FC2ブログ

【 epilogue 】

さて4日、行って来ました。
Sugarの解散公演。

全36曲。4時間余りに及ぶ、とても長い公演でした。
足腰がイタイ…

曲に次ぐ曲、息をつく間もなく、流れるように進んでいくステージ。
メンバー4人がとにかく、本当に活き活きしていて楽しそうで、これで最後だなんて嘘のようだと思えてしまった。
MCもあんまり無くて、「とにかく俺たちの音楽を聴け」と、そんな感じを受けた。

それがたまらなくカッコよくて、素敵で。
最後の最後で、このバンドのカッコよさというのを、改めて見せ付けられた気がしたんだ。


泣いてしまうかもしれないと思ったけれど、それよりも「楽しい」と感じる気持ちが先立って、最後まで夢中で過ぎてしまったような気もする。
とにかく、「とても楽しい公演だった」というのが、まず第一の感想でした。


思うことは色々あるけれど、とにかく。
私は彼らに、出会えてよかったなと感じました。
そして、あの場所に立ち会えて、本当によかった。


Loki様、一番最後のアンコールの時にはもう、MCで何を言っているのかわからなくて。
泣いてしまっていたのだろうか。歌の最中も、涙声でよくわからないところもあったりして…
それまでからりと、結構いつも通りな雰囲気で進んできただけに、私は最後の最後で、胸が詰まってしまった。
ああ、これで本当に、最後なんだなと、思い知らされてしまった。

今回は特に、本当に、Lokiの歌声は素敵だったな。
正直な話、私が始めて彼らの公演を見た2年前には、「あんまり上手くない…かも」なあんて思ってしまったんです。でも、今となっては、彼の声あってこそ。
今も、あんまり上手くはないのかもしれないけれど、味はあるよね。本当に、温かくて、深みのある歌声。

「手紙に代えて。」
CDではあまり好きになれなかったけども、ゆっくり、詩を意識しながら聞くと、泣けてきそうだった。

これからを生きる君の為に

「少しでも幸あるように」
「抱く夢無くさぬように」
「この先に光あるように」

最後の、Lokiのメッセージ。「この曲まみんなを、これから守ってくれますように」と、そんなような言葉を最後に言っていたんだと思いますが…既に涙。
今、詩を見直しても、やっぱり泣けてきそうだ。


そして最後まで、皆さんマイペースと言いますか…
最後のアンコールまで全て終わり、ステージをはける時、皆で手をつないで挨拶しようって時も、あっくん・慎吾は先にどんどん帰っちゃったりして、少し笑ってしまった。
らしい、と言えばらしいのかも知れない。

SIZNAは最後まで、あの高い裏声&奇声(?)で、最後くらい普通に喋って欲しいなと思っていたら、一番最後に、

「ありがとう」。

そう一言。
カッコよすぎですね。


自分は、そこまで追いかけていたわけではありませんが、彼らの曲、大好きでした。
洒落た曲と演奏、妖しく美しい歌詞や、深く厚みのある歌声、それらと、黒い衣装に濃いメイクのヴィジュアルがよくあっていて、バンドのカラーをしっかり持っていた…と思います。
それが、とても好きでした。


彼らの未来にも

「この先に 光あるように」


またどこかで、会えると良いな。



もっと色々書きたいんだけども、また後でまとめてみようと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠