FC2ブログ

越後の龍

昨晩は、NHKの「歴史秘話ヒストリア」の再放送を見ました。
タイトルはその名も…

 “謙信、変身!
  ~悩める若者、ヒーローになる~ ”

実は、あんまり歴史番組も見ないんです。
中、高校生の頃は、たまに見ていたんですけどね。
前の本放送の時にチラ見していましたが、今回は真面目に。謙信ということもあって、通して見ました。


知っているエピソードばっかりなので、別段真新しい発見はなかったですが、しかし。
やっぱり良いなあ~なんて思ってしまいましたねえ。

よくわからん部分の多い人だし、武将としては、やっぱり信玄やらの方が上なんだろうとは思うし、やっていたことも言ってしまえば不毛な事が多かったかもしれないですが、まあでも。
カッコいいですよね。やっぱりね。

本当の所はどうであれ、正当な理由のある義のための戦い、人に頼まれての戦い、そんなのを通してきた姿勢は、やっぱり「おおっ」と思うし、天才的な戦上手、というのも。
「ヒーロー」かどうかはわかりませんが、筋を通す、というところが自分としては惹かれる点。

それに、兄を追い出して(という表現が適切ではないかも)家督を相続する経緯や、突然「出家する!」と、全部を放棄して家臣置き去りで出奔してしまったり、面白い人だなと思います。


なまじっかこの時代を専門に学んでしまったので、あんまり人物に対する評を書くのはどうか…と思うので、あれこれ書くのはは止めておきます。
結局、人間性なんてのは根拠がわからないことが多いし、一方からではなく、多方面から考えないとわからないことですし…小説や資料本での知識じゃどうこう語れません。


自分が特にいいなと思うのは、甥っ子へのエピソード。
いろはの手本を自分で書いて送ったり(なんと、9メートルもの長さらしいですね)、手紙にも、「お手紙大変嬉しく思います」とか、「字が上手くなりましたね」とか、「春日山に帰ったらお話しましょう」とか…
ああ、甥っ子喜平次をとても可愛がっていたんだなあ…と。
猛将っぷりからは想像できない優しい手紙は、彼の人柄の一端を偲ばせて、いいなあと思います。

喜平次への手紙に、追而書でわざわざ付け加えて、重ねて「手紙嬉しかったですよ」みたいに書いている部分も、微笑ましいというかなんというか…

ものすごく、人間的ですよね。



しかしNHK。
いきなり 無 双 の謙信ときたもんだ。

思わずにやにやしてしまったではないか…

戦国無双の謙信なのは良かったですよ。バサラのじゃ武将っぽくないもんな。中田さんの美シブ声がここで響くとは…
2と無印の映像が混ざっていましたが、メインは無印の映像。一騎打ちイベントの宿敵への「何だその顔は」が聞けて嬉しい私。


春日山城には3,4回くらい登っているのですが、林泉寺にも何度か訪ねています。
その林泉寺で買ったお守り。
恐らく、高校の夏に行った家族旅行で買ったものと思われます。

090826_0244~010001(2)

後ろは、同じく彼の旗印…“懸かり乱れ龍”と呼ばれる「龍」の字があしらわれております。なかなかカッコよいので気に入っているんですよ。
ついでに言うと、このカラーリングもお気に入り。金と、白地に薄い青色の文字は、精錬なイメージのある上杉謙信にはまってるんじゃないかな~と個人的に思っています。
これを買った時は、ただ色合いが好きだから選んだだけでしたけどね…

買ったのは、高校3年の頃だったと思います。
大学に受かって無事過ごしているので、ご利益はあったかも(笑)
まだ売っているのかは、わからないんですけどね。
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠