FC2ブログ

曹操の墓

yahooのトップを見てビックリです。
曹操のお墓が発見されたとな。遺骨や副葬品が色々出てきたみたいで。凄いな~面白いなあ。
2月頃に、「三国志展」で曹家の墓の埋葬品や 銀縷玉衣(実は私はこれが苦手です…ヒトの形しててのっぺらぼうな感じが実に気持ち悪い。でもミイラとかは何故か好きです)が展示されているのを見てきましたが、今度は曹操自身のお墓とはね。日本なら弥生時代なわけですよね…こんなに昔の人物なのに、そのお墓が特定できるかもしれない、なんて、やっぱり凄いですね。邪馬台国はどこだったのかいまだにわからないし、卑弥呼の墓だって、はっきりこことは断定できていないみたいだし。これが本当にホンモノなら、また何か発見があるかも。


先月から読んでいる、北方謙三の三国志が面白いです。
図書館で横山光輝の漫画を借りたり、友人から『蒼天航路』借りたり、今日もまた文庫版の『時の地平線』の最終巻を買ってきたり…おい、どんだけ三国志ファンなんだよというような状態ですが、そういうわけでもなく…
漫画は近所の古い友人が貸してくれたし、その前に暇に任せて横山に挑戦しよう~と思って借り始めたりと、色々が重なったような感じなんだよね…
いまだに大雑把にしか、知識が頭に入ってません;

時地の文庫版、実は8巻しか買っていません…
文庫化にあたって加筆があるそうで気になったのと、漫画が文庫になると巻末に解説が書かれるので、それが読みたかったんです。諏訪さんのブログを読んだら、巻末解説について書かれていて、すごく気になってしまって。


『時の地平線』、これまた別の友達…蒼天航路を貸してくれた子に貸し出し中で、元のプチフラワー版と比べられないのではっきりわからないのですが、加筆ってこの4Pのことかな!?プチフラワーの方のラスト、もうあまり覚えてませんからね;

PF版のラストが更に深められて、この物語の主題をうまく、綺麗にまとめ、再び問いかけられるような4ページだと思います。やっぱり好きだ!
三国志物、歴史物としていいと思うけども、人間の生き方や考え方、成長、葛藤、そういう物語としてもかなり惹かれますよね。諏訪さんの漫画はどれもそうだけど。



明日も早いので、もう寝ないと。
いい加減、いつまでクリスマス気分なんだよ!と思われそうなこのブログの背景を変えたいのですが、また明日…
スポンサーサイト



プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

11 ≪│2009/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠