FC2ブログ

読みたいもの

墨攻 (新潮文庫)墨攻 (新潮文庫)
(1994/06)
酒見 賢一

商品詳細を見る


酒見賢一さんの『墨攻』を買ってきました。
挿絵がのんびりした絵柄で可愛らしいですが、中身はアツそうです。

酒見さんと言えば…こちら。

泣き虫弱虫諸葛孔明泣き虫弱虫諸葛孔明
(2004/11/25)
酒見 賢一

商品詳細を見る


すごいタイトルですが、中身も半端なくすごかったです。
とにかく、面白い。
本を読みながら、何度吹き出してしまったことか…(笑) 今まで誰も突っ込まなかった三国志のエピソードを、ばっさばっさと切ってくれているような。上手くいえませんが、その突っ込みも、言われてみれば「そうだよなあ…」と思うことばかりなんですよね。
酒見氏の縦横無尽な解釈と、正史と演義を織り交ぜた解説付きの物語。
諸葛亮も大変な変人…宇宙レベルな人物に書かれていましたが、関羽だとか張飛という押しも押されぬ英雄達も、実に上手いカタカナの二つ名が付いていたりしてもう…(笑)

そんな酒見さんの本だったので、見つけて即買い。
かなりページ数が薄めな本ですが、漫画や映画にまでなっているらしいので期待してます。

酒見氏の最も有名と思われる、『後宮小説』は未読なのですが…今度見つけたら読んでみたいと思います。


僕僕先生僕僕先生
(2006/11/21)
仁木 英之

商品詳細を見る


こちら、今月末に文庫化されるようなので、文庫版を買ってこようかと思います。
イラストがかわいいな… 仙人のお話のようなので、興味深々。
『封神演義』で、道教の神様や仙人のお話にはまったクチですから…


そして、
井上靖 『敦煌』

買おうと思っていたのですが、偶然貰いました。ラッキー。
ちょっと古い、カバーも無い新潮文庫ですが、読む分には十分です。
そう言えば以前も、中学の頃ですが友人との間で新撰組が流行ってたときに、司馬さんの『新撰組血風録』が偶然物置から出てきた事があったっけ…。変なところがツイてる。
個人的にはまだまだシルクロードブーム!…なら、この有名な本を読まなきゃいかんだろ…という事で。


井上さんの『楼蘭』も読まなくてはね。


『彩雲国物語』の漫画版の2巻も買ってきました。
こちら、お話は面白いとは思うのですが、小説を買うほどでもないのですよ。
でも、長髪愛好家なので…

漫画版も、もう少し表紙に凝って欲しいんだよね。ちょっとシンプル。
絵を描かれている由羅さん、イラストのお仕事が多いからでしょうか…時々顔のデッサンがおかしいいのが気になる。キャラクターが美々しいだけに。


…昔は日本史系統な時代物ばかりだったのに、最近じゃ中国モノを手に取る事が多くなってるみたいです。少しは幅が広がったのかな^^;

しかし、私の読書というのは偏ってますね…



最近借りてきた、Gackt氏のアルバム『Mizerable』。

「Mizerable」。こちらかなり良いです。素敵。
ヴァイオリンの音とGacktさんの声、よく合っていて、とても綺麗。ヴァイオリンの音が、曲に広がりを感じさせる気がするし、切なさがプラスされているような。
そういえばこの曲は、ちょっと前に音楽番組でのGacktスペシャル(PVやライブ映像が流れた30分企画)の一番最初にかかってた曲だったな。そのPVのGackt氏が、今とかなり雰囲気が違っていたのが印象的でしたけど。

アルバム全体を通して、四曲全てに共通したものが感じられて、聞いていて心地よいです。

これはほんと、いいなあ…


スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

02 ≪│2009/03│≫ 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠