FC2ブログ

終戦記念日

毎年、特別意識をしているわけではないけれど、この時期になると父親がNHKの戦争特集をよく見ているから、自分もいくつかは一緒に見ている。
そして気付くんだ。
終戦記念日が近いんだなと。


私はもう、感覚としては解らないけれど、祖母から戦争の話はよく聞いている。

うちは、初めから祖母と同居だから、祖母の昔話をよく聞いて育った。


戦争の話でよく出るのは、戦地へ赴く途中で戦艦ごと海に沈められてしまった、祖母の弟の話。
ニューギニアに行く途中だったらしい。
年齢は確か、今の私と同じくらいだったか。余りにも若い。
奥さんを残して、見知らぬ地で、暗く冷たい海の底に沈められてしまった無念さは、計り知れないものがある。

若い人が、そんなんで次々と命を散らしてしまったんだ。
やりたいことも、沢山あっただろうし。


そもそも、祖母が嫁に来たのが、ちょうど戦中だったらしい。
物がなくて、お店のウィンドウも埃が被っている始末、準備が出来ず、標準服でお嫁に来たという。

標準服って何だと聞いたら、「ほたるの墓」なんかでお母さんがよく着ている、もんぺのあの感じ…らしい。祖母の話は、結構いい加減なので信憑性は…う~む(笑)
そして、戦争で男の人が居なかったので、残ってる人だからね~なんて祖父の事を語ってた(笑)

祖父は、確か海軍で横須賀に行っていたらしいが、目が悪いので返されたというが…
そんなこともあるのかなぁ。
でも、結果的には良かったんだね。戦地で大変目に遭うことはなく、結局祖父は、六十何歳かまで生きて、私が生まれる何年か前に、ガンで亡くなった。


家の裏手にあった防空壕の話とか、空襲警報の話。芋を入れて炊いたご飯の話。
テレビなんかでよく聞く話を、こう身近な人から聞くと、ぐっとリアリティを持って、その状況が迫ってくる。


図書館で視聴覚資料を並べるのに、私は最近、意識して戦争アニメを前に出して並べていた。
やっぱりこの時期だもんね。
あんまり借りていく人が居なかったけど、それでも「はだしのゲン」や「火垂るの墓」、あとは当時の女学生の話のビデオは出ていたかも。

戦後60年以上が経った今、当時を知る人がどんどん少なくなってきているんでしょう。
うちの祖母も既に、すんごい元気だけど90近いですからね。

お婆ちゃんやお爺ちゃんに話を聞ける環境にあったら、色々と聴いて見るといいと思うな。

スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠