FC2ブログ

はまりやすい性質ですから

『覇王別姫』での、蝶衣の衝撃は相当なものがあり、演じたレスリー・チャンの出演している他の作品も少し手を出してみようかと思っています。
中国やそちらの俳優さんなんて、今まで殆ど知らなかったんですけどもねえ。日本の俳優だって有名どこしか知らないし; あんまりテレビもドラマも見ないんですよ…
あの女形の美しさと、お化粧落とした後もまた綺麗で可愛らしい感じが、妙にツボだったのかも知れないです。演技も凄く良かった、と思う。…まあ、なんにしても、自分は綺麗な人が好きなんでしょう。

相変わらず私の携帯待受は、京劇メイク姿のレスリー。 びじん…!
調べてみたら、『牡丹亭』という演目の「杜麗娘」という衣装に近い気がするけど、正確な所はわかりません;


生来、なんでも興味を持ったことにはのめり込みやすい人間なので…ヲタ気質というか…

少し気になると、調べたり、関連物に色々手を出したり、しないと気がすまないんです、よ。
取りあえず、手軽に利用できる図書館にあるものに手を出してみました。地元図書館はやたら資料数が豊富なので、ものすごく有難い。
その前に、今は図書館勤務なんですよね実は。なので、単純によく行くし資料も絶えずチェックしてるんです。それが仕事だし;


やっぱり歴史好き→時代物っぽいのが好き、なために、まずは 『チャイニーズゴーストストーリ』 を見ようと思ったのですが、貸出し中だったので予約。タイトルがなんだかな…
でも面白そうです。2の方も所蔵あるみたい。やった。

今日借りたのは 『白髪魔女伝2』 
なんというか、タイトルが凄い。 直截的だなあ。 
どんな伝奇アクションだよ!…と思ったのですが、半分くらい見た感じだと、チープな印象はありますが少年漫画みたいでまあ面白いか。しかしまだ肝心のレスリーが出てこないんですけどー;; でも、結婚初日に嫁を奪われた若者が、なかなか男前でちょっと嬉しかった(笑) 
いきなり“2”なので、お蔭で話が唐突過ぎて脈絡がわからん。

あとは、現代劇の方でも、幾つか所蔵があるので予約してみようと思います。今、みんな貸出し中ということは、人気なのでしょうかね。


そして、歌の方。
レスリー氏、元々は歌手でデビューしたと言うことなので、歌声を聞いてみたいなと思ったのですが、さすがに彼のアルバムの所蔵はありませんでした。レンタル店に行った方が早いかも。
しかし、『ベストオブ・アジアンムービー』なるオムニバスのCDに、『花の影』という映画の彼の歌う挿入歌が収録されていたので、聞いてみました。
予想外に英語の詩だった!洒落た素敵な曲でした。さすが歌手(ってのも変ですが)良い声してますね。


…韓流ドラマもまともに見たこと無いのに、凄い変化です。
我ながら何と単純なことか…


一つの事から色々と広げていって、新しい境地が開けるのはいい事じゃないか、と言ってみる。


京劇解説本も当然、借りてきてますよ。写真ばっかりで見やすいやつですが。
いつか見に行きたいです。


そして、映画本。
映画なんかまたこれ殆ど見ないのにね!


『覇王別姫』 関連の論文、記事が載っている本が幾つかあったので、それを借りてみました。

男たちの絆、アジア映画 ホモソーシャルな欲望男たちの絆、アジア映画 ホモソーシャルな欲望
(2004/04/20)
不明

商品詳細を見る

四方田さんの本、大学の授業の参考書だったことあるのよね。
ほも…サブタイトルにどーんとあるけども、この辺りも随分と奥深い世界なのですね…勉強になりますが

演劇と映画―複製技術時代のドラマと演出演劇と映画―複製技術時代のドラマと演出
(1998/01)
青木 孝夫

商品詳細を見る


中国映画を読む本中国映画を読む本
(1996/05)
藤井 省三

商品詳細を見る



極めつけは、シナリオ集

中華電影的中国語 さらば、わが愛 覇王別姫―中国語・日本語対訳シナリオ集中華電影的中国語 さらば、わが愛 覇王別姫―中国語・日本語対訳シナリオ集
(1996/05/08)
陳 凱歌

商品詳細を見る

図書館て、有難いですね…

本の最初に、劇中の写真とかあるかな~と思って借りたら、やっぱりカラーが数ページありました。
監督のインタビューなんかも。
ビデオが字幕版で、うっかり見落とした台詞とか、何度かに分けて見たために、曖昧になってしまった所を補完するにも役立った。人物の心情や場面の状況を理解しにくい所もありましたしねー。
そして、字幕と表現が違うところが幾つかあったことが気になった。
自分の見たのは戸田奈津子さんの訳でしたが、戸田さんは英語版の映画を元に翻訳したらしいので、訳に差があるらしかったです。

一番いいのは、原語で理解できることですが、私にはサッパリです;
第二外国語は中国語でしたけど、ほんと殆ど身に付いていません;;英語より嫌いじゃなかったんですが、どうにも語学のセンスが無いんじゃないか自分。結構授業は頑張ってはいたんですけど…;しかし発音が難しい言葉だと思いました。



おお、こう書くと、随分とファンみたい…
ですが、何となくでも興味を持つと、自分はいつもこんな感じなんです;



Comment

2009.10.07 Wed 08:03  |  レスリー

初めまして。

“覇王別姫”は面白かったですね!
レスリー・チャンも良いのですが、レッドクリフにも出ていた
チャン・フォンイーの迫力のある演技が印象的でした。

チェン・カイコー監督の最近の作品は批判される事もありますけど、
“北京バイオリン”など、個人的には好きな監督です。

“チャイニーズ・ゴースト・ストーリー”ですが、
一時期流行ったキョンシー映画みたいな雰囲気でした。
Part3ではトニー・レオンの坊主頭が見れます(^^)

そのトニー・レオンとレスリー・チャンが共演した
“ブエノスアイレス”は冒頭からヤバい雰囲気なので
思い出したくもない作品ですけど(苦笑)

レスリーなら【男たちの挽歌】、コン・リーなら【活きる】が
好きな者でした。。。

  • #mQop/nM.
  • JIM
  • URL
  • Edit

2009.10.09 Fri 23:51  |  初めまして。

>JIMさん

初めまして。コメントありがとうございます!

『覇王別姫』、とても衝撃的で、殆ど映画を見なかった自分には、かなり印象深い映画となりました。
幼少時からトラウマものな過酷なシーンの連続と、レスリーの女形の美しさ、豪華な京劇の舞台と、大きな歴史の流れに翻弄される人物たち。
色々な要素が合さって、忘れられない作品です(って、まだ見たばっかりなんですけどね…)

チャン・フォンイー、どこかで見たことある…と思ったら、レッドクリフだった!というのが驚きでした。レッドクリフは、数少ない、劇場で見た映画でしたので。悠然とした構えや、笑顔が印象的でしたね。

「チャイニーズ・ゴーストストーリー」、3まで図書館にあるようなので、借りて見てみようと思っています。若いレスリー・チャンが楽しみです(笑)
トニー・レオン、坊主なのですか!

実は、「ブエノスアイレス」も気になってます(笑)もろにソッチなお話のようですが、昔話題だったな~と思う気持ちと、レスリーの同じく同性愛的なお話なので。

映画は初心者、華流はもっと…ですが、これから色々見てみたいなと思っています。

  • #mQop/nM.
  • 雲隠
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/539-41881c9d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠