FC2ブログ

大晦日

しばらく放置してしまいましたが、今年の締めくくりくらいは書きたい。

今年は本当に色々ありましたね。
自分は3月11日の大震災で、前半はかなり沈んだ日々を過ごしていました。
当日は職場に居て、皆で事務室を飛び出ました。波打つアスファルトに気持がわるくなるくらいでした。
テレビで流れる東北の映像での、目を覆いたくなる光景。それを受けて、余震のおさまらぬ中で夜11時過ぎまで震災への対応。翌日も仕事で…。仙台にいる職員には、連絡の取れなくなる人もいて、本当に心配しました。

大震災、言葉で表すと一言ですが、誰も見た事も無い、体験した事も無いこと。自分は関東で地震の被害は直接はあまりなかったものの、原発による放射能の影響に心配する日々。

計画停電もありましたね。私はこれが本当に苦手でした。。。仕事にならないのは仕方ないんですが、何しろ非常事態であるというのを感じさせられて、必要以上に不安になる。

この程度、被災された方々に比べたら本っ当ーーに小さなことで、そんなことで、文句言うなとか大げさだとか思われてしまうでしょうが…すみません。やはりどうにも、自分は小心者です。

自分の弱さも、つくづく感じた年でした。
やはり、こういう非常時に、人間の真価って問われるでしょうからね。情けない。

3~4、5月辺りまで、仕事も忙しいし、しかし担当は変わるし、システムも変わるし、オマケに後輩は入ってくるから指導しなきゃだしで、自分にはいっぱいいっぱいでした。ほんとね、キツかった。


しかし、そんな中で、ラルクやemmureeのライブに行って、かなり元気付けられました。

震災後で最初に行ったのは、5月27日のemmureeの単独公演だったかな。翌日28日は、ラルクの味スタラニバ。
いきなりツーデイズの参加(笑)
でも、それ行ってかなり元気出ましたね。

その後は、6月25日のやっぱりアンミュレ行って、そこで大ハマリしましてね。それから今年の後半は、新潟遠征してみたり、代休をライブにあててみたり、日曜ライブ行って翌日仕事行ったりとか、結構行くようになってまして。

12月なんて結構なもんでしたよ(笑)

3日にラルク@京セラドームの大阪行って、翌日は東京まで戻って目黒でemmuree単独公演。25日にはクリスマスライブでMoran・amber grisのイベント。そして昨日30日は、アンミュレの出る池袋手刀でのメルスタシーサミット…いやいや。

就職して、ちょっとお金取れるようになったからって、調子乗りすぎだね!
一回も行かない月は行かないですけどね…。

随分と元気になったもんです。ありがたいことですね。

大学の時に自分的ヴィジュアルブームがあり、好きだったSugar解散と同時にあまり行かなくなってしまいましたが、emmureeによって再び興味が出てきてしまったね。お金のかかる趣味だから、程ほどにしたいですが…


ライブなんかで気分転換しつつ、また来年も頑張りたいです。

とにかく、自分は仕事をもっとなんとかしたい。未熟者なので、日々が勉強…ほんと、少しでも多くの事を経験して、学びたいです。

そして、こんな気まぐれ更新&ごった煮な内容で申し訳ないブログに、拍手やらコメントをいただきまして、ありがとうございました!!
来年もどうぞ、よろしくお願いします。

もう少しマシにします…

神経質になりすぎかもしれないですが、私はリアルな知人に此処を知られたくないため、なっかなか仕事ネタやら身元わかりそうなネタを書けないんですよねー。だから中途半端にボカす感じになって、意味不明かと思います;
周りで、ブログが知り合いに見つかった!って子がいたので、自分は身元割れないように気をつけようと思った次第。…わかりずらくてすみませんです;



スポンサーサイト



20th L'Anniversary TOUR 12月3日 京セラドーム大阪 メモ

111204_1512~010001

この微かな色彩が見えるか…?
12月4日、ラニバーサリーツアーの最後の日に出た虹です。

その時、私は既に乗車のヒト。新幹線にて東京へ向かう途中。京都に差し掛かった辺りでした。
外を眺めると、建物の合間に見えたのは、虹。

ファイナルを迎えるこの日に、虹が掛かるなんて。 L'Arc~en~Ciel は、やはり持っているね…


さて、3日(土)。
もはやこちらに詳しいのがあるため、自分の語れる事もないのですが、自分の気になったポイントのみ書いときます。

最近、ライブハウスなライブに行くことが多かったので、こういう大規模なのは久しぶりです。
やっぱり、大きいのも良いよね。沢山のファンが集まって賑やか。セットも演出もとても豪華で。祭りだねえ!(笑)


当日、自分はスタンド席。てっちゃん寄りでした。
割と近め&観易い位置でした。銀テープはギリギリ飛んで来ない感じで(笑)
12月と言う事もあり、サンタな衣装の方がちらほら見えました。すごいなー。


幕開けは、虹。

hydeのみにあたったスポット。アカペラからの始まりが新鮮。
いつもと声の感じが違った気がして、ホントにhydeか?と一瞬疑ってしまった(笑)

凄いですよ、豪華ですね。私、今回のツアーはここが最初にして最後の開場だったのですが、背後にオーケストラ(なんと呼べば良いのやら)連れてんのね!お金か買ってるなあ…凄い。

バンド名を冠したこの曲からの幕開け、素敵ですよね。

カレス。
心躍るよね~これは。最近、結構やってくれますよね。去年だかTVでも披露してたり。
ライブで聴くと、たまらなく楽しいです。自然と身体が動く感じ。

四番街は、背景の映像がトランペット吹く人物のシルエットとか、カラフルなのが写って大変賑やか。
イントロ聴くだけでテンションも上がりますね。私もつられて手拍子、軽く跳ねてしまったかも(コラ)

ハイドさん、ライブ中に「跳べ~!!」って何度か言っちゃってましたが、会場入る前にドームのスタッフさんが「飛び跳ね禁止」みたいな紙を配ってたんですよね…。
しかし、ライブ中にそんな事言われちゃうと、つい夢中で跳んでしまうのがファン…ですよねえ。…と言いつつ、私はあんまり跳ばない(動かない)んですけどね…。


MCがあって、冬の曲…
winter fall 

この曲ならば、一緒に来てくれた友人(非ラルクファン&ライブ初体験)も知っているのでは…。
友人の反応は少なからず気になるものです…。


fate 

これは、全私が喜んだ。
fateって凄く好きなんですよ。あの冒頭のhydeの低音がとてもカッコよく、ゆっくりめなテンポでhydeの声がじっくりと聴かせてもらえてよい。
これも、何度聴いてもよいなあ。ライブで聴くと一層感動する。聴き入ってしまって、動けなくなる。
まさにディスティニーな。ドラマチックな…。
この、うねるベースがとても素敵だ。
一曲でも、この曲の満足感って自分の中では相当なものです。


ソシテ!

As if in a dream
風の行方
forbidden lover


この流れは震えました。

特に、As ifと風の行方は、思わず変な声を上げてしまった。

5月28日の、ラニバ初日でもこの2曲は聴けたと思うのですが、やはり良いよーー!

As if~
ケンちゃんのソロから始まる。まさかと思っていたら、おおおキターー!

小さな水の滴りが波紋を広げてゆき、やがては大きな海へとつながっていくような、微かなギターの音の広がり。
本当に美しく、ドキドキする。
声も出せず、聞き入るしか無かったですね。

背景には水の映像が流れていて、ますますそんな思いを強くした。


風の行方

何度も聴いたTierraで、この曲はPVと共によく観ました。背景には、PVのモロッコの茶色の大地のような、砂漠が写っていた気がする…。
若干硬質な、澄んだ声の当時の歌声とは、やはり違う。
甘く、深く、大人なしっとりとした歌声。素敵でした。


この頃の曲はどれも、どこか自然を感じさせる曲が多かったように感じます。
空や、海、大地と、そうした壮大な風景。

まさに、「果てしない空と大地に捧ぐ・・・」



forbidden lover

今回の公演で、最も印象深い曲の一つとして、これを挙げるな。

hydeのその存在感に、改めて衝撃を受けた。

この曲で、hydeに神を見た。
下からの風に煽られる長い髪、あかく染まる姿は、燃え盛る炎の中にいるような様を思わせて、両手を広げて天を仰ぐ様は、人でないもののように感じられた。

何なのだろう。
近寄りがたい美しさ。

妖精さんではない(笑)もっと恐い、力のある何か。
hydeはやっぱり、凄いね。思わず引き付けられて、目を逸らせなかった。唯一無二な御仁…。


REVELATION

ライブでこの曲を聴くのは、そんなに多くなかったんですが!AWAKEの時のようなハイド様が!!(笑)

曲の始めが物凄いもったいぶり方でして(笑)何度をー!ってやらせんだと(笑)いつ始まるんだと!
カートに乗った3名が、カートでスモークを撒き散らし、こちら側にも来たのですが、スタンドももっと下層の方なら見えたんでしょうが、一段上だったので、てっちゃんとかちょうど見えなかった…残念!

そうするうちに…きたーーきましたっ!はいど!!

椅子に乗り、担がれて、その上で悠々と足を組みつつ、そして歌う!!
独裁者!王様!!ハイド様!!!(なんぞそれ…)

おおおかっこいいす!

これはテンション上がるねえ。
実はこの曲、元々あんまり好きじゃないんだけど、ライブ他と非常に楽しいですね。
担がれつつ、やはりこちらにも接近してくれたのですが、、、他の3人よりも、輿に乗っているので位置が高いため(笑)見えました。

ゆっくりと開場をめぐり、やがてステージへ。


HONEY

ハイドがギター持って歌う。ライブだといつもテンポ早めだけど、楽しい。

セブンスヘブンにブルーリー。

セブンスヘブンは結構好きなんですよ。これも身体が自然と動き出しそうな楽しい曲で。
ブルーリーは例の如く、ホイッスル!で、投げたー。

アンコール後には、アコースティックバージョンな花葬。
新鮮で良かったなー。ハイドもさらりと歌っていて、落ち着いた、心地よい印象ですが、やはり歌詞があれなので(笑)原曲よりも大人っぽい印象。
てっちゃんにけんちゃんと、バックの演奏の方々のいる枠の上に座っての演奏、歌。すごい。


そこから、ラストへ向けて新曲、最近の曲のオンパレード。
XXXや鬼ごっこ…。XXXではひたすら背景に金髪なビジンのおねーさんがたくさん写っていたので目がチカチカしたよ…(笑)

クリスマスだから、やっぱりハリクリ。
その前にMCで、眼鏡買ったというケンちゃん…さっそくかけると、さっそく曇ると言う(笑)
眼鏡かけてるひと、曇らない方法知ってる?みたいに聞いてた気がする。…そうだよ曇るんだよ眼鏡。。。
私は普段、コンタクトだけどね。
眼鏡男子なケンちゃんは当然イイよね。似合ってる!

演奏中にちょっと掛けてくれた。。。やっぱちょっと曇ってたけど(笑)

過去の名曲から、レアな初期の曲、そして現在の曲へ。過去を振り返り、そしてこれから先へ、未来へと繋がっていくようなセトリ。
良かったです。

大阪は、ラルクの始まりの地とも呼べる場所だから。
「おかえり~」の声が掛かり、ハイド「うん?ただいまーー!」。
実は前日の夜、難波ロケッツに行ったらしく、写真撮って来たそうです。ばれない様に帽子深く被って。

当時は100人位だっけな…せまいとこでやっていたけど、今はこんな大きな場所で。

感謝の言葉しかみつからへん、と。


自分は結構最近のファンなんで、興味持って10年なんて到底いかない程度なんだけども、しかし、20年って凄いですよね。そして、その記念なライブに参加できて、良かったとおもう。

久しぶりなラルク、とても楽しかったです!

世界は回れないんだけど、凱旋東京公演を狙いたいと思います(笑)




20周年を迎えて、まだまだ、更にこれから先へ。

つい最近発表された新曲も多々アリ。そしてその都度、ここまできてもなお、新しい試みを見せてくれている。
なんと、心強いことか。

これから先も、楽しませていただきます。




L'Arc-en-Ciel 20th L'Anniversary TOUR
2011年12月3日 京セラドーム大阪 セットリスト

01. 虹
02. Caress of Venus
03. GOOD LUCK MY WAY
04. the Fourth Avenue Café
05. winter fall
06. fate
07. As if in a dream
08. 風の行方
09. forbidden lover
10. MY HEART DRAWS A DREAM
11. REVELATION
12. HONEY
13. SEVENTH HEAVEN
14. Blurry Eyes
15. READY STEADY GO

16. 花葬
17. X X X
18. CHASE

19. Hurry Xmas
20. Link

21. BLESS

大阪~東京を巡る遠征

さて、もう先週の話となってしまった、ラニバーサリーツアー@京セラドーム。
自分は月曜から仕事のため、3日(土)のみの参戦でした。さすがに大阪日帰りはキビシイからね…。

しかもですよ。
大阪、京都まで行って、観光して帰ろうと思っていたのですが、翌日4日にemmureeの単独が東京であったので、4日もあんまりゆっくり出来ない…忙しい旅となりました。
emmureeもせっかくの単独公演なんだもの…。つい行きたくてっ。

そもそもなんで大阪かと言うと。
関東人が大阪まで行くのは、金銭的にも時間的にも結構厳しいもんがありますが、FCで取れたのがここのみだったんですよね…。そもそも大阪なんで申し込んだかと言うと、京都が好きなので、ついでに観光すればいいじゃない、というノリで埼玉と共に申し込んでいたのですよ。本命の埼玉は撃沈でしたが。

しかし、行けてよかった!かなり強行ツアーだったけどね(笑)

自分は、旅立つ前ちょっと忙しかったんです。先々週は土曜午前2時まで中学の同級生(いつもの面子)で会合があり、翌日は休日出勤で丸一日出、そして一週間仕事で6連勤、しかも、仕事で色々締め切りだのやることがせまっていて目いっぱい仕事&残業、での大阪行き…だったため、旅立つ前に疲れていたという(ヲイ)

お陰で、当日。朝寝坊した…

しかし、幸いなことに電車の本数が多く、寝坊したのにもかかわらず、一緒した友人との集合時間には、あまり遅れない電車で着けました。良かったよ・・・


今回は、相方を探さねばならんこととなりましたが、結局大学の頃の友人と行くことになったのでした。
その子とも、1年ぶり?かなり久しぶりに会うこととなり、楽しかったですね。
そして、有難かったよね…。せっかくのチケを無駄にしてしまうのも勿体無いしね。


ライブの感想はひとまず置いておき、工程を書いてみます。

まず初日…

関西行くのに、京都に寄らぬわけにはいかないという、歴史好き、京都好き、寺ぶつぞう好きな私が参るわけなんで、当然一泊の忙しい工程でも寄りたかったわけです。
友人は北陸の子。サンダーバードで来るので、当然現地集合です。結局、京都に12時集合としました。

しかし、仕事が立て込んでいてあんまり考える時間も無く、ほぼノープランで京都まで来てしまった…。

駅付近なら時間がかからずいいかと思ったけど、本願寺も東寺もかなり行っているのでやめて、金戒光明寺に行くことに。バス乗って行きましたが、どうにも混んでる気がする。
バス乗り場の方に教えてもらったバス停で降り、寺を目指しますが、まず真如堂の看板が目に入りました。
地図見ると、真如堂と金戒光明寺は隣り合わせのようなんで、そんならばと真如堂へ行くことに。
エライ山道っぽかったので、若干心配になりつつ登ると、お寺の裏手に…。

・・・

・・・、あれ?なんか、紅葉が綺麗じゃないか・・・??


関東の紅葉は、とっくの昔に終わってますからね。
紅葉なんてのは全く頭に無かったんですが、京都の紅葉ってこの時期なのか??

京都に、紅葉を目掛けて来ようと思ったことが無いので(四季の景色を楽しむより、もっぱら寺史跡めぐりが中心なため、旅する季節にこだわりがないのです…)、いつがシーズンなのか知らなかったんだけども、もしや今、シーズンなんでしょうか。。。

まさに、燃えるような赤。

小ぶりの葉が美しく鮮やかで、こんな紅葉、見たことが無いなあと。
とても綺麗でしたわ…。

ツアーの方もいるし、人がたくさん。これはやはり、紅葉観に来てるんでしょうねえ。


そして、金戒光明寺へ。
幕末に興味のある自分は、以前より訪れたかった地であります。
会津藩士のお墓を参拝し、境内をあるくと、熊谷直実縁の松が。

・・・そうか!

自分がここにこんなに来たかったのは、幕末だけじゃなくて、平家物語縁の地でもあったからだったか!!

それも忘れているという…重症ですな…。

行けて良かったです。
門を直しているのが残念でした。これはまた次回のお楽しみにしとこう。

そして、祇園へ。バス券買ってしまったから、せっかくなら~っつーことで。しかし、この時点で時間が結構ギリギリです。
長楽寺に行きたかったんですよ。建礼門院が出家した寺で、安徳帝の絵とか色々特別公開しているようで。
しかしね…やはりタイムアップ。八坂神社お参りして、長楽寺の門前まで行って、引き返して来ました。
これも次回の楽しみにしとこう。


で、ようやく大阪へ。

とりあえず、宿のある新今宮まで向かう。途中、お仲間と思われる方を何人も目撃いたしました(笑)
私ども、まだ荷物置いてくるという一仕事があるのに、もう皆さん会場行くよね、そりゃそうよね…と、気持ち的に焦る!…で、チェックイン、のち、会場へ。
これが忙しかった。京都で余裕くれすぎたね。下調べはやはり肝要ですわ…><

急いでチェックインして、荷物置いて、電車で大正駅まで。
大正駅から徒歩…これはちょっと走った!開演かなりギリギリだったのですよ。着席できたのが6時数分前とか、そんくらいでしたからね!間に合ってよかった!

ライブ~たこ焼き買って帰る。

宿は、超安宿だったんですが(笑)、女性用浴場行ったら、なんとなと、お仲間の方ばかり…(笑)
5月のライブのグッズのバッグ持ってる方とか、ツアーTとか、あれっ?と(笑)
結構いらっしゃるのねwちょっと嬉しかった。

翌日は、10時前にチェックアウトして、近くの通天閣まで。
新世界というのですか?あそこの通りでビリケンとか派手な看板見て、せっかくだから大阪らしいもんを食べようと、お店へ。
串揚げと、ドテ焼きというのと、たこ焼きのセットを喰らう。串揚げ美味しかった!

ぶらっとして、続いては海遊館へ。
9月に新潟黒限遠征時に、一人で水族館へ行って以来、水族館が好きになりましてね。海遊館も行ってみたくて。
友人もお好きのようで。

海遊館も良かったですね~。魚だけでなくて、カピバラとかカワウソとか、可愛い子がいましてね(笑)
結構混んでたけど、でもよく見られました。
ジンベエザメもいた。水族館の方が、水槽の掃除なのか水槽にもぐってましたが、季節柄かサンタの衣装。。。
面白~(笑)手を振ってたりして、慣れてますね!(笑)

水族館は飽きないね。なんか不思議だよね。水の入った水槽の中を、魚が泳いでいて、それを四方から観察できる。水は透明だから、なんだか空間に浮いているような。空間を泳いでいるような。
みれば見るほどに、とっても不思議な気持ちになってくるし、それがとてもキモチ良さそうに見えてくる…

癒された…。

かわいいコレクションというのをやっていて、カラフルなのとか愛嬌ある顔の子とかたっくさんいて面白かったんだけど、時間が。。。

なんせ、14時10~20分代に、大阪港の駅を出る電車で帰らないといかんのですからね…。
お昼もゆっくり食べられないので、友人には本当に申し訳なかった。

emmureeが、東京・目黒鹿鳴館で開場時間が18時だったので、それまでには東京に着きたかったのです。
会場まで道に迷うと嫌なので、開演に間に合えばいいやと思っていくと、結局開始に間に合わないということになりそうなんで…;

鹿鳴館は初めて行く会場でしたが、事前に調べた&場所を教えてもらった&目の前をそれらしい黒いお姉さんが歩いていたため、付いていってみたので(笑)、時間通りに着きました。

・・・

公演後は、新幹線が非常にイタかったので、普通で帰りました。



そんな感じで、1泊でしたが、かなりな移動距離&盛りだくさんすぎる週末でした。
自分としては、普段の5日分くらいは活動したね!
有効に使おうとしたら、こんだけ色々なことが一日でできるのね・・・。

ラルクもアンミュレも、ライブがとても良かったし、とても充実した先週でした。



大阪へ

大阪に向かうべく新幹線乗ってます。
新幹線快適!でも高い!

チケットは、譲り先が決まりました!
譲り先…というかね。

大学の友達と行きます。
普段音楽聞かない子なのに、興味あると言ってくれて…ありがたや~(o_ _)o

地元のリアル友達は、ラルク好きがいないので大阪までなんて当然断られるし、なら比較的近場…ほんと比較的ですが…な、北陸の子に聞いたらOKしてくれました。ありがたいなぁ…

大阪、楽しみですー!

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠