FC2ブログ

新刊

諏訪さんの新刊が7月に出るそうです。楽しみだ~

西(シナル)の国の物語~ペルシア神話より~ (フラワーコミックス)西(シナル)の国の物語~ペルシア神話より~ (フラワーコミックス)
(2010/07/09)
諏訪 緑

商品詳細を見る


諏訪さんの漫画は、中国史や日本を舞台にしたものしか読んだことが無いので、ペルシャのお話…って新鮮で、余計に楽しみです。
玄奘の方の続編は、どうなるんでしょうね。6月ごろからだったと思うので…ってもうすぐだ!何かしら新しい情報が知りたいところです。

諏訪さんの漫画って、手に入りずらいのが悩み!
文庫になってる『玄奘』や『うつほ』ならば古本でも割りと見かけますが、『西王母』とか『蠶叢の仮面』とかは全くと言っていいほど古本屋で見かけないんですよね。絶版だからもとより本屋には売ってないし。
10年ちょっと昔の作品だから、そんなに前ってわけじゃないのになあ。オークションに手を出さないとダメだろうか。
最近出た、『ひすいの国』も、結局近場の本屋で見つからなくてネットで注文したし…。大体ですよ、時地もなかなか置いてある本屋が無くて、連載当初でも限られた本屋でしか買えなかった記憶があります。
好きになると、全部集めないと気がすまない方なので、是非とも他の諏訪さん作品が読みたいんですが。ふーむ…
とても良い作品を描かれる方なので、もう少しメジャーになったらいいのに…と、常々思います。

そもそも何がそんなに、自分の好みにハマったのか。
絵柄も、さっぱりしすぎてもとはあまり好きな系統ではなかったはずなんですけどね。

私は歴史が好きなんで、諏訪さんが描く題材はもともとどれも興味深かったのですが、やっぱり。お話の内容ですよね。
先が気になって気になってどんどん読み進める…という作品ではないと思いますが、登場人物たちの感情描写が細やかであり、丁寧。そして何より、読むほどに味わいの増すお話だからということでしょう。
これまで自分があまり意識してこなかったような視点で、物語を描かれているからじゃないかと思います。
玄奘なら、今も世界で争いの絶えない宗教の問題であったり、時地ならば、支配者の側ではなくて、普通の生活を送る庶民の側や、異民族といった存在への視点であったり。自分も大学で歴史をやっていたので、こういう支配を受ける側に触れられているのが、とても気になるんですよ。
正直な話、最初に手に取ったときはあんまりピンとくるものが無かったのもありますが、時間を置いても、時々何故だかとても読み返したくなるんです。読むたびに、何か発見があるからなんだろうなと思います。
そして、時や場所を越えて、壮大な広がりのあるお話であることも良いよね!



そして、
恋泉 特装版 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)恋泉 特装版 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)
(2010/05/01)
皇 なつき

商品詳細を見る


皇さんの漫画、特装版て…

皇さんの漫画は一生懸命集めてたので、ここに収録されているのも当然全部持ってる話ばっかりなんですが。
これは…やっぱり欲しいかも。
この表紙だけでも買ってしまいそう。やぱりねえ…麗しい。
皇さんは新作も決まってるそうなので(今度は江戸ものだそうですが)、これも楽しみです。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/607-bc459ae1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠