新年会でした。

月曜日はいつもゼミですが、今日はそのゼミ終了後に皆で新年会。
本日は、月に一度の沢山の学芸員さんを交えてのゼミで、学芸員さんともご一緒させていただきました。
昨年は忘年会でしたが、今年は先生が忙しいために今日まで延びてしまいました。

古い農家の一軒家を借り切って、囲炉裏を囲んでの新年会。

雰囲気がとてもいいです。

当方は毎日氷点下を超える寒冷地ですので、そりゃあ寒いです。
同じ市内でも、山の都市なので端に行くとそれだけまたぐっと寒くなります。またね、駐車場からの道が、坂道の上に前面氷が張っていてスケートリンク状態。怖かった…
それが、板の間に円座と、暖は囲炉裏とストーブ2個。
部屋から出るだけで、冷凍庫のような(つまり外と同じような)寒さです!
古民家だからまた防寒対策なんて無いしね…

でも、お酒が入ったり皆で料理を回すうちに、寒さなんてどこへやら。
そしてまた、囲炉裏っていうのが暖かい!
赤々ともえる炭火と、岩魚の焼ける良いにおいが立ち込めます。

明かりも電球が2つあるだけで、少々暗めなんですが、それもまた良いんです。
心の中まで、あったかくなるような色合い。

なんだか懐かしくなるような会場でした。

料理も、ここの地の物ばかりです。
おかみさんが畑で作ったものばかり。蕎麦だって、蕎麦や小麦からみんな手作りだそう。アラレのもち米も!
どぶろくの甘酒、小芋、山芋、野沢菜漬け、蕎麦、蕎麦サラダ、赤カブの漬物、ニンジンやセロリのスティック、あられ、茶碗蒸し、山菜天ぷら、キノコと芋や野菜なんかを煮た汁、干し芋と林檎などを固めたデザート、お焼き、岩魚…

食べすぎです!

どれも珍しく、そして優しい、懐かしい料理ばかり。

中でも、岩魚が絶品でした。
ずうっと囲炉裏であぶっていて、締めの蕎麦を食べる直前くらいまで焼いていました。
地元は関東で、そりゃー田舎ですが、さすがに川魚は食べません。
以前、サークルの男子がツリボリで釣って来たニジマスを食べた事がありましたが、どう料理しても泥臭くて美味しくありませんでした。
それ以来、川魚にあんまり良いイメージは無かったのですが、これは全く。

身がふっくらしていて、頭からシッポまでほんと美味しかったです!
こんなに美味しい物だったんだなあ。
田舎育ちの友人が川魚が好きだと言っていた理由が、わかった気がしました。

先生を囲んで、学芸員の先生方やゼミの学生、そして卒業生まで。
こういう経験は、やはりこの学校で、こういう先生だからこそ出来るのかもね。

私は、入学が決まった瞬間から、この学校を早々に出ようと思って休学やら再受験やらを考えていました。
だから、再びこの学校に戻ってしまったとき、自分はやはり全く学校に愛着がもてなかった。
ゼミでも、元々苦手だった先生だったから、毎日が嫌で嫌で、それこそ鬱のようだった。勉強や分野を、楽しむ余裕も持てなかった。
つまらない、ってそればかりで、踏ん張れない。そんな自分の弱さが招いた自分の「つまらない」学校生活だった。

でも今、ふと考えると、ここでしか出来なかった沢山の経験をする事が出来たんじゃないかと思う。机上だけでなく、この長野、松本という地の利と人数の少なさ、そして先生の名前のお陰で、実際に自分の足で動いてみる、参加する学問が出来たのではないかと思う。

結果的に、自分は学校に愛着はもてなかったけど―第一志望の学校に未練が無いわけではないけれど。


全く脈絡無いのですが、最近思う事は、
人生には、正解は無いんだ、という事。
だから、様々な岐路に立って、こんなに迷うんだろう。
どんな風になってもいいし、何をやっても良い。制約は当然あるけれど。
皆、自分の道を模索しているんだろうな。
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠