FC2ブログ

おめでとう、と言う事で

20080430235650
知人が結婚したそうです。

2人とも知り合いなので、自分の身の回りで身内以外では、初めての既婚者に…

旦那の方は同い年で、相手は先輩。…結婚なんて、今のところ自分には考えられんわー。
でもなんとなく、私まで幸せな気持ちになりました。

お嫁さんになった先輩の方に届ける物があったので、一緒にカードも送る事に。

白の和紙で、白無垢のお嫁さん人形を作ってみました。

…でもちょっと、白装束の死んだ人っぽく見えるか…?

地味ですが、友禅和紙を着せると普通の着物着た女の子みたくなってしまうから、ダイレクトに「お嫁さん」とわかるのはコレかなぁ…と。
綿帽子の下は、一応日本髪を結ってます。

白無垢や綿帽子の形も構造もよくわからんので、適当です(-ω-;)一応ネットで調べはしたけどね。

お金はかかってませんが、手間と愛情は篭ってます(笑)先輩には世話になったからな。

久しぶりに工作して、楽しかったです♪

スポンサーサイト



ブクログ

ブクログを始めてみました。

この忙しい時期に何やってんだ…。はい、もう、逃避以外の何物でもないです。
最悪じゃん…

以前から色々な所で見かけ、興味はあったもののなかなか…ね;
自分の腰の重さは尋常じゃない、、、単なるグズですな。
つい最近、友人から気になる本を紹介してもらったので、何かにメモしておきたいと思ったのが切欠ですか。
なので今の所、読んだ本の記録というよりも、読みたい本のメモになってます。
最近時間無くて、本が読めてないからな(涙)もう、貯まる一方です。

表紙が一同に表示できる機能、いいな…
こう、変にコレクター魂のある人間にとっては、何か燃える…(笑)

同じ本を登録している人の本棚を覗けるのもいいね。
面白い本が見つかりそう。レビューも読めるし。

その他、お気に入りや、勿論L'Arc関連なんかも含めつつ、ちょっとづつ増やしていけたらと思います。

届きました☆

会報が届きました。
こういうモノなのであんまり内容を詳しく書くのもどうかと思うので、軽く…

KISSツアー特集、といった向きで、楽しかったなーなんて懐かしい思いで読みました。
裏表紙が目にイタイ(笑)だからー、このロゴ、グロテスクだってんだ(笑)

会報って良いですね。オフショット的な写真が満載で、たまらんvv
雑誌でカッコよくきめた写真もすごく良いんだけど、普段の彼らというか…ああ、みんな人の子なんだな(一体)っていうのが感じられて、親しみがわくかもしれない(笑)
それがまたかわいーんだ。

ハイドさんにほんと、癒された…

なんだかんだで最近試験が近くて、焦ってイライラしたり図書館で何時間も篭ってみたり、なかなか寝付けなかったり、よろしくない状況が多々ありますが、なんだかこの人の姿見てると、ちょっと元気が出てくる。

このところお金が無くてL'関連の出費を抑えたり、別のバンドのライブに行ったりしていたので、ラルクからちょっと離れていたけれど、やっぱりいいな。
ハイドの姿を、笑顔を見ただけで、一気にぐっと気持ちがL'Arcに持ってこられてしまうんだから、すごい威力。他メンバーも勿論大好きなんだけど、自分の中でこの人は、別格なんだろうなあ…
やだこれ、片思い?(痛)

6月が本当に楽しみです。


それとちょっと感想を…

[More...]

それは否定できない

「もうさ、くもがくれサン(私の苗字)、略して “オッサン” でいんじゃね?」


友人から頂いた一言。


…否定できねーな

もう小学校からの付き合いの友人なもんで、話にも遠慮が無い。…元々オモシロイ子なんだけどな。
最近は気まぐれでスカート強化週間(何だそれ)で、一週間にこんなに無いほどスカートを着用&ヒール&アイメイクがんばってみました、な出で立ちで友人と会ったもんだから「彼氏できたの!?」なんてビックリされたんだけど。 (それもどうかと思うが)
ああ、でもスカートが結構楽だと言う事を知りました。私の人生、制服以外は98%以上はジーンズ生活だったので、知らなかったわ。

まあー今は自分に精一杯で、イロコイどころじゃないんで縁遠い話ではあるんですが。
中身が全く変わってない…むしろオッサンだから駄目なんだという話になってそりゃーだめだろ…という結論に至りました。なんだそれ。
この一言は、結構的を得ているような気がして逆に感心したね(笑)ダテに付き合い長いだけないじゃないか(笑)

家族によく言われるのは、「お姉ちゃんじゃなくて “お兄ちゃん” て感じ」
いい加減でズボラだからか。それもどうかと思う…

でも否定できませんわー。多分、態度とか仕草はメッチャ色気が無いと思われます。
色々と気にしていない…という自覚はあるもんな。そして思うに、末梢神経までしっかり神経が行っていないので。
でもほら、女々しいよりいいじゃないか!!(ヲイ)


細やかさは身に付けたいところです。


その他に、脱ヲタだの何だの意見が出たのに笑った。
最近そっちは薄いですよ。なんだか、L'Arc辺りから音楽に傾いてきているので、イベントもライブに変わってますから…でもまあ、OFFでは公言していないので、皆昔のままの趣味だと思っている事でしょう。


それにしても、今週、2回もカラオケに行ってしまった…
久しぶりに会う友人だったし、わざわざ電車で何時間もかけて来てくれる子もいたので、つい…

べべ、勉強どうしたんだよオマエ…


しかし、誘ってもらえるのは嬉しい事です。
高校の頃の友人で、今春就職した子も、「ストレス貯まって仕方ないからGWに一緒に行って!!」…って
うーむ、、、、とっても嬉しいんだけども、カラオケも好きなんだけども、時間がなあ。。。

ともかく、社会で頑張っている皆さんを見習って、自分は勉強頑張るよ。

図書館

近場の大学の図書館で勉強をしているのですが、大学によって並んでる本のジャンルもかなり違うもんなのね。当たり前だけど。

最近利用させてもらってるのは、公立の経済大学。
四階建ての立派な図書館ですが、ワンフロアーが全て法律・経済関連の書籍なのにびっくりしました。すごい!さすが経済大学だ。
ずーっと文学関連の方面の勉強しかしていなかったので、この類の本を見るのが珍しく、タイトルを見て歩くだけでも面白いです。今自分が勉強している内容には、丁度良さそうな本ばかり。

私は地方だけど、地方の国立にしては多くの学部を持っている大学だったので、理系から文系まで、図書館もそれなりにたくさんの分野の書籍が並んでたかな。逆に、学部が多いからどの分野も中途半端な感じが否めませんでしたが…
まあ…もう良いんだけど、うちの大学の図書館は、最低レベルだったと思うな。国公立の中では。歴史関連の本だって、全く大学の図書館に揃っていなかったもんだから、市立図書館まで行ったり、果ては地元から取り寄せたりしてましたからね。酷かった。
他所の大学の図書館に行くと、毎回ショックを受けてました。だいたいうちの学校は、勉強する環境が整ってないじゃねーか!と…それは屁理屈です。

大学の図書館だけあって、私と同じ目標を持って勉強している人を多々見かけます。
よく、大学時代は図書館で、周りの受験生と共に頑張ってたけど、地元に引き返した途端モチベーションが下がって駄目になってしまった…という話しを、公務員講座の先輩の体験談として聞いていましたが、私はそういうのはあんまり無いですね。
だって、こっちの大学の図書館でも、同じ勉強している人が沢山いるからね。
一生懸命、同じ目標に向かって頑張っている人が近くにいるから、自分も頑張らないと、と、やる気が出ます。夜遅くまで開いていて、空いているのも良い。市立のものだし、市民はもっと利用しても良いんじゃないのかな…これを使わないのは勿体無い。大学側は、市民があんまり好きに使うのは良しと思わないのかもしれないけども。
チャリ10分圏内に、大学の図書館があるって素晴らしい…と、最近はつくづくそう思うな。学生気分が抜けないとか、そういうのはあるんだけど(笑) 「勉強するぞ」って気持ちになれる。


ついでに、数日前に市立図書館へ。
地元に戻ってきて、初めて行ったかな。相変わらず、視聴覚資料コーナーにはHYDEのポスターが…(笑) 私が職員になった時には、是非ともそのHYDEファンの職員さんとお友達になりたいわああwww(笑)
この日は、メリーに陰陽座、BUCK-TICK、そしてチャイコフスキーのCDを借りてきました。本が読みたいところですが、まだ消化してない本がゴッソリある上に、時間がないので…CDなら、勉強しながら聞けるからね。

詳しくは無いのですが、クラシックを聞きながら勉強するのがマイブーム。
シャーペン運びも優雅に(?)なります。がちゃがちゃしてないから、集中する時も邪魔にならなくてよいな。


なんだかもう、人生の半分は図書館で過ごしているような私…

キソは大切

基礎は大事だね。
さっぱりわからーんと思っていた数的処理の問題も、Ⅲ種レベルの問題を解いていたら、何となくだけど解けるようになってきてる。今更かよ。

でもほんと、基礎ってのは大事だね。
やみくもに難しい問題に当たってても駄目さね。これならできそう…という問題から、回答パターンを学ぶ事が出来たのかも。よかった。
お陰でちょっとだけど、自信もついた。

本命の試験日程が出ました。そして、募集人数も。
去年より、若干だけど増えてる…な。

今日から丁度、2ヵ月後。
相当焦るし、やっぱり勉強時間足りていないんだけども、とにかくやるぜ自分。しっかり自分。


L'Arc関連じゃースッカリ置いてけぼりですね。
何でも、もうツアーが始まっているそうで…早っ!

自分は6月参戦予定ですが、何を着ていこう…なんて、今からちょっと悩んでいます(笑)

SWEET ROOM

思えば昨年の6月。
初めての小さな「ハコ」で、初めて手を伸ばせば届きそうな距離で、彼らの公演を見た。
黒を基調とした‘いかにも’な衣装と、極度に彩色の少ないステージ、洒脱な曲に惹かれて、以降何度か彼らのライブに足をぶ事となる。

今回で、6度目になるかしらね。
3月に1stのフルアルバムが出て、それがとても気に入って最近もよく聞いています。
そのせいか、いつも以上に楽しめた。予習が万全…というよりも、「Sugarファン」として見られたからでしょうか。聞くうちに、見るうちに…次第に心を持って行かれてしまったように思う。どうしたもんか。

日本各所を巡ったツアーのシメとしての今回のワンマンライブ。
各地を巡ってた中では、自分は長野に参戦していました。こちらは他に4つ位対バンがありましたねえ。人が少ないのをいい事に、SIZNAさんのほぼ最前で見させて頂きましたが(笑)


開演まで、ずっとアルバムの曲が流れていて、15分押しでスタート。
シングル曲「Blossam」から。SIZNAが落ち着いていて(笑)、Lokiさんもあんまり動かないのであらっと思っていたら…次の曲からは一気にいつもの雰囲気へ。
SIZNAは、動いていないと何だか収まりが悪い気がしてしまう(笑)そして今日は、ひときわLokiさんが楽しそうで何より。
あっくんの髪形、TUSKさん(ZI:KILL)に見えた(笑)
すごい重たそうな、ボリューム出した感じの髪型!

ワンマンだとこうも違うもんなんですね。
自分は特に、いつもあまり人の入りが宜しくない地域で見ていたから余計そう感じたのかもしれないけれど、とにかく勢いも、パフォーマンスも、相当気合が入っている。

LokiさんのMCが好きです。低い声で、ぼそぼそとやるのが、低音好きな私にはたまりません(笑)そしてちょっと何か甘い事を言う(笑)よいね。
落ち着いている所も素敵です。「今日は盛り上がっていくぜイエー!」的なノリでないからね。そういうのも嫌いじゃないし、盛り上がって好きなんだけど。もっと落ち着いたノリ。
「最後まで楽しんでいってくだサイ…」と、劇場でショーを見るような感覚にちょっと似てる…のかなあ?やっぱりライブだからその辺の盛り上がりはあるんだけど。

デスボイスとかシャウト多用の曲は苦手で、Sugarの対バンでよくそういうバンドを見たけれど、やっぱりちょっと。何を言っているか分からないし、とりあえず叫んどけ、というような…会場は盛り上がってるんだけれど、自分は付いていけん。Laputa大好きですが、それくらいが限界かな。Sugarはファンの皆さんも年齢層高め、落ち着いている方が多いので、自分に合っているのかも(笑)

「食中毒を起こしても文句を言わないように」

…言いません(笑)

Sugarの曲は、初めて聞いたときから何だか耳馴染みがよかった。
それはやっぱり、彼らの楽曲にかねてより感じていた「ジャズっぽさ」…ジャズテイストなんだろう。
うちは父親が音楽をやる人で、ジャズもよく聞いていたから、自分も自然と耳にする事が多かった。Sugarの曲のは、それらに通じるものが少なからずあるから…何となく自分も惹かれたのだろう。
音楽に詳しくないのでジャンルもあまり知らないしわかりませんが、やっぱりSugarは「ジャズやプログレ…」の要素が入っているそうで(解説から引用)。なんか曲がお洒落だ…雰囲気がある。
楽器に全く詳しくない自分が初めて、楽器隊の演奏が好きだと思ったのは、このSugarかもしれません。始めは正直、ヴォーカルがあんまり好きではなかったのですが、これはこれで良いように思えてきました。暖かく包み込まれるようなLokiの歌声は、この演奏とよく合っているんじゃないかな。湿度を感じる楽曲と音と、人の体温を感じる歌声と、ね。

L’Arcの曲が自然…果てしなく続く大地や広い青空や光を歌うなら、Sugarは室内。窓辺から、揺れる薄いカーテン越しの光とか、暗く閉ざされた湿った密室…そんな感じ。
なんでL’を引き合いに出すかと言えば、やっぱり自分の一つの基準がL’Arcだから(笑)因みに言えば、こちらのドラム・篤人さんはラルクファンだそうです。


SIZNAさん相変わらずよく動く。どの曲が忘れましたが、SIZNAさんギターにキス…ってか、喰らい付いているように見えた(笑)かなり長い間唇を寄せていたような。ギターも上向きに高く掲げていてので、よく見えなかったけど。
頭をしきりに動かしているので、髪型も最後は崩れてきてましたね。今の髪型、かっこよくて好きです。

「Sleepy」
例のマイスペで聞いて以来、凄く気に入ってアルバムでも一番聞いた曲でした。長野では聞けなかったので、嬉しかった。やっぱり素敵。アルバムとシングルと、ちょっと違うようなので、シングルも買おうかと検討中。
どこかのインタビューで、SIZNAは「ライブでは音源以上のクオリティをお約束します」…というような事を言っていたと思いますが、ほんと、音源で聞くのと遜色ないですね。SIZNAさん安定してる。このイントロがとても好き。

「吐息めく湿度」辺りから激しめの曲が続き、盛り上がった所で一端終了。
「Candy」辺りだったか。Lokiさんの歌に凄く力入っていて、骨太な魅力。
見上げるほどに身長が高くて、体格もいいLokiさんだけど、髪型やら衣装やらメイクやら…やっぱり中性的なので、そんな微妙な位置付けだったんだけど、凄く男性的な力強い魅力を感じました。
Lokiさんのヒールの靴が好きです。膝下がちら見えする衣装がなんか良い。あんなに大きい男の人が履ける女性っぽい靴って、何処に売ってるんだろう(笑)

アンコールでは、まず慎吾登場。
殊に変わって、新しくベースの慎吾が加入してからのSugarを見るのは2度目。彼のMCは結構好きです。和む(笑)しかし小柄だな。
「一ヶ月間、皆と一緒に過ごして…メイクをしていない、ステージに立っていない普段のメンバーが知れました…」云々。
「怒られちゃうから言えないけど…僕以外は、みんなご飯をたくさん食べます。自分が終わった後も皆食べ続けていて」
「肉をよく食べています。肉食獣です」…あんな小柄な、あっくんもなのか(笑)
「今日は皆、たくさん笑ってくれますね!」…ちょっとビックリした様子。いつもは客席の反応薄いのか?
「早く出てきてといっているのに、いつも遅い…いじめかと思ってます」
慎吾MC後、あっくんコールに続いて、篤人登場。YAMAHAのカタログか何かに名前が載ったらしく、嬉しそうでしたが…名前が「篤」になっていたらしいです(笑)
次にSIZNA。
私、ここで初めてSIZNAの普通の声を聞いたよ。いつも裏声で、単語を叫んでいるのしか聞いた事がなかったので。最初はやっぱり裏声→続いて急に「業務連絡―」
ある方の解散ライブにゲストで出演するそうです。

「でっかいのは?」リーダーが見えないので、SIZNAヴォーカルで3人でLokiを呼ぶ歌を。「ロキ」じゃなく「ロッキー」…みたいになってたけど(笑)
即興で伴奏付き。なんか良いな。すごくミュージシャンっぽい。
Lokiが現れてもしばらく「ロッキー!」が続いたので、すぱーんとやられたSIZNA。「壊れたテレビ叩いたような気持ちになった…」

アンコールではメンバー紹介&それぞれのソロ。
ドラムがまたカッコよかったですね。あっくんスゲー…
SIZNAソロは、音を歌いながら?弾いていて、それを見守る慎吾&Loki…Lokiが非常にでかいので、慎吾の小柄さがよっくわかる(笑)
慎吾のベースソロ、これも凄かった。音楽はほんと詳しくないのでよくわかりませんが…でも凄かった。楽しそうに弾いてましたねー

アンコール2度目。
「月に啼き朝を哂う花と」
静かで綺麗なんだけど、あんまり聴いてなかった曲ですが…改めて聞くと凄く良い。特に、コーラス部分が素敵。
この場、この時だから、ってのもあるだろうけど。Lokiさんの感情の込め方が尋常でなかったような気がする。もしかして…泣いていたのか。
右の睫が落っこちてきちゃって、すっと頬の辺りにくっ付いていてのが気になってしまった。
Lokiの睫が気になったら負け…みたいな下らない事を考えていたけど、正直、声もあんまり出ていなかったけど、すぐにそんなのはどうでも良くなった。

ラスト、SE。
アルバムでは冒頭なのに、ラストでこれか…!SEとは言え、この曲はきらきらしていてとても素敵。

「共に手を取ろう」 「共に歩もう」 「共に創ろう」

「共に…」

そうか、これはLokiの思い。

「それだけを 望みます」


熱い思いが、言葉と音楽に乗せて、自分にも直に伝わってきた。

新しいSugar。3周年目の彼ら。
自分はその、ほんの少ししか知らないし、関ってもいないけれど、今回のこのステージは自分の見たこれまでで一番だった。素直に、「好きだ」と思えたステージだった。
ちょっと「良いな」と思っていたのが、確信に変わったような気がした。大袈裟だけど、今後のSugarを見届ける事に、迷いが無くなったように思う。・・・それはまあ、アルバムが本当に良かった、というのが一番の要因でもあるんだけど。ライブもとても良かったからね。

今後も色々と決まっているみたいだし、今度はなんと、私の地元でもライブをやってくれるそうです。試験が近いので無理そうですけど;;
これからの彼らが、とても楽しみになった一日でした。

せっかく行ったので、自分のメモとして書いておきます。


Sugarの視聴を貼り付けてみますか。

このゴテゴテしたメイクは凄いよな…好きですが。



セットリスト↓
SIZNAさんのブログより (こういうの良いのかしら…?駄目だったら後で消します)

2008.4.19 Sugar恵比寿LIQUIDROOM OneMan 『SWEET ROOM』 セットリスト

1.Blossom
2.苦悩と憂鬱に溺れて
3.JAM
4.malicious
5.rotten words for dear.
6.Memento-Mori
7.錆
8.骨と翅
9.凍え揺れる炎
10.新曲
11.咎人の空
12.Sleepy
13.消えない雨筋
14.swim like a butterfly
15.吐息めく湿度
16.媚薬
17.Ridicule
18.自腐
19.Candy

En1.
20.男娼と黒猫 (ドラムソロ)
21.悪の華咲く夢の又夢 (ギターソロ)
22.in pain (ベースソロ)
23.ベリー

En2.
24.月に啼き朝を哂う花と
25.Brand new World

満腹です

20080419223613
国立博物館まで薬師寺展を見に、そして夕方からはSugarのワンマンライブへ、と二本立ての一日でした。

東博は久しぶりに来たね。常設展示だけでも物凄い見応えだけど、薬師寺展も期待以上に満足できました。
仏像ファンなんで、有名仏像を間近で拝めたのが良かった。しかも、ガラスケースに入ってないから、全方面から見放題。日光・月光の背中に惚れた…

あんまり調べずに行ったら、なんと吉祥天も来ていてビックリ。うわぁぁ豪華だ。観音3体だけでも満足だったけど、吉祥天まで見られるとはね。こちらの絵画は初見だったので感激もひとしおでした。…して、その大きさにも度肝を抜かれた(笑)

続いて、5時過ぎに恵比寿へ向かい、会場のLIQUID ROOMへ。…博物館行ってV系バンドのライブってのも意外な組み合わせでしょうが…大いにアリだろ!

やっぱりワンマンは違いました。気合いの入り方も、歌声や演奏は勿論、動きも。
特にLokiさんが神懸かって見えた…むしろ壊れ…(笑)歌声が一層力強くて、男前な魅力を感じたな。
また色々と予定が決まっているようなので、楽しみです。

どっちもお腹いっぱいで、満足な一日でした。

写真は博物館の猫。
ごろごろしてた所をいただきました(笑)
この、コロンとした角度が可愛く撮れた(∩^ω^∩)

旧友からのお誘い

地元に戻ってきてしばらくの間、

「こっちに帰ってきたよ!」

というメールを地元の旧友達に出せなかったのは、まだなんとなく「地元に引っ越した」という事を自分で自覚しきれていなかった…認めたくなかったからだと思う。
二言目には「実家に帰りたい」と言い、帰郷時にこちらの友人と遊ぶのが楽しみで仕方なかったのに、おかしなものだ。
帰ってきたら、連絡してね…そう言われていたのに、なかなかメールが送れずにいた。


もたもたしているうちに、友人の方からメールが来た。

「もうこっちに帰ってきたかな?」

いつもの中学の時のメンバーで、集まろうというものだ。
よく6人で集まっているのだが、うち4人は小学校からの付き合い。中学では、一人を除く5人が、同じ部活で同じ苦楽を共にした仲でもある。懐かしい面々だ。

「みんな、くもがくれに会いたくて楽しみにしているよ」

常套句だろうが、やっぱり嬉しかった。
あちらでの生活に、後ろ髪引かれたまま…なんて所もあったのだが、こうして声を掛けてもらえると、「帰ってこられた」喜びを感じる。


私は学生の延長のような生活をしているけれど、友人らは既に新しい道を歩き出している者が多い。
そう考えると…
今の自分に気が引けてしまう。
立派に歩き出している友人と、いつまでも進めない自分と。
これは自分で決めた事だし、ここは通したいと思った自分の意志だ。
そして、何より。こうしていられるのは、それを許してくれた親のお陰。やらなくては。

社会人が更に増えたいつものメンバー。
予定が合わず、結局来月に延期になってしまったけれど、久しぶりに会えるのがとても楽しみです。


そして、もう一つ。
月末に、大学の友人が、地元まで訪ねてきてくれるそう。
こんな所まで…近いっちゃ近いけれど、何も無い土地なのに。
カラオケに、この近辺の史跡巡り(笑)泊まって行けるそうだから、部屋がカオスなので片付けないと!

やっぱり、友人がこうして声を掛けてくれる事って、本当に嬉しいものです。
こういう繋がりは、本当に大事にしたいです。




そう言われると…

ふぬう。
どうしたもんか。


今回のツアー、自分は始めから一日分しか申し込んでいないし、それでいいと思ってたんですよ。
だって6月って試験も始まってるし、忙しい時期だから。
それにお金もかかるし―今はバイトも出来ませんからね。一番安くて9000円っつーのは、やっぱりでかいっすよ。
これ、自分は大学生でバイトもしていたから出せたけども、高校生以下の皆様は何処から捻出するんだろう…自分の高校はバイト禁止だったから、余計そう思うのかもだけど…。

そんなのは良いんだけど、なんと妹。
友人から最終日取ったから~と誘われて、一緒に行くらしいのですよ。


っつーことは、

妹。
私と一緒に行って、3日にも友人と行って…

2日間参戦ですと!!!!

な、なんかスゲエ悔しいんだけど…(笑)


遊んでる暇なんて無いけど、公演日近くになったらば、やっぱりチケット探しちゃいそうです;;
お金…貯めとくぞ(笑)

マイスペに登場!

my spaceにL'Arcのページが登場したらしいですね。

たまたま行ったら、偶然Topに「ラルク」の文字を発見しました。
実は、結構前からすんごいテキトーな感じにマイスペに登録していたのですが、友達申請してみようかな。

自分の好きなバンドがかなり登録されていて、曲が色々と視聴できるので重宝していました。
英語が苦手なので、ちょっと抵抗があるんだけども(笑)
XやYoshikiは勿論、Sugar、ムック、heidi.もいるし…。会員登録しなくても良かったのですが、ページ巡るのが面倒なのと、フレンド表示が楽しそうだったので。
そんななので、私のフレンドリストはほんとにヒドイですよ(笑)
趣味丸出し!
VAMPSも勿論、フレンド登録しているので、ラルクと並べて表示させたいなvv


早速行ったら、懐かしい「HONEY」の曲で迎えてくれました。
デザイン凝ってるねー。今回のツアーがテーマなのかな?特設ページを見ていないので、何とも言えないけど…ガーゴイルがなんとなく懐かしい(笑)
宝探し(?)っぽくて良いわね。


しかしログイン出来ないのは何故だ…(パスワード紛失)


夜桜会

20080414235641
昨日は無事、相棒(自転車)を迎えに行って来ましたよ。こっちでも乗るさー。

城の周りは、桜が満開でした。

毎年恒例の夜桜会が、ちょうど昨日から開催だったようで、門の中に入れましたよ。
お掘りの周りから本丸庭園と、ぐるっと廻って来ました。

まさか今年も見られるとは思ってなかったな。
掘の周りは、桜のアーチのようになっていて、いい具合です。
やっぱり城と桜はいいな。

あんまり時間もなかったけれど、和紙屋の猫と犬にも会ってきました。これでしばらく会えないから、お別れを…(´;ω;`)お店の方とも仲良くなれたのに、ほんと名残惜しい…

これでしばらくは、あちらに行く事も無いでしょうね。
まだ、気持ち的には、明日にもあっちに戻るような気がしてるんだけどね。
うーん…

自転車を迎えに

例の城下町に向かっています。

数日ぶり…ってのもおかしなもんですが、30日からだからジャスト2週間ぶりですか。たいして間が開いてない分、まだ完璧に本拠地を移したという実感が無いんです。おかしなもんです。

今日は私の一人暮しの相棒でありマストアイテム(何だそれは)だった、自転車を迎えに行ってきます。引越し業者に頼むと、5000円近くUPだったので…別に車で行く事にしていました。

元々中古で買ったし、その上5年も乗ったもんだから、もう相当年季入っちゃってるんだけども、物凄~くお世話になったので手元に置いておきたいんですよ。自転車屋のおじさんに一生懸命直してもらったしね。
自転車には、毎日お世話になっていましたよ。通学、買い出し、サークル、駅まで…自転車が無きゃ、生活に支障出まくりでしたよ。

あべこべなんだけど、何となく、ふるさとに帰るような気分…(笑)
地元は桜が散ってしまったけど、長野は今頃5分咲きくらいかしらね。あいにくの雨ですが、道中の桜が綺麗。

しっかし霧がすげーな

TAKUROさんにお花

平日に笑っていいとも見ちゃってる辺りがどうも駄目人間なんですけども…

今日のゲストはTAKUROさん。
あまりGLAYは聞かないのですが、この方の落ち着いた雰囲気は好きです。TERUさんの声があまり好きではなくて…
今度はもっとまともにGLAYを聞いてみよう。

この間の事もあるし、なんかHYDE絡みは無いか?…なんて思っていたら、後ろのお花に『HYDE』のもの発見。

おおー、やっぱり送ってたのね。
花も、いかにもな感じのちょっと変わったものでした。暗めの赤の花?葉っぱ?みたいなのが目立つシックなもので。洒落てるな。

他にも、氷室京介やら BUCK-TICKやら…なるほど。
ゲストで呼んでくれないかしら、なんて淡い希望を抱いていたら、全くカスリもしないお方になってしまいましたけど、まあ~hyさんは来ないでしょうかね。
でも、名前が見られただけでも何だか嬉しかったです(笑)


そんな今日は、久しぶりにDVD鑑賞で、クロニクル0を。
やっぱこんな綺麗な人おらんだろー。
長髪推奨派なもんで、このDVDとシェスタ辺りが特にお気に入りです。
目の保養(笑)


にゃらんの一人旅

にゃらんが可愛すぎる…

絶対犬派なんだけども、猫も大好きなんですよ。
一人暮らしの頃も、近所や学校の猫を追いかけてたし、実家にも隣りのおばさんちの猫がしょっちゅう遊びに来るので、最近は猫の株もぐっと上がってきてますよ!
でも…一番はやっぱ犬だけど(笑)

たまたま見つけて、付けて見たにゃらん(じゃらんのキャラクターらしいですが)のブログパーツ。
猫の「にゃらん」が指定した土地に、寄り道しながら旅をしていくもの。
各地の名所も見られるし、絵葉書を送ってくれる(笑)のがまた可愛い~vv

「雲隠さん、こんにちにゃ」
って挨拶も良い。かわいい!


こちら。目的地を岩手に設定したら、中尊寺から絵葉書を送ってくれましたよ(笑)


語尾の「なにょだ」はどうかと思うけどな。
「にゃん」でいいじゃん…

お土産は、南部鉄器の鉄瓶だそうで…
「首からぶら下げたトランクで」持ってきてくれたらしいけどさ、そりゃ重いでしょ(笑)

東北の歴史に興味があるので、この地方には特に惹かれます。
義経好きだったから、平泉はかなりの憧れの土地だったもんで、初めてこの土地に旅行した時はホント感動したなー。

今度は懐かしいあの土地、「長野」でいってみよう!にゃらんw
私も旅がしたい…

一人になって

若干落ち着いてきたので、一人暮らしのまとめのようなもんを、少しづつ綴ってみようかと思います。


大学で学んだ事と言えば、授業で学んだ学問も勿論そうなのですが、「一人暮らしをする」という事において物凄く多くの事を得られたように思います。
それは、勉強の中で得る知識とは違うけれど、更に大事な事…「生きる」と言う事、そのものを学べたんじゃないかと思うのです。
そしてもう一つ。「周りから生かされている」…という事も。


一人暮らしをする前は、それはヒドイもんでしたよ。
料理もまともにした事もなければ、家事全般殆どやらないし…とにかく、母親を始めとした家族に頼りっきりでした。
それが、大学入学と同時に、一人で暮らさなければならなくなる。
家事全般、移動も、なんやかんやの細々した手続きも、全部ひっくるめて自分でやる状況になる。
勿論、観光で1,2回訪れた事のある程度の土地だから、知り合いも親戚も全くゼロの、身近に頼れる人のまーったくいない状態だから、自分で自分の生活を作っていかなきゃいかない。
結構な冒険でした。

器用な人は、入学してすぐにサークルにでも入ったり、友人を身近に何人かこさえて情報交換が出来たと思うけど、私は入ってしばらくは、話せる友人を作れなかったから余計にイロイロと厳しかった思い出がありますね。
”一週間以上、学務係の人としか口をきかない!!”
なあんて事もザラで、いくら普段からお喋りな方ではないったって、さすがに会話に飢えてしまった…というのもありましたね。
やっぱ、ある程度は人と喋らないと、会話が恋しくなしました。


そうした諸々の出来事を通して、自分は、少しだけど強くなれた気がします。
ある程度の事は、大体自分で出来るようになったし、何でも自分でしなきゃ動かないから、行動力もついたと思う。
「一人で、なんとかやっていく」そんな力を得られたように思う。



そして、全く土地勘の無い場所で、一人になって、身に染みて感じた事は、周囲の人の温かさ。有り難さ。

先ほど、「一週間以上人と喋らなかった―」なんて話を書きましたが、その時には、地元の友人がわざわざ電話をくれました。電話は緊張するので普段専らメールでやりとりをするのですが、そんなメールを送ったもんでわざわざかけてくれましたよ…(涙)
そして何と、妹まで。妹こそ、滅多に電話なんてかけてこないですもん。

現地(?)の人にも、本当に良くしてもらいました。

学生で、お金の無いのを知っているから、いつもいつも破格の安さで自転車を修理してくれた、自転車やのおじさん。
チェーンカバーが壊れてしまった時には、汗びっしょりになりながら、サイズが合わないのを広げて、オマケに色まで車体に合わせて塗りなおしてくれた。…普通、チェーンカバー単独でなんて直してくれないでしょう;;しかも、一度は「買い換えでしょう」なんて言われていたのに…

買い物に行くたびに気にかけて声を掛けてくれた、スーパーのおばさん。
親しく声を掛けてもらって、買い物に行くのが楽しみでした。


アルバイトでも、沢山の方にお世話になりましたね。
2年と少し、自分の中では、最も長く務めたのも、とても居心地の良い場所だったからですもんね。自給は激安の割りに仕事内容が煩雑でしたが、それでもとても楽しかったのは、店長職員さんを始めとして、パートさん、バイト仲間が、皆さんいい人ばっかりだった。
引越しの時には、いいダンボールを選り分けて取っておいてくれたり、風邪で寝込んで、ダウンした時には、心配して電話を入れてくれたり…寝込んだときの電話は、ほんと物凄く嬉しかったな。一人暮らしで寝込むと、尋常でなく心細かったですからね;;

そして、よく行っていた中古CD屋の店長。行くと、「いつも有難うございます!」と声を掛けてくれる。
看板犬と看板猫がムッチャクチャ可愛くて、買いもしないのによく入り浸っていた和紙屋のおじさん&おばさん。

勿論、いつも気にかけて、娘のように可愛がってもらったゼミの先生や、一緒に学んだ友人、先輩。
サークルの皆。


挙げると、キリがない。
お世話になったり、良くしてもらった思い出ばかり。

一人になって、強く感じた事は、「自分一人で、生きているわけではない」…なんていう事。
周りの人がいて、周りの人に少しづつ支えてもらって、それだから自分は「生きて」いける。


多分、高校の延長で、そのまんま家にい続けたら、大体の事は「家族」で完結してしまったまんまだったと思うのですよ。それまでの自分がそうだったから。
何でも、とりあえず家族に頼って、そうすれば、何とか解決できたりして…やっぱり、その範囲で完結してしまうと思う。
それは勿論、近くに家族がいて、頼れるのならばそれに越した事はないし、頼るべき事も多いから、当然ですよね。

でも、実家からある程度離れたら…やっぱり、自分・家族・親戚以外の、「第三者」的な存在の力を、借りる事が増えるんじゃないだろうか。
それだから、余計に周囲の人の有り難さを感じるし、「一人暮らし」という心細さも手伝って、身に染みて「ありがとう!!」という気持ちになった…

と、思います。

良くしてくれた、見守ってくれた、土地の皆様に感謝!



そして、両親に対する思いも変わりました。

親…
いつも側にいて当然…頼って当然…

などという不届き千万、オマエ幾つだ、というような自分のしょうもない心構えを叩き直してくれたのも、一人暮らしでした。

こんな経験が出来たのも、沢山の事を学べたのも、全て。
両親がお金を出してくれたから、なのですよね。

大学に行けて、本当に良かった。一人暮らしをさせてもらって、本当によかった。

思い…と言うと、例えばこんなのが…
たまに帰って、車で駅まで送り迎えしてもらったり、買い物に連れてってもらう事も、感激するほど有り難く感じるようになりました。高校までは、それが普通…のように感じて、お礼も言わずに送り迎えして貰ってたのにね。
一人暮らしだと、車も無いのでなんでもかんでもチャリで用を足していましたからね。片道一時間くらいかかる店まで行ったり、重たい荷物を何とか苦心して家まで運んだり…それが普通だったので、実家に帰ってきてさーっと車で移動させて貰えるのが、ほんとに有り難く思えるようになりました。
…まあ、恩知らずな娘が、ようやく人間らしい心を持った…と言えばそれまでですが、一人暮らしが無きゃ、一生とは言わないまでも、しばらく長い間は恩知らずのまんまでしたね。きっと…


両親に、感謝!

『秘密』アニメ化

昨日は地元の大学の図書館で勉強をしましたが、今日は雨だったので図書館へは行かず、片付けを少々。ようやく部屋らしくなってきたのですが…
ブックエンドどこ行った!!物探しってのがほんと骨が折れます。


さてさて、清水玲子さんの漫画『秘密』がアニメ化。
ちょっと前に、『主人公がhyde似』(笑)なんて書きましたが、今日から動画で見られます☆

アニメ好きなので当然楽しみなわけですが…
声優さんを見て愕然としましたよ…

なんで関智一なんだ…

彼ってアツイ役のイメージが強いし、絶対薪さんのイメージと合わない!!
美形キャラの声じゃー少なくとも無いでしょう。のだめで千秋やった時も、違和感あったし。
千秋はまあ…
突っ込み入れたり叫んだりするコミカルなシーンも多いので、まあまあ良かったのではないかと思いますがねえ。

それでも薪さんはな…
頭が切れて、物静かな美青年。で、とっても厳しく冷たい印象のキャラなので、もっと静かな美声をイメージしていたんだけども。
じゃ誰が合うんだ?…と聞かれると困るんですが、中性的な声優希望だったかなー。
せきともじゃ明らかに男性、ってか少年ぽくなっちゃいそうでな…
上手い事は確かなんだけどね。個人的にあんまり好きな声質ではない事もあるけど。

ドラマCDでも谷山らしいので、それもまた合うんだか合わないんだか…
谷山サンって、やさぐれ声のイメージが強いし。

アニメになって動く、というのはとても楽しみなものなのですが、元々の原作ファンだと余計に自分のイメージが心の中にしっかりと出来ている分、キャラクターの声に違和感を覚えてしまうのよ。
ピッタリ!!…という事は、あんまり無いかなあ。


楽しみなんですが、ちょっと怖いな;;


アニメ製作はマッドハウス
デスノとかクレイモアとか彩雲国とかのところですか。
絵も綺麗だし、OP、EDも結構凝っていて好きな作品ばかりなので、その辺は期待していますvv


あと、OP曲がALvinoなのもちょっと気になる。
聞いたことは殆ど無いですが、ラクリマのコウジさんのバンドなので。

やや復活

30日から全くPCが開けなかった雲隠です。

いやー忙しかった。
そして帰ってきてからの実家の自室のカオスっぷりに涙。
これじゃ生活できないっちゅーねん。
私が一人暮らししていたおよそ4年半の間、布団部屋兼いらなくなった衣類置き場と化していたためひどい有様でしたよ。

お母さん…

そしてそれはまだ片付いてはいないんですが、机の上だけは綺麗になったので勉強を再開。
こんな事で時間取ってられませんもんね!
…しかしな、引越しで括った参考書やテキストやらが散乱してしまって、それを見つけるのも一苦労。
引越しってほんと大変だ・・・

またね、もとから実家の自室だって本がたくさんあるのに、その上に向こうで買った本が加わるわけで、本の山が恐ろしいです。本棚はもうとっくにMAX超えてます。飽和もいいとこです。

仕方ないので、昔の本をくくって物置に移動したり、多少は捨てたりしているのですが、その作業が恐ろしく面倒な上に進まないので中断しています…
まーどう考えても本棚増設しかないでしょうな。これは。
そのためには、部屋の模様替えも敢行せねばなりませんが、なんせ時間も掛かるので…まあ、中断ですね。


そして今日は、一人で桜を見てきました。
満開と聞いて、母校だった中学校から小学校を巡り、通学路だった路を通って、近所のお不動様の桜を…とぐるっと一周するようなコース。
久しぶりの地元、久しぶりの懐かしい風景。
校舎が建て替えられてしまったのもあるけど、概ねその当時の景色と変わっていない。
もう、中学校だって卒業して8年くらいは経つのに、その場に立つだけで、その時の自分に戻ったような気がするんだ。
そして、この桜の景色こそ、当時と少しも変わっていないように思えました。



どうして、ここには城がない?

当然だけどね。大好きな城の桜が、もう見られないかも知れないのが本当に残念です。
観光で見に行くにしろ、もうあの頃のように心行くまで、好きなときに好きなだけ見ることができませんもんね…
なんだかまだ実感が沸かないな。またしばらくしたら、長野のあの部屋に帰らなきゃ…なんて気持ちがある。まだ、あの土地での暮らしが近すぎて、こちらでの生活が、地に足が着かない物のように思える…


あんだけ「実家帰りたい病」の私がな。
天邪鬼なもんだ。

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠