FC2ブログ

世代も年月も超えて

いやいや!
わかってるね・・・!!


金曜日のMステ。
1998年の流行の歌が特集で流れてましたが、そこで聴いてた小学6生の子らのコメントが良かったね。


「えっ、この人カッコよくない!?」

「カッコいい~!!」

「カッコいい!大好きー!」


で、出てきたのが、花葬を歌うhydeさん。 …花葬だったよね?
赤のジャケットと黒いハットがあんなにキまる人もいなくないか!?いやいない!
そうなのですよ、素敵なのですよ。よく見知っておくがいいよ…!

‘大好き’とな。

今年のお正月頃に、高校1年生の子と話す機会があったんだけども、その時「ラルクが好き」という話をしたら、なんとまあ通じなかったんですよ;知らないと言われてしまったのです;

えっ、今の子ラルクを知らないのか!? と。
ガンダムやら鋼の錬金術師のOPにもなってたんだぜえええと、物凄い衝撃を受けました…まあ、高校生じゃあヲタ属性の子意外ならアニメも見ないだろうけどさ…

高校生でもこんな状態だったので、今の小学生がどう思うか?というのは気になるところでしたが、hydeの美しさは幅広く通用するものであったのだなあと、改めて思った次第であります(笑)
今人気のある子は、○端○平とか、そういう爽やか系(?)の男の子が多いんじゃないかと思っていましたが、ハイドさん的な感じも、小学生に受け入れられるのねー。

前もMステのこの企画で、ラルクの曲が出たときに、「親がファンだから知ってる」って子もいましたっけね。
名前までラルクに因んでいる子とか。
なのでもしかしたらむしろ、高校生よりも小学生くらいの方が、なじみのある子が多いかもしれない、ですね。


ランキングにはもう一曲(『HONEY』だったかな)入っていて、懐かしかったです。
リアルタイムのファンではなかったんだけども、妹が好きだったので、なんとなく覚えてますね。
スポンサーサイト



ふっかつ

うわわ…

物凄い乗り遅れっぷりと情報の遅さですが、かの情報を知り、切れていたFCの継続申請してきました。
最近殆ど付いて行けていなかったのですが、なんとまあ、ついに、思ったよりも早く彼らに会えるのかと思うと心踊り、ついつい考えてはにやついてしまいます。

そうかあ。そうなのかあ。


このところ、PC開くっても自分のブログ更新するくらいだったので、ほんとに疎くなってますよ。
自分の事で色々いっぱいいっぱいなため、気付くのがいっつも遅くなる。
これの情報だって、22日に図書館行って、そこの知人に教えてもらったくらいなので(笑)相当なもんです。

その時、話を聞いて半信半疑でしたが、公式行って、巷でもこの話題で持ちきり、なんですもんね。
そりゃ俄然テンションも上がりますよね!

FC、更新せずに切れたままになっていたのは、3月まで非正規職員だったからなんですわ…
極力出費を抑えたくて。やっぱり財布が厳しかったし、色々思うところあって自重してました。
なので、これを期に復活です。

正月なので、行けない可能性大なのですが、申し込みはしておきたい。
運良くチケットを手にすることが出来れば、、行って来よう。

正月早々だと、家族に総スカンくらうこと確実なので、その辺が問題なんですが;
その前にチケットが相当厳しい事になってるでしょうけどね~;まあ、あわよくば、です。



拍手にひとこと、ありがとうございました。
折り返しでお返事ですv


[More...]

大唐見聞録・更新2回目

この猛暑のさ中、自分の部屋のエアコンが壊れまして、部屋がどうにも暑くて居心地悪く、寝るときにくらいしか部屋を使わないような状況になってます。そんなわけで、なかなかPC開く元気も出ません…

部屋が北なんで、北側と西側の窓を開け放つと案外風が通り抜けて涼しく眠れるんですが、やっぱ机に座ると暑いです。大体、PC自体が熱を発するもんね…あと照明も。暑い。
自分の住んでいる所は、日本中でも、その日の最高気温を連日はじき出すような土地なんで、結構なもんです。
明日、電気屋が様子を見に来てくれるので、それで直ると良いんだけどな…。もう8年くらい使っているので、しょうがないって事かもしれないですね。…まあ、壊れたのは私の部屋だけだけどね…


さて、諏訪さんの『大唐見聞録』が更新されてますね。
20日に読みたかったのですが、その日は飲み会があり、1時過ぎまでお付き合いしていたもので…;
翌日ゆっくり読ませてもらいましたよ。


私も、ブログにアクセス解析を付けているのですが、これはブログを始めた頃、色々試してみたくて付けたものなのですが、「自分のとこに何を目的に来てくれる人がいるんだろ~」というのが判って面白いですね。
自分の書いてる内容は、結構、幅が狭い上にマイナー気味な気がしていたので、そういうネタに興味持っている人は結構いるんだ!というのが知れて嬉しかったりもします。


そこで最近、多いのが「諏訪緑 大唐見聞録」と、この作品での検索数なんですよね。
諏訪さんファンは、私の周りにはあんまりいないけども、いるところにはいるんだと!リアルではほんとに、諏訪産知ってる友人は1人しかいませんでしたもん…



前回は特別で60ページ、とのことでしたが、今回は通常頁数なんでしょうが…あっという間すぎるよ~><
盗まれた経典を取り返しに、いよいよ五台山に旅立つようです。
五台山というのが、どういう意味があるのか…兄上の思いや、これから出会うという「最後の師」って誰なんだとか、先が楽しみです。
玄奘の暴れっぷりが相変わらずでいいですね。‘三蔵法師’なんて呼ばれてましたが、ちっとも丸くなってないという(笑)ザンバラ髪がかわいいです。
しかし、これから先、やっぱり前作のキャラは出てこないのかな~…
せっかくなので、ちらっとでもいいからその後の様子が見たいなと思ってしまいますね。

少年が純粋ですごくかわいいです!西遊記のお話に馴染んでこなかったので、玄奘=西遊記、な図式があるわけじゃないんですが、少年の感じがなんとなーく悟空的イメージ。見た目が丸っこくて、ちょっとサルっぽいからというのもあるけど…(笑)しかし謎の多い少年です。
長髪のお兄さんも謎。謎なキャラばっかりですが、今度の道連れはこの2人みたいです。
…素敵な長髪兄さんが、今後も沢山見られるようで、幸せ…(病気か)


それで、気になっていた長髪キャラ。少年に「袁天のおじさん」と呼ばれてるお方ですが、ネットで調べたら、名前がやたら出てくるの。
有名なのか、と思ったら、アレですか!「袁天君」…『封神演義』で、普賢にやられた、もさもさの仙人(笑)
なつかしーな!そんな存在忘れてたよ!
あとは、唐の時代に「袁天網」という、有名な占い師がいたみたいですが、こちらがモデルなんでしょうかね。
実在の人物や伝説なんかがお話の中に登場してくるのが、歴史モノの面白いとこです。それを調べるのがまた至福。歴史物モノを読む醍醐味だなあと思います。



しかしweb漫画って、やっぱり読みづらいよ!
意外と軽快に読み進められるもんだとは思いましたが、それでもやっぱり見ずらい。
全体が見られないから広角にすると台詞が全然わからんし、台詞読もうとして拡大すると、全体がわからないし。やっぱり漫画も小説も、紙がイチバンいいよね!
読みたいときにすぐ広げられるし、話もすぐ遡れるし、何より「読んでる!」って感じがするもん…
慣れの問題もあるのかもしれないけどね。

気になること色々

SIZNAさんがMoranに加入、ということで、なんだかそわそわしっぱなし。

そうなのか。
Moranとは、Sugarの頃もよく一緒に公演を行っていたので、物凄い驚きはないんだけど、なんとなく寂しいような気がする。
そこに納まったのか…
モランは、ずっと気になってはいるものの、結局一度も見にいけていないバンドです。元々曲やら雰囲気やら、自分好みではあったので、SIZNAさんが加わったんでは、Moranは「いつか行きたい」から「絶対行きたい」、バンドになりましたな。
“SIZNA”でなくて、‘Sizna’になるのか。


好きだったSugarが解散してしまい、各々メンバーの同行を各々のブログでちょこちょこ気にして覗きに行っていました。

・・・と言いつつ、ここ1ヶ月以上は全く覗いてなかったのですが;
一昨日たまったま覗いたら、偶然にもこんな話になっていたのでまあ、驚きました。


Sugarでも、特別人気のあったSIZNA氏ですが、例に漏れず自分も好きでした。
ギターを弾きながら一人大暴れするステージは意味がわからず圧巻でしたが、彼の弾くギターが好きだった。
自分で弾けないし、音楽に詳しくは無いんだけども、彼のは素敵だ、好きだと思えたんです。洒落た曲たちがまた好きだった。シングルなんかによく入っている、ヴォーカル無しヴァージョンって、あんまり聞かないのですが、Sugarのはヴォーカル無しのがまた良くてね。好きでしたね。

SIZNA氏は、かなりマメな性格なのか、ブログ更新もほぼ毎日され、そこに書かれるあまりにも普通な、音楽(ギター)馬鹿な感じが妙に好感が持てて、これまた良かった。結構真面目で地味なんだろうなあと。
普通な、と書いたけど、普通って大切ですよ。突拍子も無かったし、ぶりっこだったり、カン違いだったり…そういうのって、こうしたブログには結構多いと思うのですが、そんな向きは感じられず、訥々と日々を書いているのは好感持てました。家族と仲が良いことが微笑ましかったり…男の料理、ってカンジのすげーシンプルで素朴な料理を載せてみたりね。


Sugarから一人、一足先に脱退してしまった殊は、やはり一足先に、他バンドで活躍している。
去年3月3日に、SIZNAのTIME SECTIONと殊のamber grisが出るんじゃ、行かんわけにはいかないだろうと参戦してきたのですが、同じ時ではないにしろ、同じステージであの2人が見られたのは嬉しかったな。
しかもTIME SECTIONは、ドラムが篤人と、ベースも慎吾なんですよ。
これはもうね、ヴォーカル以外の、かつてのSugarメンバーと、殊脱退後の新メンバーまで揃ってしまってるわけなんですからね。自分には泣けてきそうなほどの公演でしたね。
そして、同時になんとなく、Sugarが解散してしまった理由を考えてしまったのですが、まあ、細かい事情は本人達にしかわかりませんから…ね。ファンは残念で仕方ないけど、どうにもならない事です。


でもね、SIZNAがMoranでどんな音を、曲を、姿を見せてくれるのか、それはとても楽しみです。
色彩の押さえられたSugarの世界から、どんな姿を見せてくれるんだろう。


それにしても、amber grisやらMoranやら、公式HPを見ると自分の好きな系統が一目瞭然な気がします。
ついでに気になっているのは、9GOATSですが、うーむ…ライブに行ってみたいのですが。


殊がamber grisに、という事で、ヴォーカルの手鞠さんの前バンドRuvieをちょっと聞いてみたところで大変気に入りまして、最後のベスト盤を思わずamazonで買ってしまいました。
在庫がラスト2枚でしたが、私が買った直後に在庫なしになっていた…アぶなー;

from end.from end.
(2008/10/15)
Ruvie

商品詳細を見る

特に1枚目は最近のお気に入りで、よく聞います。ベストなため、年代がバラバラなので、古い曲はそりゃあもう荒削りでヴォーカルにも荒さが目立って気になるのですが、後期のものはかなり良いです。

「Irony sun light」
「Slow.」
「brilliant rovers」

辺りが特に好き。
美しく、きらきらとした音と歌、暗く重い影を乗せた詩が雰囲気があってとても素敵です。
この辺と、「レタァ」辺りを聞くと、ヴォーカルの成長が伺えます…エラそうですいません。
でも、レタァもとっても好きです。好きなのでよく聞くだけに、ヴォーカルの荒さが毎度毎度気になってしまうだけです(ヲイ)

Replay: Singles Collection/+DVDReplay: Singles Collection/+DVD
(2009/07/06)
Moran

商品詳細を見る



Sleeping BeautySleeping Beauty
(2008/09/09)
9GOATS BLACK OUT

商品詳細を見る


持ってないけど、上記バンドのCDのジャケットを並べるとまたこれ、似てますね雰囲気が。
たまたま写真が出たのがこの辺だったというのもありますが…
や、でもいいのよ。絵空事のような、現実味がなくても美しい世界って。美しさには、影も必須で…


所謂“ヴィジュアル系”というのは、蔑称のように使われているように思いますが、自分は好きなジャンルです。

ラルクから派生してこの辺を聞くようになり、気付いたら中でもラルクの『Tierra』にものすごくはまっていて、それらしい曲を求めてこちら寄りに来ていたので、元はと言えば、好きな曲の系統がこちらだった、という事なんですが。
アニメ、漫画、ゲームの世界も好きなヲタにとっちゃ、見た目の美しさ、華やかさにも惹かれる部分は当然ありましたよ。なんてったって、hydeが大好きなくらいなんだから。

初めて、“ヴィジュアル系”なバンドが幾つか出るイベントで、その世界のバンドを見た時に思ったのは、
「音楽だけでじゃなくて、視覚的にも、自分達の世界、カラーを表現しているから‘ヴィジュアル’系なんだ」 と言うこと。
過剰な装飾をした人物達の蠢くステージは妖しく異様なオーラを放ち、あまりに現実離れした光景に目が離せなくなっていたもんです。

それがたまらなく幼稚でどうしたもんかね、と思うバンドも少なくないけど、曲と、彼らのスタイルがパシッとはまっているのは、曲も、視覚的にも、どちらも楽しめて面白いと、私は思うんです。

まあ、私はその世界に漬かり切ってもいないし、歴史を深く知っているわけでもなく、造詣は非常に浅いんで、あくまで外から眺めた印象で語っているだけなんですけどね。


月末には、ライブに一つ行きたいと思っていまする。

うまくいかない

更新に間隔が開いてますが、どーもPC開く余力が無くて、寝てしまうことがしばしばでした。
私のPC、起動に時間がかかるしね…PCもずっと調子みようと思っているんだけども、なかなかねえ。

昨日は久しぶりに、小学校からの友人とサシ飲みでした。小学校入学時から…なんで、付き合いももう20年ですよ。長いぜ!ほんと有難い事ですよ。
しかも、高校まで同じで家も近かったんで、気心知れまくりの仲です。
おまけに同じヲタ属性なので、話題も合うと(笑)

そしてなんと、今や勤め先まで同じですからね。
自分は本庁から出ているし、同期のあまりの華やかさに恐れをなして、今も殆ど輪に入れなずに一人な自分を、最近もよくイロイロと誘ってくれて、とても有難い。
超絶人見知りなんで、せっかくの誘いにも、あまりノれてはいないですが…;

でも、2人だけなら遠慮もないので、久しぶりに凄く楽しかったです。
個室で意味のあるようなないようなワケのわからん事を言い合って、笑って、ほんと時間を忘れて楽しめました。
飲み会なんてねえ、最近気を使うようなのしか行ってなかったもん…!
またやりたいなあ。色々話に出たけど、遊びにも行きたいな。
友人は、私と違って社交的だし友人も多いので、忙しいだろうな~と思って遠慮してしまい、なかなか自分からは誘えないんだけどね;


しかしあれです。
同期があんまりにも若くて…
いや、紆余曲折あった自分より、新卒で入ってる子とか1年ブランクの子とかの方が当然年齢的に若いし、そこには3年くらいの差があるのですが、自分と同い年やそれ以上の人もかなり多いわけですよ。
しかし、付いて行けん。

付いていく気も無いからダメなんでしょうが…


元々、ブログを読んで頂いた方にゃー一目瞭然、周知の事と思われますが、華やかさが無い人間ですからね。
明るくもないし、元気でもないし、というよりもマイナス思考が過ぎていて、気も利かないし、口下手にも程があるし、社交的じゃないし、そしてそのまんま、見た目も地味と来てるんで…ああ、自分でよくわかっているつもりでも、打ってて悲しくなってきたぜ…
「大人っぽい」、「落ち着いている」、「真面目そう」と、私はそう言われてるけども、そりゃ貴方、地味で取り立てて特徴の無い私に対しては、こう言うより他ないですよね!?…なーんてさあ、ひねくれて言いたくなるよ。
どんだけネジ曲がってんだ自分。


それでまた、趣味もすんごいインドアなわけです。
今となっちゃ歴史もブツゾウもブームが来たんでそこまで珍しくも無いだろうけど、興味関心がその辺なんで、話題も偏ってる。で、極めつけにヲタと。


・・・・・


何を、話せと?
話題が、な い ・・・


同年代の子でも、世間一般の、可愛らし~い女の子の、ノーマルな話題が全くわかりません。
つまるところ、レンアイ話が多い気がするんですが、そこに自分は完璧門外漢だから、余計に始末におえないんだと思います。
しかも、あんまり興味が無いから…なんとも、話題に入れないし、話題が無いし、話も見えない(ヲイ)
別に、それはそれでいいんじゃないかと自分は思っているのですが、世間的には女子としてアウトか?と思う瞬間がいくらかあります。
まあ、別に同期でなくて小・中・高・大と、友人はそれなりにいるし長い付き合いのこは多いので、そんなでも友人はいるんですよ…。その子らと何の話をしてるか?と言えば、最近読んだ本やら漫画・ゲームやら…つまり趣味が合うから、その話題が多いんです。

そして自分が、全く可愛らしくないので、可愛らしい女の子にものすごいコンプレックスがあるんだと思います。
だから余計に、遠巻きに見ちゃうんだよね…。ああ、自分とは住む世界が違うよね、と。そう決めてかかるのはよくないことだけど、「広く」浅く、付き合うのが苦手なんです。

頑張ればどうにかなるもんでもないしな…。というよりも、がんばるってどうやって?それが不明ですよ。
そう思ってる辺りがダメなのか。

むしろ、男性陣の方が話が合うことが多いかもしれないです・・・
女の子とよりも、気を使わなくていいし。

そういうわけで、タダでさえ友達作るのが苦手なのに、本庁から出ちゃってるんで、余計に同期の輪に入れていません。別に入れなくてもいいんだけど、研修の時なんか同期が集まった時に、お昼とか休憩時間が凄い孤独なんだもん…
たまに一緒に食べる子や、話す子はそりゃいるんだけども、でも孤独。どこにどう座ったら良いんだ。
そこでまた、暇を持て余して本なんて読み始めちゃうと余計に取っ付きずらい人に思われるんだろーな。めんどくせーな。
黙ってるとホント、真面目そうなカタそうな人に見えるらしいんで、いや実際自分は真面目だとは思うけども、取っ付きづらく見えると私も思うよ。

いつもニコニコ、笑顔で可愛い、明るい子っているけど、高校の同級生の同期がそうなんだけども、そういう風に生まれたかった…。やっぱり、世の中をうまく渡っていけるよねえ。本人の努力もそれはあると思うけど、血筋もありそうな気がするな(笑)うちは全員、大人しいもの。

女の子を極度に恐れる、この自分をなんとかしたい。
いい年なのに、相も変わらず人見知り絶好調過ぎてます。


同期が多いので、まだまだ全く話してない子が多いので…ってか、恐らく70%くらいの同期と話したことがないので、きっと話の合う子もいるだろうと期待はしてます。
女の子苦手、って言ってるけど、話の合わないこと無理に付き合ってもしょうがないしその気も無いので、自分と似た感じの子がいる事を期待してます。
せっかくなんだから、新しい友達は、やっぱり欲しいし、ね。
いろんな人と話すと、勉強にもなるしねー


結局愚痴ってしまった。

暗くてすいませんです…

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

07 ≪│2010/08│≫ 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠