FC2ブログ

最近思ったこと色々

やらなきゃいかん事があるのですが、調子に乗って本日もういっちょ。
思ったこと色々。



・ドクターマーチン

HYDEも最近履いてるらしいドクターマーチン。私も持ってます。
私のは古着屋で見つけたので、格安3000円以下!本物なのか?まあいいんだけど。
ホントは、もうワンサイズ大きいの良かったんだけど、安いし綺麗な状態のものだったので買ってしまいました。
古着屋の兄ちゃんが、「超激安っすよ!」と言ってたのが印象に残ってます(笑)開店セール中だった気がする。
大学に居る頃だったのでかなり前なんだけど、ライブとかでそれから結構履いてました。
確かに、靴底結構柔らかくて歩き易い。
冬、雪が降って道が滑り易いときに、学校行くのに靴が丁度いいのがなくて、コレを履いてったことがありました。これが、滑らないし足も冷たくないしで、具合が良かったんだよねー。雪国で生まれ育ってないので、雪が積もった時の対策がないんです;
私のは14ホールだったかなあ。最近履いてないから忘れましたが、長いので凄く履き辛いんです…
紐がめんどくさい!!

HYDEはどんなの履いてるんだろ?
私も、本当に欲しかったもうワンサイズ大きなものを買おうかなあと、ちょっと思ってしまいました(笑)



・BUCK-TICKライブ

地元にくるのは結構前から知ってたんだけど、どうしようか考えているうちに来月になってしまった。
職場の人が市内の催し物カレンダーを見ながら「バクチクってまだ活動してたんだね~」というような話をしていた。すかさずそうですよと反応してみた。
やっぱり行こうかなあと思ってチケットを調べてみると、立見のみまだ売っていました。

この立見、って、これ指定と同じ値段なのがちょっと納得いかない気分なんだよね。座席の最後列の後ろのスペースに立見、なんだもんねえ。
指定席でも、まあ公演中はほぼ立ちっぱなしだから同じと言えば同じなんだけど、やっぱりちょっと…;;
次の機会にしようかな。

でもグッズが欲しいな~。レトロで妖しげなイラストが素敵なんです。ハンドタオルとか欲しいなあ。バクチクのライブのグッズって、いつも公式で見るだけだけど、落ち着いてるデザインのが多くて日常使えそうなのが良いですね。ラルクのはちょっと派手だったり普段使うような物がなかったりして、あんまり日常使えそうなのが無いんだもん;
ライブでのグッズに実用性ってそもそも求めちゃいけないのか。


・『獣の奏者』Ⅱ

読み終わりましたー!Ⅰからちょっと間が開いてしまいましたね…。職場の先輩から貸して頂きました。
やっぱり面白いです。『守人』シリーズよりも、もしかしたら好きかもしれない。
もともと児童文学なんだそうですが、これは大人が読んだ方が面白いんじゃないかね?結構難しいと思うの。
それぞれの登場人物の思いが交錯して、謎の多いお話。今回は謎について結構語られていました。
そして、ほんっと、甘くない。
主人公のエリンが、どこまで過酷な人生を送らなきゃいかんのかと。最後の方では涙目でしたよ。心も、身体も、傷ついて、たった一人。うおぉ・・・なんて孤独なんだー(涙)Ⅰから既に過酷だったんですよね。お母さんんんんー!小さなエリンが背負うには重た過ぎるよ!
そこからもう話に引き込まれ、一気に読んでしまいました。今回はちょっと間が開いてしまったけど、途中からは止められなかったです。続きが気になる。



・『大唐見聞録』3話

諏訪さんweb漫画の更新…て、先月ですが(オイ;)
今月は更新が無いんですよ~。来月19日まで待たなきゃならんのです。
3話目は表紙が既に袁天兄さんで思わず吹いた。兄さんに手を差し伸べられたら付いて行くしかないですよ…!
今回は袁天さんかなり出ていたので嬉しい限りです。しっかしあんまり「いい人」ってわけでもなさそうですが。よくわからん人ですね。少年と袁天さんの関係もよくわからないし、そもそも少年は何者なのか…謎は深まるばかりです。
袁天兄さんの流れる黒髪がにくい。振り返りザマがいい(どんだけだよ)
これを読んで、井上靖の『楼蘭』を読み始めました。井上靖ブームが個人的に来てた時に手に入れてはいたのですが、それからしばらく放置してしまっていました(またかよ)積読本が多いのです;
地理がよくわからないのですが、まあ今回はシルクロードが舞台ってことではなさそうですけども。三蔵法師→シルクロード、ってな図式がどうしてもありますからね。
井上靖はやっぱりいいなと思いました。



・今年の謙信公祭

いい加減情報遅すぎるんですけど、今年の祭り、GACKT謙信が出陣なさったそーじゃないですかっ。
先週友人と会った時聞きまして、すごい後悔したんですけど…
初めてGACKTが出た時は、面接の都合上無理で、次は出なかったみたいだから油断していたらコレ。無念。
確かに、以前HPで「呼ばれたらいつでも行く」というような事を書いてた気がするんだよね。あれから天地人で阿部ひろしが謙信やって、そっちも評判良かった(少なくとも自分の周りでは・・・信長みたいだと言われてたけど)からどうかなと思ってましたが、あくまで謙信はGACKTイメージなんですね。
私は嬉しいですけどね!ヴィジュアル謙信いいじゃん。一人だけゲームキャラ混じってね?みたいだったけど。一人だけFFの登場人物か、無双キャラか、と物議醸しそうだったけど。
長髪だったのも私には重要なポイント!(笑)大河はもともと見ない方だけど、GACKT出てる所だけ借りて見てましたze。

謙信公祭、実は4,5年前に行ったことがあります。
昔から、上杉謙信って好きだったんですよね。春日山城も何度か登ってます。
当時は誰がやっていたのかよくわかりませんでしたが、夜に行われた川中島再現の時の騎乗姿はかなりサマになってたような気がします…

あーもう、来年はチェックしてみよう。もう出ないかもしれないけど…



・『泣き虫弱虫・・・』

諸葛孔明。この本、図書館で借りてはまり、文庫版を買ってしまったんですが、最近目に付いてちらっと開いたらやっぱり面白!フツウに吹き出すくらい。結構厚みはあるけど、面白いので問題なし。続き早く出ないかしら。

結構前ですが、北方三国志も無事読み終わってます。
自分が挑戦した、一番長い本かも…?
超然としたシブイ馬超が好きでしたが、ラスト近辺で次々と英雄を失った蜀で、一人武を支えた趙雲がすげえシブくてカッコよかったです。それまではちょっと陰が薄かったように思いましたが、重鎮、豪傑といった風格の彼は存在感がありました。趙雲の最期は軽く泣いた…けど、あの一言が謎。「男の別れだ、さらば。」というような…

こういう歴史に現れる社会では特に、そりゃそうなんですが、男社会というか、表舞台はみーんな男性ばかりで、女性って結局入っていけないのかと。男…
北方謙三の三国志は、やっぱり男くさかった。こういう、男とはこうあるべきだ、的な台詞がよくあって、じゃあ女の私は置いてけぼりかとちょーっと思った。思わなくてもいいところだと思うけど…
しかしそこが、カッコいいっちゃカッコいいのかも。登場人物一人ひとりがカッコよかったです。

そして結局は趙雲ファンです(笑)

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://kumogakure9463.blog79.fc2.com/tb.php/642-c42120f9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠