FC2ブログ

キソは大切

基礎は大事だね。
さっぱりわからーんと思っていた数的処理の問題も、Ⅲ種レベルの問題を解いていたら、何となくだけど解けるようになってきてる。今更かよ。

でもほんと、基礎ってのは大事だね。
やみくもに難しい問題に当たってても駄目さね。これならできそう…という問題から、回答パターンを学ぶ事が出来たのかも。よかった。
お陰でちょっとだけど、自信もついた。

本命の試験日程が出ました。そして、募集人数も。
去年より、若干だけど増えてる…な。

今日から丁度、2ヵ月後。
相当焦るし、やっぱり勉強時間足りていないんだけども、とにかくやるぜ自分。しっかり自分。


L'Arc関連じゃースッカリ置いてけぼりですね。
何でも、もうツアーが始まっているそうで…早っ!

自分は6月参戦予定ですが、何を着ていこう…なんて、今からちょっと悩んでいます(笑)
スポンサーサイト



SWEET ROOM

思えば昨年の6月。
初めての小さな「ハコ」で、初めて手を伸ばせば届きそうな距離で、彼らの公演を見た。
黒を基調とした‘いかにも’な衣装と、極度に彩色の少ないステージ、洒脱な曲に惹かれて、以降何度か彼らのライブに足をぶ事となる。

今回で、6度目になるかしらね。
3月に1stのフルアルバムが出て、それがとても気に入って最近もよく聞いています。
そのせいか、いつも以上に楽しめた。予習が万全…というよりも、「Sugarファン」として見られたからでしょうか。聞くうちに、見るうちに…次第に心を持って行かれてしまったように思う。どうしたもんか。

日本各所を巡ったツアーのシメとしての今回のワンマンライブ。
各地を巡ってた中では、自分は長野に参戦していました。こちらは他に4つ位対バンがありましたねえ。人が少ないのをいい事に、SIZNAさんのほぼ最前で見させて頂きましたが(笑)


開演まで、ずっとアルバムの曲が流れていて、15分押しでスタート。
シングル曲「Blossam」から。SIZNAが落ち着いていて(笑)、Lokiさんもあんまり動かないのであらっと思っていたら…次の曲からは一気にいつもの雰囲気へ。
SIZNAは、動いていないと何だか収まりが悪い気がしてしまう(笑)そして今日は、ひときわLokiさんが楽しそうで何より。
あっくんの髪形、TUSKさん(ZI:KILL)に見えた(笑)
すごい重たそうな、ボリューム出した感じの髪型!

ワンマンだとこうも違うもんなんですね。
自分は特に、いつもあまり人の入りが宜しくない地域で見ていたから余計そう感じたのかもしれないけれど、とにかく勢いも、パフォーマンスも、相当気合が入っている。

LokiさんのMCが好きです。低い声で、ぼそぼそとやるのが、低音好きな私にはたまりません(笑)そしてちょっと何か甘い事を言う(笑)よいね。
落ち着いている所も素敵です。「今日は盛り上がっていくぜイエー!」的なノリでないからね。そういうのも嫌いじゃないし、盛り上がって好きなんだけど。もっと落ち着いたノリ。
「最後まで楽しんでいってくだサイ…」と、劇場でショーを見るような感覚にちょっと似てる…のかなあ?やっぱりライブだからその辺の盛り上がりはあるんだけど。

デスボイスとかシャウト多用の曲は苦手で、Sugarの対バンでよくそういうバンドを見たけれど、やっぱりちょっと。何を言っているか分からないし、とりあえず叫んどけ、というような…会場は盛り上がってるんだけれど、自分は付いていけん。Laputa大好きですが、それくらいが限界かな。Sugarはファンの皆さんも年齢層高め、落ち着いている方が多いので、自分に合っているのかも(笑)

「食中毒を起こしても文句を言わないように」

…言いません(笑)

Sugarの曲は、初めて聞いたときから何だか耳馴染みがよかった。
それはやっぱり、彼らの楽曲にかねてより感じていた「ジャズっぽさ」…ジャズテイストなんだろう。
うちは父親が音楽をやる人で、ジャズもよく聞いていたから、自分も自然と耳にする事が多かった。Sugarの曲のは、それらに通じるものが少なからずあるから…何となく自分も惹かれたのだろう。
音楽に詳しくないのでジャンルもあまり知らないしわかりませんが、やっぱりSugarは「ジャズやプログレ…」の要素が入っているそうで(解説から引用)。なんか曲がお洒落だ…雰囲気がある。
楽器に全く詳しくない自分が初めて、楽器隊の演奏が好きだと思ったのは、このSugarかもしれません。始めは正直、ヴォーカルがあんまり好きではなかったのですが、これはこれで良いように思えてきました。暖かく包み込まれるようなLokiの歌声は、この演奏とよく合っているんじゃないかな。湿度を感じる楽曲と音と、人の体温を感じる歌声と、ね。

L’Arcの曲が自然…果てしなく続く大地や広い青空や光を歌うなら、Sugarは室内。窓辺から、揺れる薄いカーテン越しの光とか、暗く閉ざされた湿った密室…そんな感じ。
なんでL’を引き合いに出すかと言えば、やっぱり自分の一つの基準がL’Arcだから(笑)因みに言えば、こちらのドラム・篤人さんはラルクファンだそうです。


SIZNAさん相変わらずよく動く。どの曲が忘れましたが、SIZNAさんギターにキス…ってか、喰らい付いているように見えた(笑)かなり長い間唇を寄せていたような。ギターも上向きに高く掲げていてので、よく見えなかったけど。
頭をしきりに動かしているので、髪型も最後は崩れてきてましたね。今の髪型、かっこよくて好きです。

「Sleepy」
例のマイスペで聞いて以来、凄く気に入ってアルバムでも一番聞いた曲でした。長野では聞けなかったので、嬉しかった。やっぱり素敵。アルバムとシングルと、ちょっと違うようなので、シングルも買おうかと検討中。
どこかのインタビューで、SIZNAは「ライブでは音源以上のクオリティをお約束します」…というような事を言っていたと思いますが、ほんと、音源で聞くのと遜色ないですね。SIZNAさん安定してる。このイントロがとても好き。

「吐息めく湿度」辺りから激しめの曲が続き、盛り上がった所で一端終了。
「Candy」辺りだったか。Lokiさんの歌に凄く力入っていて、骨太な魅力。
見上げるほどに身長が高くて、体格もいいLokiさんだけど、髪型やら衣装やらメイクやら…やっぱり中性的なので、そんな微妙な位置付けだったんだけど、凄く男性的な力強い魅力を感じました。
Lokiさんのヒールの靴が好きです。膝下がちら見えする衣装がなんか良い。あんなに大きい男の人が履ける女性っぽい靴って、何処に売ってるんだろう(笑)

アンコールでは、まず慎吾登場。
殊に変わって、新しくベースの慎吾が加入してからのSugarを見るのは2度目。彼のMCは結構好きです。和む(笑)しかし小柄だな。
「一ヶ月間、皆と一緒に過ごして…メイクをしていない、ステージに立っていない普段のメンバーが知れました…」云々。
「怒られちゃうから言えないけど…僕以外は、みんなご飯をたくさん食べます。自分が終わった後も皆食べ続けていて」
「肉をよく食べています。肉食獣です」…あんな小柄な、あっくんもなのか(笑)
「今日は皆、たくさん笑ってくれますね!」…ちょっとビックリした様子。いつもは客席の反応薄いのか?
「早く出てきてといっているのに、いつも遅い…いじめかと思ってます」
慎吾MC後、あっくんコールに続いて、篤人登場。YAMAHAのカタログか何かに名前が載ったらしく、嬉しそうでしたが…名前が「篤」になっていたらしいです(笑)
次にSIZNA。
私、ここで初めてSIZNAの普通の声を聞いたよ。いつも裏声で、単語を叫んでいるのしか聞いた事がなかったので。最初はやっぱり裏声→続いて急に「業務連絡―」
ある方の解散ライブにゲストで出演するそうです。

「でっかいのは?」リーダーが見えないので、SIZNAヴォーカルで3人でLokiを呼ぶ歌を。「ロキ」じゃなく「ロッキー」…みたいになってたけど(笑)
即興で伴奏付き。なんか良いな。すごくミュージシャンっぽい。
Lokiが現れてもしばらく「ロッキー!」が続いたので、すぱーんとやられたSIZNA。「壊れたテレビ叩いたような気持ちになった…」

アンコールではメンバー紹介&それぞれのソロ。
ドラムがまたカッコよかったですね。あっくんスゲー…
SIZNAソロは、音を歌いながら?弾いていて、それを見守る慎吾&Loki…Lokiが非常にでかいので、慎吾の小柄さがよっくわかる(笑)
慎吾のベースソロ、これも凄かった。音楽はほんと詳しくないのでよくわかりませんが…でも凄かった。楽しそうに弾いてましたねー

アンコール2度目。
「月に啼き朝を哂う花と」
静かで綺麗なんだけど、あんまり聴いてなかった曲ですが…改めて聞くと凄く良い。特に、コーラス部分が素敵。
この場、この時だから、ってのもあるだろうけど。Lokiさんの感情の込め方が尋常でなかったような気がする。もしかして…泣いていたのか。
右の睫が落っこちてきちゃって、すっと頬の辺りにくっ付いていてのが気になってしまった。
Lokiの睫が気になったら負け…みたいな下らない事を考えていたけど、正直、声もあんまり出ていなかったけど、すぐにそんなのはどうでも良くなった。

ラスト、SE。
アルバムでは冒頭なのに、ラストでこれか…!SEとは言え、この曲はきらきらしていてとても素敵。

「共に手を取ろう」 「共に歩もう」 「共に創ろう」

「共に…」

そうか、これはLokiの思い。

「それだけを 望みます」


熱い思いが、言葉と音楽に乗せて、自分にも直に伝わってきた。

新しいSugar。3周年目の彼ら。
自分はその、ほんの少ししか知らないし、関ってもいないけれど、今回のこのステージは自分の見たこれまでで一番だった。素直に、「好きだ」と思えたステージだった。
ちょっと「良いな」と思っていたのが、確信に変わったような気がした。大袈裟だけど、今後のSugarを見届ける事に、迷いが無くなったように思う。・・・それはまあ、アルバムが本当に良かった、というのが一番の要因でもあるんだけど。ライブもとても良かったからね。

今後も色々と決まっているみたいだし、今度はなんと、私の地元でもライブをやってくれるそうです。試験が近いので無理そうですけど;;
これからの彼らが、とても楽しみになった一日でした。

せっかく行ったので、自分のメモとして書いておきます。


Sugarの視聴を貼り付けてみますか。

このゴテゴテしたメイクは凄いよな…好きですが。



セットリスト↓
SIZNAさんのブログより (こういうの良いのかしら…?駄目だったら後で消します)

2008.4.19 Sugar恵比寿LIQUIDROOM OneMan 『SWEET ROOM』 セットリスト

1.Blossom
2.苦悩と憂鬱に溺れて
3.JAM
4.malicious
5.rotten words for dear.
6.Memento-Mori
7.錆
8.骨と翅
9.凍え揺れる炎
10.新曲
11.咎人の空
12.Sleepy
13.消えない雨筋
14.swim like a butterfly
15.吐息めく湿度
16.媚薬
17.Ridicule
18.自腐
19.Candy

En1.
20.男娼と黒猫 (ドラムソロ)
21.悪の華咲く夢の又夢 (ギターソロ)
22.in pain (ベースソロ)
23.ベリー

En2.
24.月に啼き朝を哂う花と
25.Brand new World

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

03 ≪│2008/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠