FC2ブログ

数年ぶりにご対面

友人が阿修羅展に誘ってくれたので、来月辺りに行ってきます。

HPによれば、阿修羅っを360度眺められると!!
高校の頃に、修学旅行で興福寺に行ったので拝観してきたのですが、その時はただ、壁のガラスの中に並んでいたのみで見物しました。
阿修羅を横から見たい!両脇の顔と、横から見た手の具合が気になる!
というのが、当時からずっと気になっていた事だったので、その悲願がようやく叶います。
こればっかりは、行けばいつでも会える興福寺でも叶わない願いですもんね。特別展示に感謝です。他の八部衆もケース無しで見られるようで、これは楽しみ。
去年の薬師寺展でも、聖観音がケース無しで見られましたね。あちらも薬師寺に行けば、確かお堂の中にいるのを遠くから眺めるのみ…だったと思うので、貴重な体験でした。近くでみられると、迫力がありますからね。実際に祀られている状態を見るのも、またすごく良いんですが。
それに、たまには違った角度で見たい!背後も気になる!…ってもんじゃあないですか。

しかし仏像というのは、やっぱり“仏”像なのでお堂なんかに祀られているのが本来なわけで…
今では、私もそうですがほぼ完璧に“美術品”としての鑑賞になってしまっていますよね。

阿修羅は根強いファンがいるそうですが、この頃の仏像は本当に良いですね。
乾漆像、塑像、なんかもう味があって。
仏像見るなら、奈良の方が個人的には面白い気がします。新薬師寺とか、行きたいお寺が沢山あるんですよね。
かと言って、私は東寺の仏像が大好きだったりするのですが…絵葉書まで買ってしまって、重症ですが仕方ない。いいもんはいいんだもん。
しかしそのお気に入りの像の絵葉書を失念してしまい、探している最中です;


こう言うと、家族も同じようなシブイ趣味なんじゃないか、と思われるかもしれませんが、全く違います。
父親はむしろ、ヨーロッパだとか西洋がお好きなようで趣味は音楽ですし、母親はノーマル、祖母も仏像嫌いで…時代劇は大河すら見ないような家庭ですから、よくわかりません。旅行では大抵、寺巡りや史跡巡りをしますが、詳しい事をわかっているのは私のみ、私も問われれば説明する程度です^^;


最近もまた仏本を借りてきて眺めていました。
いや、やっぱり良いですね。
本を眺めるうちに、とっても素敵な像に出会ってしまいました。

向源寺 の 十一面観音。

仏像ファンの方にしてみたら、今更なんでしょうけども;
顔立ちの美しさ、冠の造詣、スタイル、写真でもその素敵さがヒシヒシと伝わってくるではありませんか。冠がかなり大きい…付いている一つ一つの顔が大きいし、しかも長いし、顔の左右にも大きめな顔があるのが珍しいかも。後頭部の大笑いしてる顔もいい感じだ…
でもほんと、これは綺麗。滋賀に家族旅行したとき、ガイドブックに国宝重文の観音像を安置するお寺が幾つか載っていたけど、その中の一つに確かこのお寺も入っていたような気がする。
ああ、あの時は知らなかったとは言え、なんと勿体無い事をしたもんか!滋賀なんてなかなか行けませんもんね…
でもいつか!必ず訪ねたいと思っています。

仏像本を読んだら、ますます展示が楽しみになってきました。
というか、仏像で語りすぎですね;


CDデータを立ち読み。
髪の色が赤みがかっていたけど、それがまたよいですね。写真がまた女の子のようだったので、妹と思わず凝視してしまいました。
HYDEくらいに髪をちょっと切りたいなあ。長めでふわふわで、可愛いと思うんだけども、自分の髪質じゃ無理なのです。

先日ははっさくさんのメールのお陰で、超超久方ぶりの“籠ピカ”に遭遇できました。
血文字も拾えて、和みましたね*^^*
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠