FC2ブログ

レッドクリフ Part.2 を見に行ってきました

やっと『レッドクリフ』パート2を見に行くことが出来ました。

因みに、前回のパート1の感想は、コチラに。
私のことなので、当然たいした事は書いていませんが、いちおうは以前mixiで書いていたものを上げてみます。

前回は、趙雲がほんとカッコよかった~。
私は元々趙雲ファン(ミーハーですみません;)なので、冒頭の長坂なんかはもう、食入るように見てしまいましたよ。いけめんというのとはまた別で、存在や動きが素敵。


もうじき公開終了、なんてCMも流れている位なので、いまさらネタバレも無いかと思いますが、一応折り畳んでおきます。これから見に行こう、と思っている方がもしもいらっしゃったら、余計な先入観は無い方が良いと思うのです。

色々と考えずに、ドカンと派手で迫力ある戦場のシーンが楽しめたら、面白い映画なんだと思います。
夜の川が赤く燃え上がる場面は、地獄絵図のようで、本当に凄かったです。


ただね、今回はより戦争メインなお話だったと思うので、前回よりも内容が薄いかも。
見終わったとき、印象がドーンドーン!!な戦争シーンのインパクトが強くてなあ。

そして、ツッコミどころが多い!(笑)

私はそこまで三国志に詳しくないのですが、それでもツッコみたいんです。
映画もあんまり見ませんが、でも良いたい。


まず孫権!
前線に出すぎだぞ!自重せよ!!(笑)大将があんな所にちょろちょろしてたら、危なくってしょうがないでしょ!無双でだってそんな暴挙はしていない!(ヲイ)
孫権の役者さんは凄く男前でしたけどね。
同じくらい、劉備も出すぎだった(笑)

尚香も、あんな姫を敵の陣中に密偵として入れるなんて…姫が無謀すぎる。危ないですから><
尚香はかわいかったんですけどね。でも、蹴鞠の彼との友情(愛情?)は、よかったです。和んだ。
いい加減ばれるんじゃないかと思いつつハラハラ見ていたけど、案外あっさり任務完了してたな…

そしてですよ、小喬。
彼女の行動が、ちょっとよくわからんです。個人的には、大人しくしていた方が良かったんじゃないのかなあと。その心意気は良いと思うんですが。置手紙に、「お腹の子と一緒に戻ります…」というような事を書いて単身乗り込んで行きましたが、これは足手まといになってしまうのでは…?総合して考えるとさあ。
結局、小喬のお陰で風向きが変わるまで曹操が動かなかったと言うことになっていたんですけど。
しかしここまで小喬を話の中心に押し出す意味は、あったんだろうか…
小喬自身はやっぱりとても美しくて、お茶を入れる仕草、手の動きなんかはとても色っぽかったです。
一人だけ涼しそうで、画面に映ると空気が変わる感じ。美人さんって良いな。

その肝心の曹操の描かれ方は、やっぱりどうなんだろうか。前作のラスト辺りに、「女一人のために戦を起こそうと言うのか」的な事を言われていましたが、これじゃあな。この戦いの大きな目的の一つに小喬がある、という事なのがちょっといただけない。いくらなんでも、そこまで単純でないでしょうよ。今回見ても、やっぱり何だか単なる途方も無い野心家、単純な敵の策に引っ掛かる、孔明周瑜には劣る人間、に見える。一言で言えば、お間抜けさん…
私の好きな『時の地平線』という漫画や、吉川英治の影響かもしれないけれど、曹操には曹操なりの信念があって、正義があって戦っていたはず。もっとカッコよくて切れる人物だったと思うんですよ、ね。詳しくないからイメージで語るしかないけど。人間味があるとも言えなくは無いけど、ううむ。
しかし、陣中の兵を見舞っての家族に関する演説(?)は、なかなか。
魏は、この曹操くらいで他の兵が全く名前なしお顔なし武将と化して、張遼だとか徐晃だとかお馴染みの武将すら全く出てこない…いや、エンドロールに名前があったから出ているんでしょうが、どの武将だかわからん。まあ、今回はドーンドーンが主だったんだけども、それも残念な点です。


そして、前回良かった戦争の場面…。今回の印象はと言うと、やっぱりこれです。

“ドーン!ドーン!!”


何度目だ。
…ってこれ、火刑につかった燃えた石みたいのとか火炎リンみたいなのの爆ぜる音なんですが、とにかく、夜の闇に火が飛び交って、爆発、人や船が炎に飲まれる様子が一番印象が強かった。
矢が雨のように降り注ぎ、ばったばったと倒れてゆく兵士達。灼熱の炎に包まれる船や、炎に飲み込まれる兵の描写は本当に凄かったんですが…

悪く言えば、これだけ。

何が不満かと言えば、武将達の個人プレーが殆ど見られなかったこと!

これが残念だったんですよう。
やっぱり三国志と言えば、武将達の活躍が楽しみなんじゃないかなあ。いくら周瑜が主役でも。
映画全体を通して監督の創作部分が結構あったと思うので、ここも史実と違っても武将の個人プレーをもっと入れて欲しかった、というのはダメですか?(笑)特に関羽、張飛、殺戮マシーン(完全に酒見氏の小説の影響です 笑)の威力を今回も存分に見たかった。今回でも出すぎなくらいかもしれないけども、他の陣営の武将が殆ど出てこなかったので、やっぱりこの辺が出張るしかないじゃないか。
趙雲は今回も見せ場多かったですけどね…あ、趙雲はもっと動いても良かったな(コラ)

前回は、関羽・張飛なんかの立ち回りもカッコよかったんですが、今回はひたすら “火” 、 “矢” 。
矢の雨の前には、いかなる英雄豪傑も活躍しかねるわけなんでしょうか。
今回は弓矢の量が半端なく、人がどんどんなぎ倒されて屍の山が…。ヒドイ><
何と言いますか、今回は各将でなくて全体でどん!、というような戦争シーンだったので、なんとなく印象が薄いんです。同じような映像の繰り返しに思えてしまう。ただ、「うわー燃えてる!凄い!」「兵士の量すげえ!」という印象で。


しかし、趙雲ファンとしては今回も美味しかったです。
前回は阿斗さま、そして今回は小喬まで助けるという彼のスーパーマンっぷり(笑)どんだけなピンチヒッター(?)、お助けマンなんですか貴方は。
白い鎧が眩しい!(笑)
周瑜と背中合わせで戦ったり、塀飛び越えたり、やーいいですね。ありがとうございました。


10万本の矢のエピソードは良かったです。
金城さんの孔明、ちょっとお茶目な感じで良かったんですが、魯粛の慌てっぷりも何だか可愛くて。胃に穴が開きそうです。魯粛は前回もそうでしたが、良い味出てますね。かかし殿。

お団子のシーンはちょっと笑った。周瑜の茶碗に、次々とお団子を入れていく人たち。一体どこまでの人が入れるんだとハラハラです(笑)
蜀の方でもお団子作ってましたが、あのむさいデカイ恐持ての武将が揃って、不満そうな顔付き合せて団子を丸める場面…やっぱりちょっと笑った。張飛豪快過ぎる(笑)
こういうちょっとした笑えるシーンはよかったです。


黄蓋のシーンはカット。「私を罰して下さい」と申し出はしていましたが、三国志お馴染みエピソードが入っていなかったのがちょっと気になった。…ほんとうにどうでも良い事ですが、黄蓋は北大路欣也に少し似ている気がして。魯粛の隣にいる場面が多かったですが、上記のセリフを聞いて誰だったかわかりました;
後、ホウトウも出てこない。


結局長くなってしまいましたが、全体としてちょっと内容的な印象が薄くなってしまったものの、映像自体の迫力はあるので、面白く見られる映画だとは思います。
兵隊の人数も相当なものだったと思うので、「何十万」という兵の規模も伝わってくるし、小説では流して読んでしまう、戦争の凄惨さも伝わってきます。こういうとき、やっぱり『時の地平線』の影響で、兵士一人ひとりにも人生があり、家族があり、犠牲者は一人も出してはいけない…と苦悩した諸葛孔明の気持ちを思い出すんだよな…。

大規模で派手な映像がお好みなら、とても楽しめるのでは。
パート1からあわせたら、十分私は楽しめた映画でした。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/495-b87525b9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠