FC2ブログ

一貫したイメージ

このところずっと気に入って聞いているアルバムは、Sugarの『SWEETEST』。
3月に発売されて以来、今に至るまでヘビーローテーション中です。

Sugarはインディーズのヴィジュアルバンドなので、必然的にライブ回数も多く、また地方の小さいライブハウスにも来てくれるので、数えてみるとL’Arcよりもライブ参戦回数が多いかもしれない。
近場に来るから、行きやすいしね。

検索で「Sugar ラルク」で辿り着かれる方が幾人かいらっしゃいました。
うん。これは個人的な見解なんだけれども、Sugarの曲と、そしてラルク…主にラルクの初期の曲というのは、曲によりますが、どこか似た印象を受けます。


個人的には『Tierra』が最も近しい空気を持っているんじゃないかな?…と感じます。
あとは『DUNE』。
光に溢れ、きらきらとした透明な世界。空と海と風のあおいかがやきと冷たさ、大地と緑の匂い…
なんとなーく『Tierra』というアルバムに一貫して抱く自分の印象はこんなのがあって。聞いていて、一つの物語か絵画を見ているような気持ちにもなる。
アルバム構成もまた秀逸で、「In the Air」で高い空へと舞い、「Inner Core」で深く暗い地の底へ、そして「White Feathers」で空や空気と一体となるような…

一言で言うと、一貫性がある。
一つのアルバムに、ストーリーを感じる…という印象。だから、聞いていてとても心地がいい。
私はこの『Tierra』がL’Arcのアルバム中で、最も好きです。


そして今回話のメイン、Sugar。
SugarにはL’Arcにように、曲が壮大に広がっていく印象はあまり無いのですが…なんだろうな。
曲によりますが、繊細なギターの音が特に印象的で、それが光溢れた世界、透明感のある世界を感じさせる。

前にも書いた気がするけど…
Sugarの場合は室内。
うすいカーテン越しの光と、風。また、水のせせらぎ…夜の闇と、湿り気。

特に…
曲で言うと、「あるいは裏切りという名の愛」。…凄いタイトルですが(笑)
イントロの、水が湧き出すような透明できらきらとしたギター。これが好きで、何度もリピしました。
「sleepy」なんかもね。
透明感のある曲の雰囲気が、なんとなくなんですがTierra辺りのL’の曲に通じるものがあるように感じる。
「曲」が似ているというよりも、曲の持つ「雰囲気」が似ているような。

思いっきり「ヴィジュアル系」なので、歌詞の暗さや背徳感、どろどろとしたモノはあるんだけど、それがうまく纏まっていて、とても素敵な世界を作り上げているんじゃないかなーと思います。
暗いのは物凄く暗いんだけども。
落ち着いた楽器隊の演奏が一番の要因かなあ。ジャズっぽさが大人っぽくて、曲の雰囲気が素敵なのですよ。

そしてこの『SWEETEST』。
この繊細なギターの音が好きだ。自分は弦楽器は殆ど触った事が無くてよくわからんですが、演奏、かなり上手いんじゃないか。ヴォーカルも癖があるけれど、温かい声で曲によく合っています。

こちらのアルバムも、曲の流れが秀逸。
SEで始まります。SEというのは、自分は飛ばしがちなのですが、何故かこれは聞き入ってしまう。
朝の光と目覚めを感じさせ、「sleepy」。穏やかな午前の日の入る室内でゆっくりと過ごす時間…、不安を煽り心の暗部を曝け出す「凍え揺れる炎」、ラストには全て浄化され、静かに闇に溶けてゆくような、そして新たな光りに繋がるような「月に啼き、朝を哂う花と」…

こっちはそうだな…
静かな小さな部屋で過ごす、目覚めから夜までといった、一日。
うまい例えが見つかりませんが、やっぱり物語を読むように、アルバム全編を一貫して通っているストーリーのようなものが、こちらにもしっかり感じられます。
曲の流れも気になる部分が殆ど無いので、やっぱり聞いていて心地いい。
曲の始まりと共に、部屋の空気まで変えてしまうような…


自分がアルバムを気に入るのは、個々の曲は勿論ですが、やっぱりアルバム自体の持つ一貫したカラー…「ストーリー」。
その辺、L’でいけば先ほどのTierra、DUNE、heavenly辺りが一番流れが好きで、True、HEART辺りも次点でいいと思う。
HYDEソロだと、特に『Roentgen』ですね。この純白のイメージはまさしく絵画のよう!
個人的に『KISS』はちと残念でした。個々の曲は、バラエティーに富んでて凄くいいし、どれもシングルになりそうな勢いもある。けれど、全編を通る「何か」が、いまいち自分には感じられなかった。
あくまで、個人的な意見、ですけどね。


五月の頭に、よくカラオケに行く音楽好きの友人と会ったんですが、その時に思わず『SWEETEST』を録音したCDを渡してしまいました(笑)
迷惑承知だから、感想はいいけど、聞いてみて…って(笑)
やっぱりヴォーカルがすごくヴィジュアル~なので苦手かもしれないんだけど、雰囲気と演奏は聴いてみて欲しかったのよね。

また一緒にライブ行けたら良いなー


TierraTierra
(1994/07/14)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/334-a367689b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠