FC2ブログ

咲き始め

090528_1424~01

例のバラが咲き始めました。
バラって世話が大変ですね!もーこれからもう少し暑くなったりすると虫が付いて葉っぱみんな食べられちゃうし、春先はアブラムシが付くし、何だか硬そうな体の虫が卵産み付けにくるし。うむむ。
虫が嫌いな方、気持ちのよくない話ですみません;;

私もやっぱり、あんまり虫は好きでない(当然か)ので、虫取りがちょっと…。
アオムシ状の、這うやつが葉っぱにたくさん付くので、気持ち悪いんです!
うちは昔から、祖母が花が好きで色々な植物を育てていたけど、バラは無かったんです。刺があって嫌だから、ということらしいんですが。それなので、バラがこんなに手がかかる花とは知らなかったなあ。

卒業記念でバイト先で貰った花ですから、しっかり面倒見てます。
虫が付いた、らちまちまつまんで取っていますよ(笑) 祖母も肥料をくれたり面倒を見てくれているので、一年で結構大きくなりました。蕾も沢山。これから楽しみだな~
せっかくの花だから、ずっと大切に育てたいなあと思っています。
これを見ると、学校の事とか、アルバイトのこととか色々思い出すんですよね。

しかし、単純な自分は “バラ=赤、ピンク” というような、赤系統なイメージが強かったんですが、自分が頂いたのは “黄色、白”。
なんだかね、自分ってそんなイメージだったのか!というか。ちょっと思ったな。
実のところ、性格は思い切り女々しいくせして、外では概ねサッパリしたイメージで行ってるようなので、その辺からきた色なのかな。わかりませんけど。
乙女なピンクとかで来ないあたりが私らしいと、自分で思う(笑)

何となくで選ばれた花なのでしょうが、ちょこっと調べた黄色のバラ花言葉の一つに、「あなたをかげながら応援します」というのを見て、凄く嬉しくなりました。しかも“薄い”黄色のバラ限定みたいです。
黄色のバラ自体には、マイナスなイメージの言葉も結構あるみたいなんだけども。
そういえば、一人暮らしの部屋の時は、少しでも部屋のイメージが明るくなるように…と、黄色のものが多めでした。カーテンとか、布団カバーとか。

蕾もどんどん大きくなっているので、咲くのが楽しみです。




話は変わって最近の色々。

・井上靖の 『楼蘭』 Get

いよいよ楼蘭をゲットですよ。やった!
短編集なので、色々な題材があって楽しみ。
ついでに、図書館のリサイクルコーナーでシルクロード・チベット関連の紀行文旅行記色々ゲット。らっきーでした。


・『新撰組血風録』

これ、10年近くぶりに読み返してます。
改めて読んで、凄い面白いんですよホント。こんなに面白かったっけなー!!と。
個人的に一番幕末を調べてたのは中学高校だったので、それ以来。ですが、当時よりも今の方がずっと面白く感じていると思う。こんなにどんどん読み進めてなかった気がするし。

「沖田総司の恋」なんか好きでしたね。最後可愛そうなんだけども、見ているだけで良い…というような沖田の思いが、なんだか可愛らしくて好きです。
当時は取り立てて言えば斉藤が好きでしたが、今小説を読んでいると、監察の山崎に惹かれます。変わるもんだな。斉藤は今でも好きですが。
実は新撰組自体に凄く嵌ったことは無いのですが(色々読んでましたが、嵌り込んではいませんでした)、最近になって少しキてます。『燃えよ剣』も引っ張り出したくなりました。
しかし、後年の…今自分らが読む新撰組モノは、漫画でもなんでもここら辺が大本なんでしょうが、それも納得するほどの面白さ。戦闘の場面も迫力あるし。


・もう一つの『三国志』の映画

アンディ・ラウ主演の趙雲が主人公の映画。
こちら、あんまりいろんな場所では公開されず、勿論うちの方でも見られなかったのですが、DVDは見ようかと思います。
趙雲スキーなため、やっぱり気になるのです。三国友達の方は、こちらかなり良かったと言っていたので。

そして、吹き替えがなんと!東地さんv 
レッドクリフの孔明に引き続き、こちらもですかー!
東地宏樹さんて、実は私の好きな声優さんの一人なんであります…有名どこで『プリズンブレイク』のマイケルとか。最近は映画の吹き替えをよくやっているので、映画好きな方ならきっと一度は耳にしたことがあるはず…。知的な感じで、シブくてカッコいいなん声です。というか、私はこの方のラジオを聴いて、あまりにも面白い人なんでファンになった部分が大きいのですが(笑)
東地さんの、しかも趙雲なんてますます見逃す手はあるまい…


・チェン・ミンさんの二胡

「中国の音楽が聞きたいなー」と、非常に抽象的な事を思って聞いてみた。
中国ったら胡弓…みたいな、ああいう弦楽器の曲が聞きたいと思って、なんとなく以前から名前を聞いていたチェンミンさんのCDを借りてみました。彼女の扱うのは二胡なんですが、この辺の楽器事情はよくわかりません;
でも、とにかく。

いいです!
聞いていて、凄くのびのびした良い気持ちになれますね。ヴァイオリンとか、やっぱり同じく弦楽器だし感じは似ているかも知れないですが、もっとずっと柔らかくて繊細、だと思う。
何となく懐かしくて、切なくて、深みのある音。そして、ひるがえり、微妙な強弱のある音の “揺れ” が、この何とも言えない切なさのモトなんだと思います。

中でもお気に入りは此方↓
MOON-月亮心-MOON-月亮心-
(2004/05/26)
チェン・ミン

商品詳細を見る

一曲目がまた凄く壮大で良いです。色々な曲が入っているけど、どれも良いですよう。
ジャケットも美しい。

『恋衣』というアルバムも好きです。

とてもリラックスできるので、お疲れの方におススメですv


スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

04 ≪│2009/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠