FC2ブログ

忍びのさがと運命

ちょっと前から読み始めた本、山田風太郎の『甲賀忍法帖』。

久しぶりに陰陽座の「甲賀忍法帖」を聞いていたら、この小説を読みたくなりました。
小説の存在は勿論知ってはいたのですが、山田風太郎の「忍法帖」シリーズというのは、なんというか…エロだという話を聞いていたので、手が伸びなかったんですよね;;
でももういい大人な年だし(笑)、評判がかなり良いので、読んでみることに。
書店で見つからなかったため、古本屋で調達してきました。

開き時間にちょこちょこ読む程度なのでまだ半分くらいしか行っていませんが、面白いです。
登場人物が恐ろしいくらいに個性的。奇人変人入り乱れる大合戦。ついつい先が気になってページを繰る手が止まらない。どんどん読めてしまいます。
「忍法」というよりも、特殊体質の人間という印象かな。各々ビックリするような技をお持ちです。
そして、思ったよりも’大人向け表現’は大丈夫でした!(笑)

伊賀、甲賀とおなじみの忍びの里を舞台に、両郷選りすぐりの10名の命懸けの攻防戦が描かれるのですが、その発端として徳川が絡んでいるわけです。
どちらの里が勝ったかで、徳川幕府の後継者も決める…という寸法らしい。有名な春日局や、竹千代と国松とのゴタゴタですね。
史実を使ってくる辺りも好み。なんとなく物語に説得力が出る気がします。大きい歴史の流れに関係してる、とすると、わくわく感も高まるし。

しかしな、こんな人間ムリでしょ(笑)
山田氏の発想に脱帽です。

まだ途中なのですが、最初のほうの場面で印象的なのが、甲賀弾正と伊賀のお幻との戦い。
2人とももう高齢…おじいさんおばあさんでして、互いの里の長なのですが…悲しいんです。
過去は互いに惹かれあう恋人同士だったのに、ここに来て争わなければいけなくなってしまった。しかも、相手の息の根を止め、徹底的に倒す、という形で。
そして、いざそうした状況になると、忍びの血がそうさせるのか、互いの命を取る事を全く厭わない。

壮絶な最期でした。


休戦状態だった両里ですが、10名として選ばれた忍び達は、互いの力を比べたいようで、むしろ進んで戦っている向きがある。
そこに見える、登場人物たちの思いもまた悲しい…。

登場する女の人たちがカッコイイのですよ。強くて綺麗な女の人には憧れます(笑)


この作品は『バジリスク』という名前で漫画化もされましたね。一時本屋でよく見かけたので、人気があったんでしょう。アニメ化されたくらいですから。結構前から気になっていましたが、甲賀忍法帖が原作と知ったのは、割と最近でした…読んでみたいなあ。
「バジリスク」という名前も絶妙。「見ただけで死をもたらす力を持っている」という伝説の蛇を指すようですが、不思議な瞳と、恐ろしい眼術を持つ主人公2人をなぞらえたんでしょうかね。
アニメ版も結構評判が良かったような。

この、アニメ版のOPが、陰陽座の「甲賀忍法帖」でしたね。
陰陽座のリーダー・瞬火さんは山田風太郎の大ファンらしく、歌詞に登場人物の名前を織り込んだ、「甲賀忍法帖」を知っている方なら、思わずにやっとしてしまうような作りです。ちょっと見てみると…

「下弦の月が朧に揺れる…」

冒頭の一節ですが、登場人物の甲賀弦之介、そして、伊賀の朧…この2名の主人公達の名前をあしらってますね。

「宿命られた二人を葵闇が裂いても…」

この2名を引き裂く、「葵」…すなわち徳川。物語を読み込んでいます。

外にもあると思いますが、ぱっと目に止まったのはこの位ですか。

綺麗な女性ヴォーカルで、メロディーがすっと入ってきて、一度聞いたら頭から離れなくなるような、誰にでも聞きやすく好まれる一曲かと思います。


ついでに、仲間由紀恵とオダギリジョーの主演で、『SHINOBI』なんて映画にもなっていましたね。この映画はちょっと…
時代物だし、主演の2人は割と好きなんでDVDを借りましたけど、どうなんだろうなー;;難しいところでした。話もかなり違うし、弦之介の性格も違う。夜叉丸は結構好きだったけどね(笑)


息抜きにはなかなかいい小説です。エンターテイメント。

でも、やっぱり亡くなる登場人物が多いので、それは辛いところなんですよね。
救いようがない!



****************************************

そして読了。

なんたるトーナメント戦。
生存者ゼロの壮絶な戦いでした。これがまた、結構意外な最期を遂げる場合が多い。
案外、その最期はあっけないという印象を受けるかもしれない。

そして特筆すべきは、山田風太郎の文章の書き方かな。
時には淡々と、そして、緊迫した忍び同士の戦いの時には、実況風の語り口。講談、弁士…の語り口って聞いた事が無いんだけども、そういう語り方に近いものがある。
だから、息を呑むような場面展開と、実際にその場に立っているようなスピード感を感じるのかも知れない。


そして個人的にね、薬師寺天膳が許し難い…!!!

朧に何をするか!!
そして、こーのサディストおおお!
「女のような…」ってあるから、割かし美しい人物かもしれないけど、美形すきだけど(笑)コイツは許せん!!ほんとにもー許しがたい!



祖母と同じ道を辿ってしまった朧。
祖父と同じ道を辿る事となってしまった弦之介。


来世では、一緒になれたことでしょう。


甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉 (講談社文庫)甲賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈1〉 (講談社文庫)
(1998/12)
山田 風太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠