FC2ブログ

卒業判定

昨日のうちに出ていたのに、今更になってのそのそ確認に行った。

掲示板の張り紙にある「合格者」の中に、自分の学籍番号があった。


口頭試問の日には、卒論に関しては卒業が確定していたから、番号があるのを確認しに行った、という感じ。単位は当然、余剰で何単位も余っているし、成績も悪くない。ただ、必修単位の取得の計算を誤っていないかが多少の心配だった。自分はうっかり者だから。

先生の元には、あれから何度も足を運んでいる。
その度に、院に残れば良かったのに…なんて話をされる。自分の卒業を寂しく思ってくれる人が、ここにもいる事が嬉しく、また、寂しい。
確かに、院に残る道も考えたけれど、結局中途半端な気持ちで行くのが嫌だったし、自分の決心に甘えが出る気がして、卒業する道を選んだ。


新しい門出、大きな出発が、私は順調に出来るわけではない。
それは自分が決めて選んだ事だけれど、新しく社会人として、大きく踏み出す友人達を見ると、己の今とこれからを、つい考えてしまう。

卒業旅行も、自分には到底縁のない話。
それだけの時間も余裕も無いからだ。…もっとも、一緒に行く程に仲の良い友人というのもいなかったから、初めから考えに無い発想だ。
それでも、周りからの卒業旅行の話を聞いていると…やっぱり羨ましくなってしまう。
鉄の心が欲しいものだ。

先日、同期の友人と久しぶりに会った。
本州から離れた、西の地域から来ている彼女。卒業式よりも前に引っ越してしまうようだった。
彼女を誘って、軽く出かけてこようかと思う。
お互い、卒業してしまったら、もう滅多に会う事はできないだろうから。


切羽詰っている時期ではあるから、そんな悶々とした気持ちを抱く暇は無いわけで、寂しがっている気持ちの余裕が無いのが、せめてもの救いである。
泣きそうな気持ちになるときも、さっと切り替えて勉強しなきゃ…なんて思うから。
今の時期になっても自分は、毎日大学に足を運び続けている。
卒業が近いなんて、到底思えない。

夜は未だ氷点下を切るこの土地は、春が来るのもとびきり遅い。
日中の暖かな日差しと、日没までの日の長さが延びたことに、いやでも季節の移り変わりを思い知らされる。

今年ばかりは、春が来るのが、もっと遅ければいいのにと思う。




Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/288-05fd13ba
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠