FC2ブログ

コクリコ坂から

父上から映画の券をもらったため、久しぶりに映画に行ってきました。

「コクリコ坂から」


前作「ゲド戦記」ではあまり評判が芳しくなかった、宮崎吾郎氏監督作品。
ゲドはいたるところで酷評されているのを見ましたが、個人的にはそんなに嫌いじゃなかったんですよね。まあ、言葉足らずなところや、特に後半とかちょっと展開速いし意味わからんてな部分はあったけど。


「コクリコ」なんて耳慣れない言葉と、ポスターの女の子の衣装、雰囲気から、異国(ファンタジー)の物語かと思いきや、少し前の日本が舞台とのこと。ジブリの中では、「おもひでぽろぽろ」が比較対象となるのだろうか。感想をぽちぽち見ていると、よくその作品名を目にする。
おもひで~の方では、主人公の回想シーンにおける時代背景的には、確かに近いのだろう。
もっとも、扱っているテーマが全く違うように思うので、何とも言えない。


このお話はとてもシンプルであり、王道。だからこそ安心して見られるし、素直に面白いと思った。
盛り上がりどころもしっかりあり、ハッピーな終焉は見ていてやはり心地よい余韻が残る。とても爽やかだ。
自分は結構、好きですね。

宮崎駿氏の、最近の作品(ハウルとか千と千尋とか…)よりは、個人的には好きです。
それは、一つに、お話に様々な要素を詰め込みすぎないシンプルさだろう。
そしてもう一つ、登場人物達の思いが、ストレートに伝わってくるからだと思う。


この物語には、2つの大きなお話がある。
一つは、少女と少年の恋。
そして一つは、カルチェラタン解体への反対運動という、一つの目標へ向けてみんなで力を合わせること。


主人公の海ちゃんは、父親がいない女の子。母親は仕事で多忙であり、一人で自分の家である下宿を切り盛りしている。朝早くから一人起き出して、身支度を整え、朝食の準備。父親の遺影に水と花を備え、毎朝掲げる旗は、誰のためか…。
よどみなく、淡々と繰り返されているであろう日常が、この場面からだけでもよく伝わってくる。

そんな海ちゃんがとても健気で可愛らしいんだ。

下宿人達も、皆楽しげなキャラばかり。
とぼけた画家(のたまご?)、酒飲みの派手な姐さん、医学生…などなど。
みんな女の人ばっかりだけど、一番年下と思われる(海ちゃんの妹が正確には一番下だけど)彼女が、学校行く前にキッチリ朝食用意してる姿は感動モノだよ…エライ!!

やがて、学校でカルチェラタン解体の抗議運動を行う、新聞部の少年と出会うわけだ。

この2人のカンジも、実に可愛らしいというか…甘酸っぱくてよろしいですね。


「カルチェラタン」というのは、古の美しい建物。文化系サークル棟として使われていて、ホコリだらけのゴミだらけの、男子学生ひしめくナンとも怪しげな建物なんだけど、それがとても楽しげなんだよね。
そんな建物が取り壊されるというのだから、カルチェの住人達は猛反対。学校側と真っ向対立しているわけです。


学生運動とか、過去の、学生がまだまだ熱い思い…夢とか、希望とか、信念とか、そういうものを十分に抱いていた時代。
今はそうじゃない、ってわけじゃないけど…だいたい自分だって2、3年くらい前まで学生でしたけど、大学全入時代となった今、どれだけの人が目標を持って、日々生活をしているのだろうか。学生である、目的は何か?明確な答えのある人は、案外少ないように見える。
そして、そんな意識の背景には、暗く重たいものが所以しているようにも見える。不景気だ円高だ震災だ…と、就職状況も苦しい今、「コレのために学ぶのだ」という、夢を抱くのも難しいような気がしてしまう。

この作品に描かれているのは、東京オリンピック前…すなわち、高度経済成長期。
当時のことは勉強不足でよくしらないんだけど、世相が上向きだったから、人の心も自然とそうだったんじゃないかなあと思います。
まさに、「古きよき時代」っつーやつだろうね。
現代が失ってしまった、‘熱’のようなものが感じられる時代。


カルチェを守ろうという動きに海ちゃんが加わり、次第に多くの女生徒をも巻き込んで、一大運動となる。
わいわい掃除する様はスゴク楽しげ~。学生よいねえ。
これらの運動に動かされ、生徒の殆どがカルチェ存続に賛同し、やがて学校を司る、大人を動かす…。
こうして一つのコトに、皆で目標持って進めるのは、羨ましくも思えます。


カルチェラタンをめぐるシーンを見ていて、真っ先に思い出したのは、この作品。

どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)どくとるマンボウ青春記 (新潮文庫)
(2000/09)
北 杜夫

商品詳細を見る


旧制高校のトンデモ話は、今となっちゃ「ホントかよ!?」と思うけど、あんまりにも奇人変人、トンデモ過ぎて、返って面白そうだな~と思う。当時をチョット羨ましく思ってしまう。面白本ですよ。

この辺の本を読むと、なんとなくこの物語で起きている紛争について、雰囲気を理解できそうな気がするなあと思います。
カルチェラタンの住人は、この本に出てくる人たちに似ている気がするのですよ。
イカツイ顔で哲学を朗々と語る男子生徒とかね。


しかし、海ちゃん、俊くんが「兄妹かもしれない」…というのは、若干中途半端な気がする。

いや、コレがなきゃ波乱も無いしほんっと、平坦なお話で、ラストのちょっと泣けそうな、盛り上がりシーンもないわけですが、何だかとってつけたような感じがしなくもない。
話の重要な要素の一つであるとは思うけど、こいう泥沼になりそうな設定が、自分はあまり好きではないからかしら。
ラストも、そういうことでいいんだかダメなんだか、ハッキリしていないといえば、いないんですよね。

まあ、私は素直に、兄妹じゃなかったんだと思っていますが。


俊くんの友人、生徒会長の眼鏡キャラは、あれ個人的に良い眼鏡だと思いますがどうですか。
しゅっとスマートに、紳士な眼鏡。桜蘭高校~の鏡夜せんぱいをもっと優しくマトモにしたような(変な例えだな)。ボランティィィアとか、突然校歌唄いだしたりとか(笑)ネタ的にもいいような気がするよ。

まあ、私は眼鏡属性じゃあないんですけどね。



スポンサーサイト



季節外れの サマァ カァニヴァル。

遅くなりましたが一応まとめとこう。


9月19日(月祝) 高田馬場AREA
emmuree presents 『季節外れの サマァ カァニヴァル。』

サマカニ初参戦。
そりゃつい最近あんむれに興味持ったド新規ですから、何見たってするにしたってお初なことばっかですが。
6バンドも出演の長丁場。どれも一度見たいと思っていたバンドばかり。
なので、とても楽しかったです~!

何よりも、アンミュレ!そしてDVD!
DVDは先行販売に間に合うように行って購入しました。こっちも超、待ってたよ~!

会場はかなりの人で、ドリンク換えに行くのも一苦労でした。。。


○L'eprica

曲は聴いておりまして、ライブでは初。「初期ラルク」っぽいとよく言われるようですが、楽曲は確かにそんな趣があります。だから自分はとても興味を持っていましたし、一度ステージを見たいと思っていました。
ヴォーカルのレイアさんの声が、hydeちっく…。でもhydeよりも癖が無くて聴きやすいかも。
歌上手いです。

去年行ったemmureeも出たイベントにレプリカも出ていたのですが、仕事だったしアンミュレに間に合えばイイや~とゆっくり行ったので、見られなかったんですよ…。なので、ここで見られるのが楽しみでした。
初期の頃のラルクを彷彿とさせる、壮大さだとか幻想的なものを感じる曲、ダークで激しいのまで、楽曲が幅広くて良かった。
レイアさん歌うまいね。ハイドっぽさが気にならなくも無いけど、良いですよ。
勢いのあるライブが良かった。また是非見たいです。

シンさんが白髪の短いウイッグに貴族っぽい格好だった。去年見たときは(ライブは見られなかったけど、ぶっぱんにいらした)、黒髪長髪に黒服だった気がするのですが。
レイアさんは、ライヴ後に廊下で見たすっぴんのがいけめんではないかと思ってしまった…(ヲイ)


○cocklobin

こちらも名前だけはよく目にしていましたが、初…。
ヴォーカルのにぐさんが肉だとかなんだとか聞いておりましたが。…なるほどー…そういうことか(笑)
なかなかなぽっちゃり加減(笑)顔とか丸いよね。公式とかの写真では普通だったので、肉じゃないではないかと思っていたのですが…いやはや。
しかし、愛嬌が良いですね…なんか。ハジケる笑顔がきゅーと…。結構動くし(笑)憎めないカンジです。
ライヴは大変熱くて、とても楽しかったです。ギターの伊織さんがカッコ良かった、と思ったらピック拾ってしまったよ。

○dieS

なんて読むのかなあと思ってましたが、‘ダイズ’と読むのか。
揃いのバンドのTシャツ着た方がたくさんいることに気付いた。人気なんだなあ。
ヴォーカルの荒瀬さんの衣装が凄い。女の子みたいな…。タイツ履いてるけど(タイツって…)足丸見えだし短いスカートみたいのはいてるしさ。女子のような格好。目力あって割といけめんなのに。
「お前と狂いた~い」にあっちゃん的な何かを感じた。楽曲もちょっとB-Tぽいのかな。
ライヴも楽しかったです~。
サポートのお2人がハットなのが気になる。上手はハット深く被ってストールで口元隠してるし、下手はハットにタンクトップ、タトゥー。どんな出で立ちだ。上手にいたので、ついつい上手のストールの方をガン見。2人ともかっこよさげ。


○minimuni

スモークが充満する中、髪で顔が全く見えない摩天楼様が、これまたにわかには言葉が判別できない歌を唄う。他メンバーの姿すらはっきりとは確認できない…スモークたきすぎ。。。
つぶやくような、やがて叫ぶような歌声は非常に不安定で、不安感を煽る。不気味だ。
雰囲気も、曲も、とても怖い。異様な存在感だった。
ライトはひたすらに逆光で、メンバーがよく見えず…それ故に、雰囲気とあいまって荘厳さも感じた。

個人的には、ギターの眩暈さん!
やっぱりよく見えなかったんだけど(スモークと逆光で)、長髪が良いね~。ギターをぶん回すのがカッコ良かった!



○9GOATS BLACK OUT

曲や雰囲気は好きで、聞いてはいましたがやはり初。アンミュレのつぎに楽しみだったのがこのバンド。
一度ライヴに行ってみたかったんだよね~!
入場の音楽がスゲエですね…一昔前の映画が始まるかのようなロマン的な。
観客のコールも凄い。りょおりょおりょおりょお!とかうたうたうたうた!!とか。野太いデス声とかで叫ぶヒトも少なくない(笑)こういうノリなんですか。

入場したりょうさんは、片手を下げてこちらへ一礼…紳士。マイクを持つ仕草とかも、いちいち美しくキメてくる。
お顔が綺麗ですねー。ヨーロッパの貴族のようだ。写真でも思ってたけど、ホリ深いですね。綺麗な瞳に吸い込まれそうです。
肩よりも下に垂れたウェーブがかった黒髪が素敵だー。余計にヨーロッパ仕様、みたいな。

自分は特に、落ち着いた綺麗な曲が好きだったのですが、この日は全部激しいのでした!りょうさんもシャウトしっぱなし。ライブ、結構激しいんですね…。

うたさん凄い人気。長めの髪をアップにしていて、なんとなくだけど少しシズナに似ているような気がした。
そしてはちさんが可愛らしい…。

macの前にいるボウズの人は、アカヤというのか。観客前まで出てきて、煽ってた。人気者らしい。
「690min」って、ライヴで楽しそうだと思っていたので、今回やってくれたので良かったです。

楽しかったけど、落ち着いた綺麗な曲も聴きたかったよ~!
りょうさん声綺麗なんだから、歌をもっと聴かせて欲しかったなあ。まあ好みの問題かとは思う。

「我々3人、真面目な良い人間達なので、怖くないですよ!」というような事をMCで、りょうさん。
また見に行きたいです~。


○emmuree

そしてそして、3ヶ月間待ち続けた、アンミュレ。

6月からずっとこの日を待ってたよー!はまって即座に、次のライヴは3ヵ月後…という生殺し状態でしたから(笑)

しかし、自分にはいい勉強期間だったかもしれない。
その間、集めたCDを聴いたり、過去の配布音源をダビングしていただいた(大変有難いことです…)ものを聴いたりして、emmureeを知ることができました。emmureeは、配布音源がとても多くて新規には大変、過去の音源全て網羅するのが難しいのです。願ってもないことでした…!ありがとうございました!!
そして、emmureeには本なんてのもあるんだぜ…一冊まるまるemmuree本!全曲解説もあるため、これを片手に音源を聞き込む日々でした…。
このテンションが3ヶ月落ちなかったのも、なかなかなもんですな…。


この日のセトリは、大好きな「アンティーク」から。

…しかし、何かイマイチ乗り切れない部分がありました。
何だろう…。想さん始め皆さん、ちょっと固いか?
emmureeの造り出す、息苦しい程の空間は、今回ちょっと薄いように感じられました。

…と言いつつも、途中から夢中になってグレイノート辺りではそんな思いも忘れてましたが(笑)

「熱帯夜」!‘サマァ カァニヴァル’なんだから、この曲は欠かせない気がするよ!
というか、私はこの曲とても好きなので聴きたかった!ヴォーカルがえろ…大変色気があってよいよねえ。
続いての「story in heaven」の軽妙さが好き。

ナニカ気になってたのがスッカリ吹き飛んだのは、「グレイノート」。これはホント、何度聴いてもカッコいい。
自分が今まで見た公演では、必ずやってくれてました。

そして「覚醒」ですよ。
ラストにこんな曲持ってこられると、余韻を引き摺りまくりです。
覚醒もいい加減暗くて重たい曲ですが、凄絶な叫び、呪いの言葉のように渦巻くサビと、腹に響くベースに、一気に引き摺り込まれてしまう。今回は、サビの暗黒さが音源のが深かったけどね(笑)ライヴで聴くと、衝撃度が違いますよね。
ラストに重ねられてくる、ハルカさんのギターでのさくらさくらが、ライヴでようやく確認できた。

そしてラスト。なんと新曲!
明るくてちょっと驚いた。いい曲系です。少し前のラルクでもありそうな(いい加減ラルクを引き合いに出すの止しなさい)。知識不足ゆえ、例えが貧困でスミマセン。
未来永劫とか、これから新曲も幾つかあるようなのがとても楽しみですわ…

MCで、これはDVD発売のイベだと言うことを言いつつ、「まばらな拍手に歓声…」と話していましたが、想さん、ホントはコールとかあった方が嬉しいのだろうか…。やりたい気持ちはちょっとあるけど、アンミュレのファンの方ってあんまりそういうのやらないんだよねー…。
途中笑ってしまったり、ステージぐるぐる回りながら慣れない調子でMCをする姿がナンかね…ライヴ中の鬼気迫った姿と物凄いギャップですな。

久しぶりに皆の顔を見て、ちょっとうるっときたそうですが、自分も久しぶりに「emmureeの想さん」に、そしてemmureeの皆さんに会えて、とても嬉しかったです!

今回のサマカニは、想さん的には無理かなあと思っていたらしいのですが、AREAの方から「今年はどうされますか?スケジュール埋まってきてますけど…」と、お話があったそうです。
また来年も、よろしくお願いします(笑)



■2011年9月19日 高田馬場AREA

アンティーク
ROSES~骨と薔薇と闇と光~
熱帯夜
story in heaven
Gray Note Freak Show
覚醒

新曲


しかし~。
やっぱり終わった後に物足りなさを感じてしまった(欲張り)。
もう終了!?…と、つい、つい…。
前回、前々回自分が観たのがワンマンだったので、非常に濃密なライヴだったのもあるのかもね。

気持ち的には、もっと幽閉されたかったYO。


想さんの衣装は、DVDのと同じでした。朋さんも髪を巻いて、おなじような感じ。


開演前、AREAの位地を軽く確かめに行ったのですが(何度か行ってるけど一応…)、入り口付近でメイク前の朋さんをハケーン。お電話中すんません見過ぎでしたね…。長髪いいなあとやっぱり思う。


今回は、自分がそれは何年も前からしばしば(一方的に)伺っていたブログの方と、お会いできました。
ありがとうございました!

9月後半は活動的でした

埼玉の夢が潰えたため、完全に自分の夏は9月から!でした。

6月にチケをおさえていた、emmureeのサマァ カァニヴァルというイベントがありまして(笑)
自分はコレを物凄く楽しみにしておりました。彼らのライヴDVDの発売も、この日でしたしね。

それまでも幾度かアンミュレの公演を見て、毎回かなりの好印象を持って興味は高まるばかりだったのですが、6月25日の公演で、自分は完全にemmureeに落ちたわけです。

…でしたが、そこからアンミュレのライヴはしばらくお休みで、次の公演は9月19日!!すなわち、自分が物凄く興味を持った瞬間から、3ヶ月お預けだったのでした。

待ちに待ってしまいましたよね~これは。
ラルクも取れなかったし、ここに楽しみが集中するわけです。

ライヴもよかったけど、DVDがほんともーカッコよくてすぐさまライヴ行きたくなるような作品でした。
これもまた感想書きたい。


そしてっ!
23日にも、実は新潟までライヴ遠征に行っておりました。

黒服限定ライヴという、ナンとも怪しげな(笑)楽しげなイベントです。
emmureeが出るというのが大きかったのですが、その他も9GOATS BLACK OUTとDEATHGAZEも出演するということで。
デスゲイズはあんまり聴いたことが無かったのですけども、9GOATSの方は曲や雰囲気が好きなので見たいなあと思い、近県だし行くか!!と思い立ちました。

だってさあ、夏休みなのに、夏の予定がほぼ無いんだもんね!同期に友達とかいないしね!(どんだけだよ)
遠征だって、旅行の範疇ですよ…。


そんなブラック一色な公演でしたが、いやもうね、楽しかった。
何より、アンミュレがカッコ良かった。暗黒。

他のバンドもみんなカッコ良かったし、会場の皆さんも気合入った黒服だし、雰囲気も熱さも良かったです。

また後で感想まとめたい。

ライヴ後一泊して、翌日は新潟観光。マリンピアなんかに女子一人で乗り込んできたぜ。

他は家族連れとカップルばかりで、年頃の女子おひとりさまなんてのは恐らく自分独り、、、だったんだぜ。

独り万歳。気楽でいいじゃないかー!

史跡めぐりが自分の旅の恒例ですが(というか、史跡めぐりのために旅行に行く)、新潟市はあまり自分的に興味ある史跡が無くてですね…。他はまあ、街歩きしていました。
古町とかね。ドカベンの銅像見に行ったりとか。

そんな感じで、最近全くブログ書いてなかったけど、多少は夏休みらしい予定もありました。
9月後半に集中しちゃったけどもね~。

ジャケットね…

更新が随分とご無沙汰になってしまいましたっ…!

埼玉を逃し、不貞寝状態でした(笑)その間、幾つの公演が行われたことか…
ドリフェスなんてのもあったしねえ。
つーか。クロマニヨンズとラルクが同じステージってどうですか。まさにドリーム。
私は特別興味を持っているわけじゃないけど、友人に好きな子がいて、よくカラオケとかで曲聞くんですよ。
それで、自分と友人の選曲って、いつも平行線だよな~と思っていました(笑)でも、曲結構好きなのあるんだけどね。
行かれた方もだいぶいらっしゃるようで、レポ拝読しとりました。

自分が参戦するのは、12月まで待たなきゃです…


新曲のジャケット、どういうことですか。

X X X(初回生産限定盤)(DVD付)X X X(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/10/12)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

X X XX X X
(2011/10/12)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る



これは…いい…ね。
しかもこれ、初回盤と通常と、微妙に違うのね。
個人的には通常盤の伏し目がちの方が好きかな~。限定の方より、みんな表情がちょっと柔らかいような。

最近シングルを買っていなかったのですが、このジャケで買っちゃうかも。
ハイドさんが相変わらず美人過ぎる。
あまり本人達が写ったジャケって無いと思うんですけどね。レア感あるよね。

ちらっと試聴したのみですが、ナンか新しいね…?この感じ。
あんまり今までラルクに無さそうな。
PVはお決まりの外国人なおねーさんがたくさん過ぎる(笑)

防災

職場で防災訓練がありました。
結構、こういうイベントごとが嫌いではない(笑)なので、結構楽しみにしてました。

消防署の方が消火器の使い方を教えてくれて、実践。中に水の入っている消火器で練習しました。
実は去年もやったんだけども(笑)

コツは、炎の上の方にかけるんじゃなくて、出火元を狙うこと。ほうきで掃くように、徐々に火元に近づくようにする、とのことでした。しかし、いざとなったら慌てちゃうんだろうなあ~;;
使い方も簡単で、リングを抜いて、ホース掴んで、取って握って、かける、と。やはりいざとなると慌てそうだ…

そして、自分の家に消火器が無いような気がする。
古い家にはあったけど、建替えしたので、新築になってからはない…ような気がする。
こういうのやると、やっぱりちゃんと揃えとかなきゃいかんと思うよね。。。
うちにはかなり高齢な(90歳です。元気だけども。)祖母がいるんで、火の元には余計気を付けないとです。


それと、起震車。これも去年乗ったしなあと自重していましたが、次第に希望者がいなくなってしまったので、乗ってきました(笑)

震度5くらいだと、もはやあまり驚かない…かなり揺れることは揺れるけども。
3月以来、かなり余震が続いてましたからね。揺れに若干、慣れてしまった感はある。今だって、思い出したように夜中や日中でも地震があったり。関東でもコレだから、東北の方々は、これだけでも相当なストレスだとつくづく思う。

しかし、震度7となると、状況が一変したよね…こちらも去年、起震車で体験したけども。
5くらいじゃ、移動もできなくはなさそうだし、まだどうにかなりそうだけど、7ではまったく身動き取れないです。制御不能。ほんと、テーブルにしがみついてもダメ。

震災の最大震度は、これくらいだったのか…
恐ろしい…

大震災の後だから、余計に考えさせられるところがありました。


ほかは、消火栓の使い方なんかもやりました。あれ、中どうなってるんだって思いますよね(笑)

とにかく、やっぱり備えあれば憂いなし…ですね。
取り合えず、日ごろの備えはしておこう!…と、当日思っただけで結局備えてない(ヲイ)
教訓を活かそう…


プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠