FC2ブログ

閻魔相手に地獄の国盗り

アツイって程でもないですが、最近なんとなく夜中に『るろうに剣心』を見てます。

自分が小学校の頃に、物凄く流行ってたけど、自分がまともに読んだのは高校に入ってから。
自分で買ったのではなく、借りて読みました。
やっぱり自分でも漫画が欲しいので、完全版を買うか、古本で全28巻を揃えるか、それが悩みどころです…

やっぱいいね。
話が一貫してると思うの。
読者に対して伝えたいテーマが、始めから最後まで、一本芯が通ってるというか。
BLEACHとかもう、何が主題なんだかよくわかんなくなっちゃったしさ(マトモに見てないだけかも)。
話があっちこっち行っちゃうんじゃなくて、当初から掲げてた、大きいテーマからラストまで逸れていないように思うのよね。

でも、京都編から後はちょっと展開がな…。
キャラクターもイマイチだったし、何より絵柄が変わりすぎだろ…ショックだった…

そうであっても、やっぱり物語の主軸はぶれないで、きちんと幸せなラストになっていたのはよかったな。剣心の贖罪と、新時代に繋ぐ…みたいなね。戦いになると、容赦なく敵をぶった切る漫画も多いけれど、剣心は「不殺」。そういうのも新鮮だった。だからこそ、考えさせる所も多いんです。
やっぱり、名作と言えるんじゃないでしょうか。

昨日見たのは、京都編ラストの志々雄V.S.剣心。
今見ると、剣心の技も斎藤の牙突なんかも笑っちゃうんだけど(笑)、面白いです。
いやね、自分で刀を振るようになって、いよいよ「剣心スゲー」と思ったな(笑)その前に、逆刃なんて刀は抜けないと思うけども(笑)
まあ、その辺は少年漫画っつーことで…
しかし逆刃という発想は、素晴らしいと思います。人を殺さない剣。剣心の「不殺」を、見た目として感覚として、よく表している得物ですよね。

志々雄ラストで、髑髏の山を由美さんと部下と3人で歩くシーンがカッコよかった!
タイトルはその時の台詞なんだけども(笑)
現世では剣心達にやられてしまった形になったけれど、地獄は悪人だらけだから、今度はそうはいかねえぜ!…的なことを言いながら。
彼はいい敵キャラだったと思います。やっている事はかなり恐ろしい事ですが、彼がこのような思想を持つに至った経緯、なんだかありえなくも無いと思えるんですよね。一方的に志々雄が悪いわけではない。悪である、とは言い切れない。
明治政府を倒そうと思って出てくる勢力ってのもまたありそうな話だったと思う。


この当時の…10年前くらいの作品としては、動画もよく出来ています。声優は残念だったけれど。OP、EDもきれいで、曲も良かった。
なにを隠そう、自分も高校―大学入学頃に、ビデオでるろ剣見て、ラルクに興味を持ったのですよ。
四番街の曲と、EDの曲が凄く合ってたなー。

ああ…ヲタ…

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/322-6dfad874
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠