FC2ブログ

140年前の今日

今から遡ること140年前の今日、会津白虎隊の少年達が、自刃して果てたという。
旧暦では8月23日のことだ。

時は幕末、新政府軍と旧幕府軍の戦いが繰り広げられた戊辰戦争。
旧幕府軍で中心的な存在であった会津藩は、先の見えた戦いに最後まで抵抗を見せ、幕府への忠義を全うしたのだった。

白虎隊は、会津藩で組織された、少年だけの隊。
会津藩士達は、会津での戦いにおける戦力として、年齢により幾つかの部隊に分けられていた。
主力となる青年部隊の朱雀隊、壮年の青龍隊、老年の玄武隊、そして、16、7歳の少年達からなる、白虎隊。

勿論、年端も行かぬ少年達の部隊であるから、予備戦力として想定されていた筈であるが、新政府側に圧倒的な力の差を持って攻められた会津藩の窮状は、それを許さなかった。

結果、孤立した白虎隊士士中二番隊の20名は、集団自決。
新政府軍との転戦や、秋雨の冷たさに体力を奪われ、空腹、頼みの隊長も行方知れず…
そんな中、彼らが見たのは煙に包まれた鶴ヶ城。落城したと、そう彼らは思った。
城と、藩主のためにここまできたのに―最後の望みも潰えた。そんな少年達の出した答えは、ただ一つだった。


壮絶、だ。
ここまでの忠義忠節というのは、現代の我々にしてみたら、全く考えも及ばないところであり、理解しがたい部分でもある。「何もそこまで…」と、今ではそう思うのが一般的であろう。
幼さゆえのひたむきさ、馴れない戦争の中、極限の精神状況で、たった一つの支えが無くなってしまった時の彼らの心理状況は、推し量りがたいものがある。
また、この時城は落城していなかったというのだから、随分な話である。更に、自刃してしまった隊士はこの20名であり、他の多くは生き延びたというのだから…。

しかし、彼らの精神、覚悟には、やはり心を打たれずにはいられない。
いいのか、悪いのか、理解できるか、出来ないか…そういう事は抜きにして。
日本の武士道と呼ばれるものの、純粋な部分が結晶して出来てしまった悲話なのではないか、と思う。殿のために、と、そうして散らせてしまった命は、とても崇高な物として感じられてしまうのだ。


そういう感情を持つ事…やはり自分も、日本人なんだなあとしみじみ思います。
自分がこの話を知ったのが、中学校の頃。たまたま家族で東北旅行に行き、会津を訪れたのが切欠でした。
一冊、会津の地元の出版社から出ている白虎隊の本を買ってきて、家でゆっくり読んでみたところ…衝撃でしたね。自分と年が変わらないのに、考え方が全く違うと。そして何より、殿様のために自ら命を絶ってしまった事に。当然の事ですが、到底自分じゃ考えられない状況だと思いました。

今更ながら、彼らの安らかな眠りを祈ると共に、毎日が平和な日本に感謝です。
そして、こうした悲劇の繰り返しの上に、今の自分達の生きる日本があるという事も、忘れてはいけないですね。



余談ですが…
これを打ち始めた瞬間、雨が降り出しました。
すぐに止みましたが、そう言えば白虎隊の最期の日も、こんな冷たい雨の降る日だったのだろうな。
凄い偶然です。
ということで、追悼の意も込めまして、テンプレートも可愛いハロウィン仕様から曇り空へ…

Basilisk

バジリスク”というのは「視線で物を石化させる」とか「猛毒を持つ」などという伝説からか、よくゲームやら漫画やらのファンタジーの世界で良く見かける名前ですが…
初めて“バシリスク”なる爬虫類が、実際にいる事を知りました。

TVの珍獣ハンター企画で、コスタリカだったかしら。
この実際のバシリスクというのは、猛毒も石化させる力(当然だろ)も何も持っていないようですが、なんと水の上を走る!!

とととーっと、途中で沈んでしまうのもあったけど、向こう岸まで水面を早足で駆けて行く様子が映されました。すごい!

1秒間に20歩も繰り出すために、「踏み出した足が沈む前に、次の一歩を出す」から、水上を歩ける、と言う事らしいのですが、これって昔読んだ忍者本とかに載ってた原理と同じじゃないか!(笑)
図書館で『忍者大全』とか何とかの微妙な企画の本を借りた事がありましたが、そこに確かこれと同じことが書いてあって、その一歩が出ないんじゃないかと思った記憶があります。
しかし、なるほど!確かに「踏み出した足が沈む前に次の一歩を出す」事ができれば、水上を歩く事ができるのですね!(笑)
あの本は、完全に間違いじゃ無かったわけだ(笑)

バシリスクは手足が特殊な形状をしている訳ではないのにね、面白いもんです。


“バジリスク”から派生して…

バジリスク―甲賀忍法帖 (1) (アッパーズKC (197))バジリスク―甲賀忍法帖 (1) (アッパーズKC (197))
(2003/05/02)
山田 風太郎せがわ まさき

商品詳細を見る

『甲賀忍法帖』漫画版。漫画も読んでみたい。
主人公の弦之介・朧が、どちらも瞳を使った術を操り、しかもそれがどちらも比類ない威力!
なるほど、“バジリスク”ですね。


BASILISKBASILISK
(1995/04/21)
D’ERLANGER

商品詳細を見る

デランジェ、これも持ってはいるのですが、殆ど聞いていないなあ。
KYOさんの当時の声がちょっと苦手で…。ユッキーと一緒にDIE IN CRIESで活動されていた頃のが、聞き易くなってるかも。


それにしたって、動物は好きなんだけども、爬虫類はどうにも好きになれないなあ…可愛くない。
トカゲすら捕まえた事が無いんだよなー(それはのろまだからなんですけど;;)

ゲド戦記

ジブリ映画の『ゲド戦記』。
金曜日にTVでやっていたので、見ていました。

この作品、どうも評判がよろしくないですよね。
でも、そこまで酷評されるほど、酷くないんじゃないかと思うのですが。
私は普通に楽しめました。

『ゲド戦記』は、友人に誘われて、珍しく映画館にまで行きました。私は映画はあまり見ないので、映画館は年に一度、行けばいいくらいなのです…
ジブリ作品で映画館に行ったのは、この『ゲド戦記』とハウル(こっちも誘われたから行った)だけ。あと『もののけ姫』は、地元の映画祭でやっていたので、それで見て。
基本的にはビデオ・テレビで見ます。

そして私、ジブリは普通に好きですが、「ジブリ好き」という程のファンでもない。
小さい頃からトトロや魔女の宅急便を見て育ったので…そういう思いいれや親しみは、やはり人並みにはありますけども。
元々アニメが好きなので、アニメ作品の一つとして関心がある、という部分もあります。


この『ゲド戦記』の印象。
恥ずかしながら私は未だ、原作本の『ゲド戦記』は読んでおりません。なので、内容をさっぱり知らない状態でこのアニメを見ました。

そういう人にとって、この映画は、かなりわかりずらいものだと思います。
頭から突然、父親を刺し、殺めてしまう少年…もうここから急展開で「ええっ!!」と惹かれますが、最後まで、イマイチその理由がわからない。

二重人格のように、アレン少年には自分には抑えられないほどの凶暴な面が出てくる…というような事を自身で語っていましたが、それと関連があるのだとは思いますが。
彼の持つ「凶暴な自分」…それは、死への狂おしいほどの恐怖からのもの…と、最後にはクモの言葉から察せられるけれど、うーん。
結局、「死への抵抗」と、「死を自然に受け入れる事」と、その2つの対比で、前者がクモであり後者がゲドであり、アレンはその中間を行き来する人物であり…
だったと思うのですが…自分の解釈なので、ちょtっと自信はないですが;
話としては、纏まっていると思います。

そもそも、少年と少女が頑張って、成長する…というような話が好きで、ジブリ作品で言うところの「ラピュタ」が好きです。勿論、ジブリで一番すきなのも、『天空の城ラピュタ』
なので、ここ最近の『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』よりは、『ゲド戦記』の方が、私は好きです。この2作品もまた、話のテーマがぼやけて、自分にはよくわからない。少女の成長と、後者は戦いと恋愛がメイン??…個人的趣向もあると思いますが、どちらも自分の趣向にはあんまり合わなかったです。


ただ、複線があるようでいまいち深められていない所が多い。
アレンが大事に抱えていた、魔法で鍛えられたという剣。最後は抜けたけれど、その意味は?

そして、「名前」の持つ意味。
あまりうまく活かせていないのでは?かなりキーになる部分だと思いますけど、これもアニメを見た限りでは、最後までよくわからなかった。

そして、人買いが横行し、「信じられるものは“モノ”だけ」で、麻薬が蔓延した荒んだ世界、魔法使いが魔法を使えないという状況…こうした状況であるのも、クモの影響から??

竜に関しても。冒頭で登場して、最後テルーが竜になって…???
よくわからない。


映画の世界観においてけぼり…なんですよ。
全体的に、説明不足。うまく人物も動いていない。よくわからないから、どんな話か人に説明するとき、困るんです。

ただ単に、自分の理解力が足らないだけかもしれませんけどね。
しかも今回は、本を読みながら見ていたから、余計理解できていないのかも;;


それとね、声優の演技。
声優…というか、普段声優なんてやらない役者の人がやるもんだから、どうにも演技が微妙で、安心してみていられません。キャラクターの声を聞くたび、違和感と不自然さを感じてしまって、それがどうにも気になって、作品に集中できない…のですよ。
最近の宮崎アニメはどれもそう。演技がいまいち過ぎて、なんだかな…
今回良かったのは、菅原文太さんのゲドと、クモかなー。

そして、この作品、音楽に助けられている部分も多いのでは。多くを語らない人物ばかりで、場面場面に壮大な美しいバックミュージックが流れているので、それでドラマチックに感じる…というような。


結局、悪口を並べてしまった感じですが、でも私は、最近のジブリ作品の中では好きな方です。
千と千尋の方が、私にはよほど難しい…;
映像も当然綺麗で、見ている分にも楽しめましたしね。


実はフリーペーパー収集が好きで、『ゲドを読む』というフリーペーパーも持っていたので、開いてみました。
原作本、かなり良さそうですね。これは読んでみよう。
ファンタジーというのは殆ど読まず、「源義経」とか、「高杉晋作」とか、そういう伝記やら子供用古典全集が好きな子供だったので、ハリーポッター程度しか読んでいなくて…どうにも馴染みが薄い分野でしたが、ラルク効果で『精霊の守り人』を手にとって以来、ちょっと心惹かれるようになって。
ファンタジーもいいなあ、と思いましたね。


憧れの地

NHKの番組、「敦煌莫高窟 美の全貌」


TVをつけたら偶然やっていたので、思わず見入ってしまった。

敦煌…

この名前だけでも、かなり憧れがありまして。
実は全くと言っていいほど知識は無いのですが…
どういう意図で作られたのか、その経緯は?歴史は?どうして今まで残されたのか…
肝心なところは何にもわかっちゃいません。

仏像が好きなくらいなので、仏教美術にはとても興味があって、この敦煌の莫高窟に一度は行ってみたいと常々思っています。…って、相当難しいですよねえ。

青、緑、茶、赤みがかった白。独特の色彩で描かれた、飛天や如来達。
あれはどういう顔料が使われているんだろう。元々あの色なのかしら?それとも、変色したのかな?
どうして、あれらの色が使われたのか…気になる。
非常に細密に描き込まれた壁画、凄い。

描かれた如来や、仏像の出で立ち、面差も、見慣れた日本のものとは微妙に違うのもまた興味深い。
口元にたたえられた微笑、大きく弧を描く瞳。目が合うようでいて、それは、前に立つものの内側を深く見通しているのかも知れない。深遠な眼差し。
美しい。

赤茶に彩色された、目を見開いた天の像。表情が面白い。
仏像では、特に天部の像が個性的で好きなので、目が行きます。
頭部が崩れ落ちた像からは、それに用いられた素材を意識させられた。
粘土か何かなのかな?中身が詰まった、塑像のような作りなのかもしれない。作り方も気になる。

壁画もそうですが、その前に配置された仏像群。これはまさに圧巻ですね。
壁画もいいけれど、やっぱり立体に形になっているものに目が行きますから…色々と角度を付けて見たり、影の様子で違う表情が見えたり、そんな楽しみもあり。
これが各石窟ごとにあるんだろうから、もの凄い迫力なんだろう。
また一つ一つの作りの精巧さといったら…

敦煌についても要勉強だな。
私は歴史や文学しか学んでいませんが、本当は美術史もやりたかったのです…
やりたいことが結構ありましてね。逆に気が多くて、一つに絞れなかったから、大学院に行こうか考えた段階で、悩んでしまったんですけど;;;

うちはいっちょまえに40インチを超えるでかいTVがあるので、TV越しでも、その迫力に飲まれそう。ハイビジョン素晴らしい。しかし、メシ時にはあんまり見たくないね。箸が進まないったら(笑)

信仰心が特別あるほうではないですが、なぜか宗教…殊に仏教に興味があります。
お寺や、仏像が好きなせいもあると思いますが。
こういう物を見るのが好きで、よく本を借りてきては眺めています。で、京都奈良に行きたい病が出ると。でも、近所のお寺めぐりだって面白いんですよ。石像、石仏、こういうのが味があって面白い。


なんだかいてもたってもいられない(笑)
やっぱり、私はこういうものが好き。古くからたくさんの人に大切にされて、伝えられてきたもの。
たくさんの歴史と、人々の思いの篭ったもの。
私の頭では、新説を出せるような研究は出来ないけれど、こういう物達を守り、これから先へ伝えていけるような…その一翼を担えるような仕事がしたい。
それは、身近な地域の文化財であってもね。


また、映像で写った寺院の様子ったら、凄いですね。砂漠の中に、突如として緑が現れ、大きな塔が建ち、立派な伽藍に池があるんですからね。一体どうなってるんだろう。
中の僧侶達の生活も如何。

何故か欧米よりも、中国の方面に惹かれるんですよね…
ほら、日本の文化と言っているようなものは、こちらのほうが起源だったり、また日本の古典文学に引かれる故事も、中国の話…なんて場合が多いじゃないですか。
第二外国語でも、中国語を取ったし(笑)なんとなく以前から惹かれております。



今夜は、またまた地元の古い友人仲間と集まってきました。
今度皆でディズニーに行こう!…と、年相応(でもないが)の計画の話し合いだったのですが。
自分、ディズニーランドなんて4年ぶりだなあ…
私の「浴衣が着たい」発言から、地元の花火大会に行く企画も出ました。地元ってこういう時いいね。
大学入ってからずっと、地元の子に「一緒に花火行こう」と声を掛けてもらっていたのですが、結局8月の頭は試験やサークルなどで帰れたためしが無かったですからね。




プロフィール

雲隠

Author:雲隠
本、音楽、漫画、アニメ、ゲーム、歴史が好きな社会人。

L'Arcから始まりまして、ヴィジュアルな音楽に興味があります。

黒くて綺麗なのが好きです。

hyde贔屓ですが、yukihiroも気になる…

最近はemmureeが熱い。

よろしくお願いします。


◆ブクログ◆


ひとこと









カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事/コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

ただ今…

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

くにとり

カテゴリー

Copyright © 雲隠